読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Thanderbirdでメールの件名と本文が合わない場合(要約ファイルが壊れたら)

プログラミング

Thanderbirdの画面で、メールのタイトルをみてクリックしたら、違うメールの本文が表示される、という現象がたまに起きる。
これは、メールを素早く閲覧するための要約ファイルが壊れている、という状況の模様。
メール自体は壊れていないのでひと安心なんだが、目的のメールがどうやっても出てこないので焦ってしまう。


この対応としては、要約ファイルを削除する。
要約ファイルは削除すると自動で作り直されるだけなので、削除自体は問題ない。
メールが削除されるわけではない。


要約ファイルはThanderbirdのメニューで
[ツール]→[アカウント設定]→[ローカルフォルダ]→[メッセージの保存先]
に設定してあるフォルダに保存されている。
msfファイルが要約ファイルで、それ以外はメールそのものなので、msfだけ削除する。


ただ、要約ファイルはメールを振り分けるフォルダごとに作られるので、全ての要約ファイルを削除するのは、非常に面倒。
フォルダの中にまた複数のフォルダを作っていたりすると、ポチポチと削除し続ける作業が長い。。。
ということで、自動でmsfファイルを削除する、windows用のバッチファイルを作った。

  1. 以下をコピーして、テキストエディタに貼り付け、「msf.bat」というファイル名で保存する
  2. Thanderbirdで[ツール]→[アカウント設定]→[ローカルフォルダ]→[メッセージの保存先]に設定してあるフォルダを開き、そこにmsf.batを置く
  3. msf.batをダブルクリックで起動する
  4. 削除前に設置フォルダ等の確認Y/Nを一応きくので、ポチポチ答えていく
  5. 実行後、再起動等は必要ない。Thanderbirdでフォルダを最初に開いたタイミングでmsfが作られる(フォルダを開くたびに数秒かかる場合あり)

msf.bat

@echo off

echo Thunderbirdのmsfファイルを削除するバッチです。
echo 意図せず起動した場合は、ウィンドウを閉じて終了してください
echo ...
pause

echo --------------------------------------------------
echo このバッチファイルはThunderbirdの
echo [ツール]→[アカウント設定]→[ローカルフォルダ]→[メッセージの保存先]
echo に記載されたディレクトリに設置してから実行する必要があります
echo ...
pause

echo --------------------------------------------------
echo [ツール]→[アカウント設定]→[ローカルフォルダ]→[メッセージの保存先]
echo に記載されたディレクトリは以下でよろしいですか?
echo 違う場合はこのウィンドウを閉じて終了してください。
chdir
echo ...
pause

echo --------------------------------------------------
echo 削除するファイルの一覧を表示します
echo ...
pause

echo --------------------------------------------------
dir *.msf /s/b
echo ...
pause


echo 上記ファイル全ての削除を実行しますか?(Y/N)
set /p choice=
set choice=%choice:y=Y%
if "%choice%" == "Y" (echo 削除を実行します) else (goto END)
echo ...
pause

del /s *.msf


echo --------------------------------------------------
echo 削除が完了しました
echo ...
pause
goto END


:END 
exit