読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

「ソフトバンク」が「Tポイント」へ。利用方法によっては54%ダウンの改悪だが、利便性は大幅アップ!

Softbank

ソフトバンクのポイントが「Tポイント」になったスね。
ソフトバンクモバイルとTポイント・ジャパン、ポイントサービスで業務提携 | ソフトバンク株式会社 | グループ企業 | 企業・IR | ソフトバンクグループ


f:id:tonogata:20140406111056p:plain


おおっ、という感じです。


ちなみに、

「夏まで待てない人へ」

と題して、なんと4/1からTポイントへの先行切り替えが可能です。
http://tsite.jp/r/cpn/sbm/pc/index.html



乗るしかない。このビッグウェーブに。


なお、「ソフトバンク・ポイント」から「Tポイント」への変化点の概要は以下。

ポイント ポイント付与 還元率 利用期限
ソフトバンクポイント 10ポイント/1000円 1% 3年間
Tポイント 5ポイント/1000円 0.5%


以下、具体的にチェック・イット・なう。



ポイント利用の幅が増えた!


「ソフトバンクポイント」で貯まったポイントは、機種変更などにしか使えなかった。


「Tポイント」となると、これはもう利用用途が無限です。
いろいろ使えちゃうね、と。


近場でいうと、ファミリーマートで使える。
コンビニの少額決済でサクっと使えるのは、便利そうだなー、と。



ポイントの有効期限は無限に!


「ソフトバンクポイント」の有効期限は、加算から3年間だった。


「Tポイント」の場合、ポイントに変動があった日から「1年間」のため、ほぼ期限がないと思って良い。

  • 最後のポイント加算から1年
  • 最後のポイント利用から1年


そういう意味では、まったり時間をかけて貯めたい場合は期限を気にしなくてよいので嬉しいですね。



ポイントの付与率はアレだ、あれ。

付与率に関しては、残念。
ちょっぴり下がっちゃいました。


「ソフトバンクポイント」の時には、1000円につき10ポイント。
=10円。
=1%


「Tポイント」では、1000円につき5ポイント。
=5円
=0.5%


まぁ、ポイントの利用用途が増えた代わりに、還元率が50%になっちゃったと。


あと、「ソフトバンクポイント」をショップで使う場合、ポイントは税抜き価格に対して適用されていた。
つまり、1ポイント=1.08円の価値を持っていたっす。


http://www.softbank.jp/mobile/point/information/

毎月のご利用金額に応じて1,000円(税抜)につき10ポイントが貯まります※。
1ポイント(税込1.05円)(注:現在は1.08円)単位で各種割引にご利用いただけるほか、弊社指定の方法でご利用いただけます。


Tポイントの場合、ポイント利用がどうなるかは店舗によって違う。


例えばファミリーマートの場合、税込み価格に適用されるみたいっすね。
つまり、1ポイント=1円。


ポイント制での消費税の取り扱いについて:mtaneda ブログ:オルタナティブ・ブログ

しかし、ふとT-POINTを使ってコンビニエンスストアで買い物したときは、総額から値引きされただけだったかもしれない・・・
と思い出しました。

※続きはリンク先で


この場合、ポイント還元率の変更は以下。
1.08% → 0.5%


54%ダウンしちゃったっス。


まぁ、Tポイントの利便性を考えると、「しょうがないかな」っと。


ただし、引き続きソフトバンクのショップで利用する場合。
機種変更とかですね。
これは、税抜きに対してのポイント利用である可能性が高いと思いまっす。
予想ですけど。



「付与率ダウン」と「利便性アップ」をどう考えるか


元々この「ポイント対象」は携帯利用料金の基本部分にしかかからない。
コンテンツ利用料とか、割賦払い部分も対象外。


なので、5000円とかかな?
あんまソフトバンクの料金体系知らないけど。
=ポイント10%で、50円/月とか。


つまり、結構小額。
ここの還元率が下がったといっても、大してダメージはないような気がする。


代わりに利便性がアップしたなら、まぁ「それはそれでいいじゃない」。
みたいな。
そういう考え方はあるかと思うっす。



MNP時には便利!


今まで、キャリアのポイントは逃げ道がなくて、MNP時に消費が大変だった、というのがあります。
ドコモ解約の前に「ドコモ・ポイント」を使い切る方法 - やじり鳥



これを考えると、ポイントの利便性は大幅にアップしたっすね。


ソフトバンク的に言うと、他社も同じような施策を打たざる得なくなった場合、市場の流動性が高まった際に一番得するのはソフトバンクだ、という話はあるかもしれません。
(どうなんだろうな。)


ただ、Tポイントは導入にあたって、CCCに対してそれなりに費用が発生するような気がするんだけど、そこはどうなってるのかな?
Tポイントのシステム利用料とか発生すると思うので。
CCCは特別価格でやってるんでしょうかね。
まぁ、単純にそれらのコストを、今回のポイント還元率ダウンで充当しているのかもしれないけど。
そこら辺は今後出てくる?ソフトバンクの財務資料で明らかになるかもね。



まとめ


ボキはソフトバンク利用者じゃないので、分かりましぇん。
ごめんなさい。


ほんでは!



と思ったけど、もう一件。


本件とは関係ないですが、Tポイントは消費税変更の絡みで、付与ルールが一部変更になってます。
https://tsite.jp/cp/index.pl?xpg=PCIC0102&cp_id=7236


例えばTSUTAYAで利用の場合、ちょっと付与率が下がっているというか。。。

税込200円につき1ポイント

税抜200円につき1ポイント


でも、これ。


システムを増税のたびにいじってたらアレなので、しょーがないと思うんすよね。
システム運用の面では妥当、というか。


消費者的には残念だけど。


個人的にはTポイントをあんま使ってないので、まぁ、別に。。。


ほんでは!