読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

靴向けゴアテックスの種類と、最新の「SURROUND FOOTWEAR」をチェック

ファッション 旅行用アイテム ゴアテックス

ここ1〜2年で、REGALのゴアテックス採用モデルなど、アウトドア以外でのゴアテックスシューズが一気に身近になった。
ビジネスシューズも、ゴアテックスが売れまくってるらしい。
ビジネスシューズ市場は高機能商品の好調で活性の兆し


セールの靴売り場とか見ると、ゴアテックス採用のシューズも結構でているので、一度チェックしてみようかと。
個人的には、国内/海外旅行用のシューズで、ゴアテックスのが欲しいなぁ、と。


また、今年の2014/3(発売済み)には、
GORE-TEX® SURROUND™ FOOTWEAR
という新しいのも出てくる。
コレがまた「期待大」なんで、そこら辺も。


※追記
実際に購入したレポはこちら。
新ゴアテックス「サラウンド・フットウェア」搭載の「REGAL」靴を購入。水道水で防水性能をチェック。 - やじり鳥


※追記(2015/01/01)
リーガルのセールは1/1から開始(すでに開始)。
ゴアテックス・サラウンドが、セール対象になるのは今回が初めてです。
ネットの場合は↓の詳細検索から「サラウンド」でキーワード検索。
ただし、購入はサイズ合わせのためリアル店舗を推奨。
http://www.shoes-street.jp/shop/goods/search.aspx



ゴアテックスの基本

ゴアテックスは、超微細な穴があいた「メンブレン」という生地膜がベースになっている。

f:id:tonogata:20140104055123p:plain

穴の数は、1平方センチメートルに14億個。
微細過ぎて、空気や水蒸気は通すが、水は通さない。
このため、防水性を保ちながらも、蒸れない、という特徴を持っている、と。


この「メンブレン」にナイロンなどの表生地・裏生地で挟み込んで、更に「耐久的な撥水性」が付加される。
ただし、表のナイロン生地の表面が汚れや水で塞がれると、水蒸気が逃げなくなって蒸れる。



靴/シューズに使われるゴアテックスの種類

環境(季節)に合わせて、3種類ある。

Extended 涼しくドライで快適 暖かい気象条件下で作業やレジャー
Performance ドライで快適 アウトドア
Insulated 暖かくドライで快適 冬場のアウトドア活動や寒冷な環境

以下、それぞれについてと、採用事例について。



GORE-TEX® Extended Comfort Footwear

f:id:tonogata:20140104053006p:plain

暖かい気象条件下での使用に最適です。
激しい運動や日常使用に適しています。
このテクノロジーは、インドアとアウトドアを頻繁に行き来したり、立ち止まったり歩いたり、作業やレジャーを行うなど、変化する幅広い環境に最適です。

adidasはミッドカットもモデルも含め、全てこれ。
ノースフェイスのヘッジホッグみたいなトレッキングシューズも、Extendedすね。
動きが激しいシューズとかはExtended採用が多い。
ちなみにノースフェイスの場合は、ミッドカットは「Perfomance」を使ってます。


adidasのExtendedライン、「AX 1 GTX」については、こちら。
adidasの町履き可能なゴアテックスのシューズ - やじり鳥



GORE-TEX® Performance Comfort Footwear

f:id:tonogata:20140104053413p:plain

様々なアウトドア活動や環境で幅広く使用できます。

REGAL(リーガル)のビジネスシューズに使われているのは、基本これ。
(ただしブーツ系はInsulatedを使用もあり)
アシックスのウォーキングシューズやマドラスウォークも、こっちすね。



GORE-TEX® Insulated Comfort Footwear

f:id:tonogata:20140104053632p:plain

冬場のアウトドア活動や寒冷な環境においても足をドライで快適な状態に保つため、多様な種類のインシュレーションが採用されています。

まぁ、平たく言うとハードな環境でのブーツ用。
もしくは長靴的な防水性を実現したいブーツ向け。


ノースフェイスの4シーズン向け山用ブーツ「ヴェルト S6K グレイシア」とか。
数は少ない。
同じ「ヴェルト」でも、3シーズン(冬なし)用の「ヴェルト S4K」だと、「Performance」を採用。


・「ヴェルト S6K グレイシア」
4シーズン対応の軽量マウンティニアリングブーツです。
→ Insulated



・「ヴェルト S4K」
3シーズンの山を広範囲で楽しめるマウンテンブーツです。
→ Performance



最新技術「SURROUND FOOTWEAR」は今春

新しいのも、この春に出てきます。
GORE-TEX® SURROUND™ FOOTWEAR。


これはヨーロッパで流行ったやつが、日本上陸。
まだ日本語版ページがないので、UK版にて。
http://www.gore-tex.co.uk/resources/goretex/static/en_GB/surround/


※追記(2015/01/01)
現在は日本語ページもあるので、そちらを参照ください。
GORE-TEX® SURROUND® フットウェア | フットウェアテクノロジー | GORE-TEX® プロダクト


ドイツ語版。
GORE-TEX® SURROUND™ FOOTWEAR


f:id:tonogata:20140103220238p:plain


靴底がメッシュになって通気性がアップしつつ、防水しまっせ、
360°全方向でやりまっせ、
という。



紹介動画。

GORE-TEX® Footwear with SURROUND™ Product ...




アカン。
これアカンやつや。
お金ないのに買ってしまうパターンや。。。



日本での展開、手始めはREGALすね。
ニュースリリースがゴア社の方から出てました。
2014年3月ついに日本上陸!GORE-TEX® SURROUND™ FOOTWEAR(ゴアテックス® サラウンド™ フットウェア)|日本ゴア株式会社のプレスリリース

「GORE-TEX® SURROUND™ フットウェア」は、ソール(靴底)にいくつものホール(穴)が開いているのが特徴です。
これにより、アッパー部分だけでなくソールからも汗による水蒸気を逃がします。高温多湿な環境の中でもムレを逃がし、常に足をドライで快適な状態に保ちます。


これは欲しい。。。


そして、これadidasのクライマクールにもピッタリじゃないすか。
この夏にでも、出してくんないかな。。。
クライマクールの「SURROUND FOOTWEAR」版。




その他、ゴアテックスの話。
ゴアテックス カテゴリーの記事一覧 - やじり鳥