読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ホテル予約「agoda(アゴダ)」のポイント制度と、上級ステータス「エリート75」について考える

海外旅行 ホテル agoda

ホテル予約の「agoda」をよく使っている。
何度かポイント利用での宿泊もしている。


ただ、会員ステータスについてはノーチェックだったので調べてみた。


f:id:tonogata:20140226074352p:plain



アゴダリワードポイントの基本

  • 宿泊料金の4%~7%ポイント還元
    • チェックアウトから30日後に付与
  • ホテルレビューで500ポイント
    • こちらも30日後に付与(忘れた)
  • ポイントの利用期限は約2年間
    • 正確には「翌年の12/31が期限」


公式FAQで詳細確認。
よくある質問 FAQ



加算タイミングについて。

リワードポイントが口座に加算されるのに、どのくらいの時間かかりますか?
ホテルチェックアウト日から30日後に、リワードポイント口座に加算されます。


有効期限について。

獲得したリワードポイントの有効期限はどのくらいですか?
リワードポイントの有効期限は、およそ2年間になります。
考え方は、今年獲得したポイントは、『獲得月に関係なく』翌年12月31日が有効期限となります。


以下、上級ステータス(っていうほどのものでもないが)。



上位ステータス「エリート75メンバー」

  • 会員種別は2つだけ
    • プレミアムメンバー(一般会員)
    • エリート75メンバー(上級会員)
    • 入会した時点で「プレミアムメンバー」
  • 年間75,000ポイントで「エリート75メンバー」
    • 年間=1/1〜12/31
  • ステータス期間は約2年間
    • 正確には翌年の12/31まで
    • それまでに75,000/年あれば継続


公式FAQで詳細確認。
よくある質問 FAQ




会員ステータスとポイント加算率について。

アゴダは、「プレミアメンバー」と「エリート75メンバー」という2つのメンバーレベルを提供しています。
全ての新規会員は自動的にプレミアメンバーのステータスが付与され、1ドルのお支払いにつき20ポイントを獲得することができます。
同一年内1月1日~12月31日までの間に、最低75,000ポイントを獲得し、アカウントに貯めておくと、エリート75メンバーに昇格することができます。


ステータス維持について。

エリート75メンバーになると、1ドルにつき31.25ポイントを獲得(プレミアメンバーは1ドルにつき20ポイント)できるほか、より少ない条件でポイントを使用することができるようになります。
また、現在を2020年だと仮定した場合、2020年にエリート75メンバーに昇格すると、このメンバー権を翌年末まで保持することができます。2021年に75,000ポイントを獲得できなかった場合は、2022年が始まると同時にプレミアメンバーへと戻ります。


ちょっと考える。



考え方


adodaでは、宿泊に対して4-7%相当のポイント還元が得られる。


「4-7%」→メンバーステータスによって、ポイント加算率が異なる。
最終的にポイントはホテル代として使えるが、その還元率が4%から7%あたり、ということになる。

ステータス pt加算率 還元率
プレミアメンバー 20pt/1ドル 4%
エリート75メンバー 31.25pt/1ドル 6.25%


最小で換金可能な125,00ポイント。
これに到達するためには、約2年間で以下の宿泊利用額が必要。
※ステータスで加算率が違うので、エリートの方が楽に最小換金ポイントである12,500ptまで到達できる。

ステータス 必要費用
プレミアムメンバー 625ドル
エリートメンバー 400ドル


ただし、実際には宿泊後にホテルのレビューを書くだけで500pt(25ドル利用分相当)得られるので、もうちょい少なく宿泊額で到達するかと。

レビュー 500pt


換金率についてはメンバーステータスの区別はない。
一律で12.500pt=25ドル分。

ポイント 換金額
12,500pt 25ドル


ただし、「エリート75メンバー」ではポイントを換金する単位が細かくなる。
ポイントの期限切れの前に使うには、便利かも。


12,500pt以上の交換単位は、以下を参照。
アゴダ®リワードについて




考え方としては、プレミアムメンバー(一般会員)の場合、、、
agodaで2年間の間に、4万円か5万円を利用すれば、25ドルの換金(4%還元)に到達できる。


エリートに到達するには、、、
agodaで2年間の間に、約30万円の宿泊とレビューでエリートに到達できる。



まとめ


agodaのリワード制度は、以下の点でちょっと楽かと思った。

  • ポイント消費期限が約2年と長め
  • エリートステータス継続が約2年と長め
  • どちらも12/31期限で、考えやすい


また、エリート75になると、還元率は常に7%(*1)。
獲得費用が数万と安い割には、大きいな、と。
(厳密には6.25%だがレビュー500ptも含め考えると、7%くらいかな、と)
ただ個人的にはagodaで年間30万の予約はしないと思うので、無理ぽ。


Expediaはクレカ系のクーポンとか、常時宿代8〜10%オフのクーポンを配ってたりするので、そっちの方が安い。
特にアメックスなんかだと回数制限もなく、安定して使える。
アメックス=8%
JCB=8%
その他、ググるといろいろ出てくる。
以下、参考まで。
「Yahooプレミアム」が半年無料。旅行系「プレミアムトラベル」の特典をチェック(Expediaクーポン) - やじり鳥


一方、agodaはバンコク本社らしく、アジア系に強い。


Expediaにない宿でも、agodaにあったりする。


また、Expediaで満室でも、agodaに空きがあったりする。
Expediaが最低価格保証とかいっても、Expediaで「取り扱えない期間です」とかなってて、agodaや他社で普通に空きがあったりするので、「Expediaが常に安いか」というと、そうでもない。
特に安い宿は。


そういう意味で、宿単体なら、agodaは使いやすい。
そして安さだけ求めるなら、安いのは確か。


UIとかの使い勝手では、個人的にはこっちが好み。



以下、参考。
「Expedia」(エクスペディア)のポイント制度「Expedia Rewards」についてチェック - やじり鳥
ホテル カテゴリーの記事一覧 - やじり鳥



追記:agodaでデルタ航空マイルが1ドル2マイル貯まる


↓で初めて知ったんだけど、デルタ航空の公式HP経由だと、マイルが1ドル2マイル貯まるらしい。
agodaで予約するならスカイマイルを貯めよう! | kankeri02の海外ノマド生活


うーん。
知らんかった。
やっときゃ良かったな。



追記:ジェットスター航空「Club Jetstar」


ジェットスター航空の有料会員制度「Club Jetstar」の場合、agodaが常に5%オフ。


Club Jetstar Japan | ジェットスター