読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

LCC「Valuair」(バリューエア/ジェットスター)のEチケット(pdf)が印刷できない&表示が崩れる。なぜか。

LCC 海外旅行

LCCの「Valuair」すね。


f:id:tonogata:20140502182432p:plain


元々はシンガポール系のLCCで、今はジェットスターに合併され、主にインドネシア発着便を提供している模様。


例えば、シンガポールからバリ島(DPS)に行く時に使える。
ジェットスターのWEBサイトから予約できるし、チェックインカウンター含め、基本的にはジェットスターで処理される。


Valuair便の方が、ジェットスター便より安いこともあるし、高いこともある。
まぁ値段は、混雑度合いによるかと。


↓の場合、ジェットスター便(オレンジ)の方がセール適用されており、バリューエア便(青)より安い。


f:id:tonogata:20140502075122p:plain


で、今回SIN-DPSで、初めてValuairに乗ってみたんだけど。
そこんとこの話。




まず、ジェットスターのHPで予約すると、メールでEチケットが届く。
(HP上から、メールでEチケットを送る、のリンクをクリックしても届く)


届いたのはコチラ。


f:id:tonogata:20140502075725p:plain


本文なし。


1つのpdfと13個の画像ファイル。


試しにpdfを開いてみると、スカスカの不完全なEチケットが表示されるのみ。


残りの13の画像はどうなった?


バーコードの画像とか、必要そうなファイルがあるが。


f:id:tonogata:20140502080840p:plain


提示された、14の謎の添付ファイル。


飛行機1つに乗るのにも、こんな謎を解かなきゃならんのか?


これはバリューエアだから?


それともジェットスターは全体的にこんな感じなのか?


謎すぎる。


ハードな世界だ。


これはアレだ、ハードボイルドの世界だ。


ガチッとハードなファイルが添付された、融通の利かないボイルドなpdfの謎。


俺は泣いた。


泣きながら、pdfをチェケらっちょした。




まず、pdfのヘッダを見た感じ、XMPで構成されている。


xmpは古くからあるフォーマットで、adobeによって制定された。
File management, metadata integration | Adobe Extensible Metadata Platform (XMP)


wikiによると、ISO標準にもなっている。
Extensible Metadata Platform - Wikipedia, the free encyclopedia


XMPは、pdfにxmlのメタデータを埋め込み、外部の画像ファイルを読み込むことができる。
XMP™ (Extensible Metadata Platform)仕様についてのメモ


仕様書は、2004年のものが最新だが、どの程度使われてるんだろうか。
http://kb2.adobe.com/jp/cps/511/511300/attachments/511300_xmpspecification.pdf


いずれにしろ、残された13の画像ファイルは、pdfに読み込まれて表示されるべきものらしい。


しかし、有料版のAdobe Acrobatを使っても、正常に読み込まれない。


当然、メーラー上でも正常に表示されない。


ダウンロードした添付ファイルのファイル名やパスを弄ってみても、上手くいかない。


XMPについて、俺は考えるのをやめた。




次に、このpdfはprince ver9によって生成されたらしい。


これもpdfのメタデータに記載がある。
Prince - Convert HTML to PDF with CSS


princeはlinuxのコマンドライン版もあるので、それを使っているんだろうか?


prineceのドキュメントやFAQを読み込んでも、ヒントになりそうな話は見当たらない。


しかし、princeが作ろうと、どこぞのOSSが作ろうと、このpdfが上手く開けないことには変わらない。


だから、princeについても、俺は考えるのをやめた。




さて、現実的な対処方法。


まず、不完全な「TaxInvoice.pdf」には、少なくとも名前と予約番号が記載されている。


だから、実は別にこれだけ印刷して持って行けば問題ない。


どーせ必要なのは、予約番号だけだから。


厳密には印刷する必要さえ無い。


また、搭乗48時間前に、WEBチェックインを促すメールが来るので、それでチェックイン可能。


いずれにしろ、13の画像ファイルは、まぁ、要らないよね、と。


実際に乗ってみたが、予約番号の記載されたpdfだけでも問題なかった。


しかし、海外のチェックインカウンターを、ちょっとでもスムーズに通過したかったので、ちゃんと印刷したのを持って行きたかったんだよね。今回は。


思うんだけど。


あのメールで届くEチケットが開けないのは、自分の環境だけなのかね?


謎だが、とりあえず問題なかったので、ここに記しておく。


他に、14の謎の添付ファイルに頭を悩ます人がいるかもしれないので。


ほんでは。


そのほか、LCCの話。
LCC カテゴリーの記事一覧 - やじり鳥