読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

R25のモバイルサイト終了が残念

WEBサービス ガラケー

「R25」の携帯サイトがクローズする、というニュースは衝撃だった。
「R25式モバイル」終了 月間1億3000万PVも「広告主はモバイルよりPC


個人的にはメルマガでニュースや「今日の彼女」をチェックしていたので、朝イチのお楽しみがなくなって残念ではある。
しかしそれ以上に、「携帯では月間1億3000万PVあっても広告モデルでは立ち行かない!!」的なニュース・タイトルが、何とも衝撃的。脊髄反射的に、「じゃあ一体どんなサイトなら広告モデルでやっていけるんだ?」という疑問が頭に浮かぶ。「あれ、もしかして、広告モデルってどこも儲かってないの?」という。
もちろん、そんなことはないハズだが。


「R25式モバイル」がクローズする理由は「ナショナル・クライアントがとれないから」とある。ナショナル・クライアントのニーズがモバイルになかったそうで、言われてみれば確かに携帯広告ってアダルト・コミックの広告ばかり出てくる。
とはいえ、「別にナショナル・クライアントがとれなくても、小さい広告でやってけばいいじゃん?っていうか、他の広告モデルのポータルとかはそうやってるワケでしょ?何もサイトをクローズしなくても。」と思ったんだが、そういうことでもないらしい。
↓の記事によると、R25は「そもそもリクルートがナショナル・クライアントをとりにいったメディア」だった、ということで。


解体!R25――ビジネスの裏側、教えます。社内では意外に評価されていない!?

そもそも『R25』は主に中小企業を相手にした既存のリクルート媒体とは違い、ナショナルクライアントと呼ばれる大企業の広告を獲得する目的で立ち上げられた。


まぁ、そういうことであるなら、ナショナルクライアント不在で撤退、というのはわかる。
それでも「儲かってるんなら続ければ」と思うんだが、端的にいうと赤字だったそうで、そこら辺も同記事に書いてあった。

雑誌自体の損益はトントン。ウェブやモバイルへの投資も含めると持ち出し。(中略)リクルートの利益率の高さは広告代理店を介さない直販モデルにあるが、(電通を介してナショナルクライアントを狙ったR25方式では)その高収益モデルを維持できなかった。


また、上記のようなスキームの問題ではなく、そもそもR25式モバイルがコスト高体質だったのが問題だったのでは、というのも、アチコチで指定されいてる。確かにR25式モバイルってすごいてんこもりで、コストかかってそうだったよね。
ロイヤリティが高額な乗換案内とか地図とか入ってたし、占いとか辞書とかもあった。ここら辺は経費削減を狙ったリニューアルでいつの間にかなくなっちゃったらしいけど。あと、検索エンジンもやってて、ドコモiメニューの検索結果からリンクされる、勝手検索エンジンの1つにもなっている。検索エンジンもロイヤリティ高そうだよなー。


で、今回のクローズの理由というのは、本当にコストの問題だったのかは分からん。
よく分からんが、惜しいサイトをなくしたなー、と。
個人的には、「今日の彼女」がよくできてたと思う。
R25の「今日の彼女」がスゴい
クローズの理由、当事者の人たちがいつかどっかで語ってくれるといいんだけど。


あと関連して、そういやモバゲーの広告売上はどうなん?と思って調べたんで、メモ。
モバゲー、広告売り上げの半分は成果報酬型。Greeはもうちょい成果報酬型の方が大きそう。
SNSとかだとコレができるから強いよなー。
逆にコレをやらないmixiがGreeに抜かれちゃうのも分かるような気が。

サイト 月間PV 純広告売上(年) 成果報酬型売上(年)
R25式モバイル 1.3億 ×
モバゲー 160億 46億 48億

*モバゲーのは5月時点の決算資料を参考にした