読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

本を売る/処分する。1冊ずつの明細やリストを得る方法。

大掃除

大掃除にて、本の処分について色々。


本を大量に売るので、一冊ずつの明細が欲しい。


「買取価格が分かると嬉しい」というのもあるけど、「何を売ったか」というのをリストとして持っておきたい、と。
ブックオフやネットオフに売っても明細はもらえない。
というか、普通もらえない。


そんな中でも、以前は「Livedoorリサイクル」で本を売ると、1冊ずつの買取価格付きの明細がもらえた。
しかし、この「Livedoorリサイクル」、2013/2にサービス終了してしまった。
(運営していた「買う市」がサービス終了した)
買う市 - Wikipedia



色々探してみたが、今のところ完璧に代替となるサービスはない模様。
(条件付きで代替となるサービスはある)


色々、選択肢について。

宅配買取で明細がもらえる古本屋?


実際に使ってないのでは定かではないけど。


佐伯書店


参考:高く、スムーズに本を買い取ってくれる、佐伯書店を利用してみました。


ただし下記のいずれかでないと、本を送る送料が必要
・「高価買取商品」が20点以上
・HPのフォームから事前査定して、2000円以上(ISBNを送る形)

発送頂く商品が高価買取商品20点以上(査定無しの直接買取依頼)もしくは査定金額2,000円以上か必ずご確認下さい。
それ以外の場合は送料お客様負担となりますので、元払いで発送頂くかもしくは買取金額より清算させて頂きます。


ちなみに検索して調べた結果、大手古本屋系は、総じてダメだった。


リスト作成は自分で、売るのは宅配買取で

売る時に明細がもらえないなら、リスト作成は自分で、という話。


1冊ずつの買取価格が分かるわけではないので、単純に
「以前自分が何を買って読んだか」
のリストになる。
常にAmazonや楽天で本を買ってれば購入履歴が残るから良いけど、街の古本屋で買った本は記録が残らないから。。。


そういう用途では、無料のスマホアプリでエクセルのリストまで簡単に到達できる。
スマホのカメラから本のバーコードを読み取って登録していくんだけど、かなりスピーディーにできるので、アリかと。


詳細は↓。
バーコードから蔵書管理&本のリストをエクセル(csv)にできる超絶便利な「ブクログ」(iPhoneアプリ) - やじり鳥



むしろ金を払って、スキャン代行でpdfにする


まぁ、古本で買った本とか特に、買取価格0円とかザラなんで。。。
むしろ、pdfにして電子書籍化し、またいつでも読めるようにする。
将来的に電子書籍として買い直す可能性があるなら、これもアリかもしれない。


スキャン代行サービスは、本を送ると専用のスキャナ(場合によってはScanSnap)でスキャンし、pdfファイルとして納品してくれる。
たいてい、スマホで読めるようにファイルサイズを縮小するのは無料。


相場としては1冊100円から。
もちろん、本を送る際には送料も必要。


参考:
雑誌をiPhoneで読む、自炊じゃない楽な方法 - やじり鳥



オススメの業者は、以下2つ。

ファーストスキャン
・納期(pdf化の完了)は早め


BOOKSCAN
・納期は(pdf化の完了)遅め


注意したいのは、
・pdfファイル名を書籍名にするには、オプション料金が必要
(オプションがないとファイル名は日付などになる)
・1冊のページ数が一定を超えると、2冊分の料金が必要
・OCR処理(テキスト埋め込み)は、高いのでしない方がよい(後で自分でやるとか)


以下、文庫サイズの場合。

サービス 1冊料金 2冊扱い ファイル名指定
ファーストスキャン 90円 400P以上 20円
BOOKSCAN 100円 350P以上 50円


値段・納期や手間の面から、「ファーストスキャン」の方がオススメかな。
「BOOKSCAN」は色々対応の度合いが広い印象。


なお、両方とも注文履歴はWEB上で確認可能。
以下は、「BOOKSCAN」のWEB画面。


f:id:tonogata:20131209084326p:plain