読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

「エーゲ航空」の「スターアライアンス・ゴールド」条件変更で改悪へ

SFC修行 マイル

「スターアライアンス」のゴールド資格を、最も簡単に取得できることで有名だった「エーゲ航空」(ギリシャ)。
たった20,000マイルでゴールドを取得できたのが、今後は48,000マイルが必要になる。
※「エーゲ航空」に乗らない場合


変更は、2014/11/24から。

Miles+Bonus launch date (24/11/2014).


また、ステータスを維持する条件も変更。
そこら辺について。


f:id:tonogata:20140927171820p:plain


自分は結局できなかったが、「エーゲ航空」には「一撃必殺」的なロマンがあった。
なにかこう、ソソられるモノがあるというか。
それが今回の変更でなくなってしまって、残念。
間に合わなかったか。。。


海外でも「一番easyモード」として有名だったので、結構ネタになってますね。
なるほど、と思ったのが↓


Aegean Lifetime Star Alliance Gold Ending - One Mile at a Time

This obviously wasn’t sustainable. Everytime an Aegean Star Alliance Gold member enters a lounge using one of their cards, Aegean has to pay that airline ~$20.


(2012年に始まって以来、コスト的に)維持できないってのは明らかだった。
スターアライアンス・ゴールドのカードで、誰かが空港ラウンジを無料で使うたびに、エーゲ航空が20ドルを肩代わりすることになるんだから。


なるほど。


なお、今回の変更を説明している、公式の特設サイトはコチラ。
Overview | Miles+Bonus



以前までの条件に関しては、こちらも参照ください。

格安10万円でエーゲ航空の「スターアライアンス・ゴールド」を一発取得&SFCへの応用など - やじり鳥


以下、詳細についてメモ。



「Miles+Bonus」のゴールドに必要なのは48,000マイル


まず、「シルバー」「ゴールド」に必要なマイル数。
新旧で比較してみるっす。


ポイントは、

  • 「エーゲ航空」を使った場合
  • スターアライアンスの「他社便」に乗って貯めた場合

で、必要マイル数が違う点。
※今までは、その区別はなかった


今までの条件はコチラ。

Miles&Bounus
ステータス
付帯するスター
アライアンス資格
必要マイル
旧シルバー到達基準 シルバー 4,000マイル
旧ゴールド到達基準 ゴールド 16,000マイル
合計 - 20,000マイル


新しい「Miles+Bonus」の条件はコチラ。

Miles&Bounus
ステータス
付帯するスター
アライアンス資格
必要マイル
エーゲ航空
必要マイル
他社便
シルバー到達基準 シルバー 12,000マイル 24,000マイル
ゴールド到達基準 ゴールド 12,000マイル 24,000マイル
合計 - 24,000マイル 48,000マイル


こうしてみると、「エーゲ航空」(オリンピック航空含む)に乗る人にとっては、必要マイル数はあんまり変わってない。
旧20,000マイル→24,000マイル。


しかし、例えばビジネス/ファーストクラスが安いAirChinaや、日本のANAのような「他社便」に乗って、マイルを「エーゲ航空」につけた場合。
48,000マイルが必要。


今までの20,000マイルと比べると、2.5倍っすね。。。


細かいことを言うと、「エーゲ航空」に乗った場合の条件にはフライト回数もあるので、ご留意ください。

12,000 miles within 12 months (including at least 2 Aegean or Olympic Air flights)

(シルバーは12ヶ月以内に少なくとも2回、かつ12,000マイル)



新条件の48,000マイルをどう考えるか?


マイル獲得に関するルールは変わらない模様。

The way you earn miles on all Aegean and Olympic Air domestic flights, as well as on all Star Alliance flights, will not change.


つまり、ファーストクラス300%の倍率(航空会社による)は一応可能らしい。
http://en.aegeanair.com/milesandbonus/program-description/earn-miles/#AIR CHINA


一方、同じスターアライアンスのANAでいうと?
例えば「中国国際航空」(エアチャイナ)[CA]のファーストクラスは150%でしかない。
ANA SKY WEB


同じくスターアライアンスの「ユナイテッド航空」は100%/150%。
https://www.united.com/cms/ja-JP/marketing/custcomm/promotions/pages/airlinepartnerdetails.aspx?itemid=312


そーゆー意味では、「エーゲ航空」は相変わらず、貯めやすいと言えるかもしれない。


ただ、「48,000」という必要マイル数。


この数字だけで見ると、ANAのSFC修行(50,000PP)とあんま変わんない。


ANAはANAで、「国内線2倍」・「アジア1.5倍」というのもあるので、うーん。
スタアラのゴールドが目的なら、ANAの方がいいかなぁ。
少なくとも「新規」でこれから取るなら。


ただし。
昨今の状況を鑑みるに、ANAのSFCだっていつまで続くか不透明。
どこかで改悪される可能性の方が高い気がするので注意。



維持に必要なのは24,000マイル


ここまでは、新規取得の話。


では、すでにゴールドの場合、これを維持するのはどうだろうか?
新条件の開始は11/24から。
それまでに駆け込む価値はあるか?


まず、個人的には、駆け込みは難しいかなぁ、と。
マイル加算のタイミングなり、チケット確保なり、それなりに時間かかるしね。


すでに持っている場合は?

To remain in the Gold Tier, you need to collect 12,000 Tier Miles, including 4 flights with AEGEAN and/or Olympic Air, or collect a total of 24,000 Tier Miles regardless of which airline you chose to fly with.


他社便で24,000マイル、エーゲ航空なら12,000マイル(最低4フライト)の加算が必要ですね。

旧条件 1マイルでも加算があればOK
新条件 24,000マイル(他社便)が必要


うーむ。


結構厳しいすね。


しかしまぁ、スターアライアンスの資格でなく、航空会社のエリート資格という側面で考えると?
年間24,000マイルというのは、破格にハードルが低い。
※例えばANAのダイヤモンドは10万PPが必要


何を求めるかによるけど、人によっては、結構アリかと思った。
どちらかというと、少なくとも年1くらいでビジネス以上に乗るか、ギリシャ方面に行くとか、欧州間移動するとか、そーゆー場合。


個人的には、結局エーゲ修行はできなかったので、深追いはしていない。
ただ、もし「すでに所有」なら、割と考えてみる価値はあるのかな、と
そう思いました。


SFCの維持はクレカだけなので、もっと楽ではある。
しかし入り口は、仕事でそこそこ乗るか、修行が必要。
今までのエーゲ航空のようなハードルの低さはないんだなぁ。



まとめ


スタアラのゴールドはともかくとして、あのマイル加算率はいいよなぁ。
エーゲ航空に貯めて、他社で使う、みたいな。


そーゆー意味では、さっさと取得しておくべきだったかもしれない。


うーむ。
残念。



「スターアライアンス」の「ゴールドメンバー」を購入する唯一の方法。フライト不要、ステータスマッチ不要、23万円。 - やじり鳥



SFC修行 カテゴリーの記事一覧 - やじり鳥