「羽田空港」で一番好きな場所は「シャワールーム」。「水圧」がハンパなくて、乗り継ぎ時間もスカッと爽やか。


最近「羽田空港」で乗り継ぎ待機とかの機会がちょいちょいあって、色々使ってみたり。

そんな中で、「シャワールーム」。
ここが好きだなぁ、と。

「シャワールーム」の概要

ざっと概要。
リラクゼーション | 羽田空港国際線旅客ターミナル

場所 国際線 2階 到着ロビーの端っこ
室数 15室
利用時間 24時間OPEN
料金 1,030円/30分(ドリンク券付)
以降15分ごとに520円

※タオル、シャンプー、リンス、ボディーソープ、ドライヤーは室内にあり

有料すね。

※追記
SFC/JGCなら無料で使える。
ANA「SFC会員」なら羽田空港「TIATシャワールーム」が無料&同行者1名も無料で使える、だと? - やじり鳥


その「水圧」によって、ほとんど「娯楽施設」

さて、ラウンジでなく、シャワー特化の施設(by TIAT)、「シャワールーム」。

ここの好きな点は、「水圧の高さ」。

充分に「水圧」を高めた「シャワー室」は、「娯楽施設」と見分けが付かない

※「クラークの三法則」風


いやー、ほんとコレ。

シャワーの「水圧」。
これがハンパない。


「水圧」は、もちろん「調整可能」。

だが、一番初めに使った時。。。

調整弁を徐々に捻りあげていくと、「痛い」ほどの「水圧」。

怖くなって、最高水圧に達する前に、俺は勝負を降りた。

まぁ、慣れた今では、「最高圧」でエンジョイしてるけど。


長時間のフライトで凝り固まった肩に、、、
シャワーをあててスカッと爽快!

毛髪が不自由になってきた、頭皮にあててスカッ!


気分は、「空港でヘッドスパ」。


同じく毛髪が不自由な人たちは、乗り継ぎ時間に一度使ってみると良いかも。

フサフサのヤツのことは知らん。

TIATラウンジで、オレンジジュースでも飲んでれば良いかと存じあげます。


「シャワールーム」の様子

入り口。
「国際ターミナル」の端っこにある。

f:id:tonogata:20140324212410j:plain


ズラッと部屋が並ぶ。


f:id:tonogata:20140324212321j:plain


14部屋ある。


f:id:tonogata:20140517193244p:plain


内部の様子。
部屋は広くないです。
ドライヤーなどは、一通り完備。
コンセントもあるので、スマホなどの充電も可能。


f:id:tonogata:20140324204955j:plain


シャワールーム。


f:id:tonogata:20140324205014j:plain


シャンプーなどアメニティは資生堂。


f:id:tonogata:20140324210502j:plain




ドリンク無料券もつくよ

なお、「シャワールーム」を使うと、隣にあるカフェのドリンク無料券がもらえる。

なので、シャワーでスカッとしたあとは、そちらでくつろぐこともできる。

ちなみに、そのカフェの方もコンセントあるので、引き続きスマホなどの充電が可能です。


羽田空港「SKY LOUNGE ANNEX」の有料シャワーなら空いてるかも。 - やじり鳥



「ロイヤルパークホテル ザ 羽田」は部屋から滑走路の夜景、だけじゃない。チェックアウト後のシャワールーム&専用ラウンジが便利! - やじり鳥



|TOPページ|記事一覧|プライバシーポリシー|