読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

「Googleアナリティクス」の「not provided」対策

Google

「Googleアナリティクス」で、
Google検索からの検索キーワードが「not provided」になる件。
と、その対応策。
※「not provided」を完全になくす対策は存在しないけど、ちょっと見た目をマシにする対応策


「https」のGoogleから検索されると、

SSL通信なんで、個人情報は厳しくやってるぴょん!
検索キーワードも渡さないよー!

ということで、「not provided」になる。


「not provided」の意味は言わずもがな、「検索キーワードがもらえなかった」。
「not set」や「null」はイレギュラーな遷移の仕方などで「検索キーワードがとれなかった」。


ただ、今どきのブラウザは、検索バーで検索すると、
基本はSSLのhttps://googleになる。
結果、ほとんど「not provided」になっちゃうんだなー。


な、な、何とかしないと。。。


お世話になったのは、こちらのページ。
How to steal some 'not provided' data back from Google | Econsultancy


対策の内容は、

  • 「not provided」は不可避。しょうがない。
  • とはいえ、もうちょい、なんとかしたい
  • 「not provided」の代わりにランディングページのページタイトルを表示しよう

というもの。


まぁ、「ランディングページ」が分かれば、
あーあのキーワードで来たのかなー
と予想がつくでしょう、と。


↑のページでは「ページタイトル」のことは示唆だけしてあって、
実際には「ページURL」を使ってます。
なんで、↓は「ページタイトル」にする場合のサンプル。


ちなみに、「検索キーワード」に混じって「ページタイトル」が表示されるようになるので、見た目がカオスになるので注意。
割りと見難くなる。
とはいえ、フィルタを外せば元に戻せるんで、試してみるのもいいかと。



まずは「オーガニック検索」での、「not provided」の数をメモっておくとよいです。


f:id:tonogata:20131220171329p:plain

  1. 集客
  2. キーワード
  3. オーガニック検索


f:id:tonogata:20131220171434p:plain




「not provided」対策の「フィルタ」を作ります。

  1. アナリティクス設定
  2. フィルタ
  3. 新規フィルタ


f:id:tonogata:20131220171541p:plain


新規にフィルタを作成。


f:id:tonogata:20131220171627p:plain

A キャンペーンのキーワード (.not provided.)
B ページタイトル (.*)
- キャンペーンのキーワード NotProvided - $B1


「$B1」はB行の変数(=ペータイトル)を示してます。
これをキーワードとして採用する。


これで、「NotProvided - ページタイトル」で表示されるようになる。
「NotProvided」とかの文字列は、もちろん適当に変更可能。


なお、フィルタを設定してから反映されるまでは、しばらく時間がかかる。
(過去分にも適用される)。
数時間はかかってる感じ。