読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

海外の離島で便利な「ウォーターシューズ」(マリンシューズ)。その選び方と必要なシーン。

海外旅行 ビーチリゾート 旅行用アイテム

海で使う「ウォーターシューズ」すね。
「マリンシューズ」、「シュノーケリング・シューズ」とも呼ばれるっす。




これ、海外の離島に行くなら

騙されたと思って、持っていって!

と言いたくなるカテゴリの便利アイテムです。


ただし。
沖縄やハワイ・グアムなど、整備された大型ビーチリゾートでは不要。
なので、一般的には必要ないかと思います。


ざっくり言うと、日本からのツアーが組まれるような大きな島なら、だいたい不要。
ビーチも整備されてるし、ホテルのプライベートビーチがしっかりしてるので。


ただ、そーゆー有名リゾートから、更に先の離島。
そーなってくると、「ウォーターシューズ」の必要性が出てくる。


そこら辺の話も。



「ウォーターシューズ」は必要か?


上述のように、沖縄・ハワイなど、観光地としてしっかりしてる島なら必要ないです。
石垣・宮古とかでも、いらないかな。


海外の、ちょい小さめの離島。
そーゆートコだと必要。
「ウォーターシューズ」があれば、楽しみ1.5倍くらいにはなる。


どーゆー時に使うのか?

  • 現地でのシュノーケリング・ツアー
  • 石やサンゴが多く、裸足だと痛いビーチ


以下、具体的に。


例えば、タイのサムイ島。


有名ドコロなので、ここを例に。


この島はデカくて、泳ぐビーチはある程度選べるので問題ない。
シューズは不要。


しかし、お楽しみの現地ツアー。
ここからのシュノーケリング・ツアーは、基本的に2方面のいずれかをチョイスすることになるっすね。

  • アントン国立公園行き
  • タオ島・ナンユアン島行き


タオ島 ナンユアン島 スノーケリング ツアー - B-PROJECT 行く価値あり? - トリップアドバイザー
アントン国立海洋公園 行く価値あり? - トリップアドバイザー



この2つ、いずれもウォーターシューズは、あると頼もしい。


なぜか?



石やサンゴが多めのビーチでも痛くない


ナンユアン島は見た目が超絶キレイ。
2つの島をビーチが繋いでいるんですねぇ。


f:id:tonogata:20131010110831j:plain


しかしこのビーチ。
半分くらいは、珊瑚が多め。


↓は別のビーチの写真だが、こんなイメージ。
f:id:tonogata:20140429114923j:plain


海中を歩くと、足の裏が痛いです。
切れて怪我したりして、一気にテンションさがります。
かといって、ずっと浮いてるのも大変なので、足を地面に付けたい。


そこでウォーターシューズ。


軽いので履いたまま泳げるし、ゴム底なので石があっても関係ナシ。
※ただ、ナンユアンは海の中はサンダルNGらしいです。昔はフィンだけNGだった気が。。。




現地ツアーによくある「ビューポイント」=やや登山


「アントン国立公園」も「ナンユアン島」も、ビューポイントがある。


View Point。
これって、大抵は小さな山を登って、上からの景色を楽しむんですね。


ただ、観光客の方は

シュノーケリング・ツアー

と聞いて来ているので、サンダル履き。


ちょっとした岩場や山を、サンダルで登るのは、キツい。
登るときの道も、日本の観光地みたいに整備されまくってるワケじゃない、っていうのもポイントです。


実は、ツアーへの参加を申し込むと

ビューポイント行くかは自由だが、行くなら靴があった方がよいよ

って言われるんだが、靴を持って行くのが面倒っていうがある。


あんま大きい荷物だと、動きにくいというか。


こーゆー現地ツアーは、タオルと水と小銭だけ持って参加しますからね。
小さいボートで移動するし、靴とか持ち歩きたくないのです。
※持って行っても、別に問題はない


そこでウォーターシューズ。
ずっと履きっぱなしで行けるし、荷物も少なめでOK。



「離島度」が高くなると、必要性も増してくる


例えば、バリ島方面。
バリ・ロンボクは、割と問題ない。


しかし、その先の離島、例えばギリ諸島に行くなら、あると便利。
海の透明度は最高。
砂浜のビーチもある。


しかし、ちょいちょい珊瑚多めのビーチも散見される。
砂浜のビーチだけにいれば問題ないが、シューズがあれば行動範囲は広がる。


f:id:tonogata:20140429125753j:plain



島を散歩しながら、気に入ったビーチを独り占め、とか出来るワケです。


タイの例。


サメット島、パタヤは不要。
プーケット・クラビも、シューズは不要。
※あると便利だとは思うけど


しかし、例えばプーケット近くの離島「ヤオ・ノイ島」。
石多めのビーチあり。
プライベートビーチ前提の高級ホテルに泊まるなら不要だが、安めの宿にとまるなら注意。
※宿の目の前のビーチが砂浜とは限らない


同じくプーケット方面の「ピピ島」も、安めの宿に宿泊するならウォーターシューズはあった方が良いかも。
※オプションツアーで行くだけなら全く不要


スリン諸島方面も、あった方がよいかと。
リペ島は行ったことないけど、怪しそうだ。


チャーン島方面?
チャーン島だけなら不要だが、そこから先の離島、マーク島・クート島あたりはマストで必要。


「レセプション」から「各部屋」への道。
これが、すでにワイルドな「クート島」でも・・・
ウォーターシューズなら、余裕。
f:id:tonogata:20110330125655j:plain


つまり、ビーチリゾートの島から、「更に先の離島」。
そこらに行こうとすると、割と必要性が増してくるんですねぇ。


ちょっと整備されてなさそうな離島に行きそうな場合は、持って行くと便利かと思います。




「ウォーターシューズ」の選び方


さて。


adidasが製品ラインナップが豊富なので、adidasで特徴をメモ。
それぞれ特徴があるっす。

商品名 備考
クロベ II 軽量ウォーターシューズ
ジャパウ II ウォーターシューズ、やや陸寄り
アディボート ほぼ陸向け+排水機構
モリロ サンダルの延長、かかとナシ


自分が使っているのは、「クロベ II」。
数年使っているが、耐久等、全く問題ナシです。

アッパーは網素材で「くしゃっ」とつぶれるので、荷物に入れるときに小さくまとまる。
ある意味、サンダルよりコンパクトになる。
かなり重宝してます。


選ぶ際の注意点は、以下2点。

  • 履いたまま泳ぎたいので、軽量さ重視
  • 脱げると困るので、ホールド感はマスト


今回の用途で言うと、上選択肢としては「クロベ」のみかな。
後は、重いのよね。


これくらい軽いのが良い。


ちょっと重そうかな。


陸用+排水。


ということで、adidasに限らず、上記のような観点で探してみると良いかと。
安いヤツだと3千円くらいであるっすね。


また、ウォーターシューズはサンダル代わりに使える。
ビーチ→ストリートの徒歩移動や、ストリートをフラフラするのも楽になる。
※靴よりは疲れるが、サンダルよりは楽


自分の場合、今では荷物を減らすため、サンダルは持っていかない。
ウォーターシューズのみで現地入りしてるっす。


ということで、「ウォーターシューズ」。
離島での楽しみ方が、増えてくるのでオススメっす。


そんな感じで。


その他、旅行用のアイテムの話。


www.bousaid.com


旅行用アイテム カテゴリーの記事一覧 - やじり鳥