読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

モバイル・ルーター「MR03LN」に1週間1000円のタイ現地SIM(AIS)を買ってネット接続してみた

SIM WiFi 海外用WiFiレンタル 旅行用アイテム タイ MR03LN

国産モバイルルーター「MR03LN」。
ファームウェアのバージョンアップで遂に海外SIMでも一部使用可能になったという噂をききつけ、早速試してきたっすね。
モバイルWi-Fiルータ『MR03LN』バージョン2.1.0は海外SIMで利用可能に! | shimajiro@mobiler



SIMフリーかどうかでいうと、公式サイトではNoと書かれてある。
しかし、実質的に海外のSIMについては一部解放されてるかも、というのが↑の話でした。


行ってきたのはタイ、バンコク。
バンコクの空港では、ローカルの3キャリアが旅行者用のSIMを7日1000円くらいで売ってるっすね。
そこら辺の詳細は下記にて。



タイ旅行でスマホのネット代がわずか1,000円/1週間。現地SIM(プリペイド)を空港でゲット。 - やじり鳥



さて、今回チャレンジしたのは、「AIS」となります。


公式サイトはコチラ。
TRAVELLER SIM - Best Thailand Prepaid SIM Card for Travellers


299バーツ=約1,000円で、1.5GB/7日の通信が可能。
1.5GB以降は速度制限がかかるけど、有料のTopUp(上限の解放)がコンビニでできる、と。

そーゆーSIMですね。


f:id:tonogata:20140723015143p:plain


以下、詳細について。


なお、前述の通り「MR03LN」で海外SIMが完璧に動くかどうかと言うのはアレな状況かと思いますので、ご留意ください。



バンコク「スワンナプーム国際空港」で旅行者用SIMをゲット

  1. スワンナプーム国際空港の到着ロビー
  2. 直進して出口に向かうと、ズラッと店がならんでいる
  3. 以下、店頭の様子


f:id:tonogata:20141015010930p:plain


まぁ、「トラベラー・シム、プリーズ」っすね。
もしくは、「セブンデイズ・トラベラー・シム・プリーズ」。


「AIS」に限らず、Androidとかの本体渡すと設定してくれるっす。
先方は1日に幾千もの各国旅行者を相手にしており、本体の言語設定に関わらず、Androidや(SIMフリーの)iPhoneを渡すと、アイコン頼りに設定までやってくれる。


「MR03LN」の場合は、裏蓋とバッテリーを外して、

本体とバッテリー

を渡したところ、SIMの種類(マイクロSIM)をパッとみて、お試しでSIMを入れてくれた。
ちなみに、裏蓋は一度はめると外すの一苦労なので、渡さないようにしました(笑


おねーさんから「これで繋がるか試してみて」と本体を返されたので、チェックしてみます。


SIMを入れると

通信事業者切り替え、再起動します

的なメッセージが出て、本体が再起動。


結構時間がかかる。


起動したら、iPhone/Androidなど自分の手持ちスマホのWiFiで「MR03LN」に接続。


そんでもって、ブラウザで「http://192.168.179.1」or「http://aterm.me/」の設定画面にアクセス。
※事前にブックマークしておくとよい

  1. 「基本設定」
  2. 「接続先設定(LTE/3G)」
  3. 「未設定」になってる接続先を「編集」

LTE/3Gに接続する|Aterm®MR03LN ユーザーズマニュアル


f:id:tonogata:20141015013235p:plain


ちなみに、自分で入力したのは「接続先名」の「AIS」だけで、APNの「internet」は最初から入ってたような。。。
入ってなかったら、「internet」と入力するっす。


AISに後でもらった取説。APN=internet。
f:id:tonogata:20141015015335p:plain


設定を保存したら、「国内設定」を、自分で名付けた「AIS」に指定。
※「ServerManSIM」は国内でお試しに使った格安SIMなので、本編と関係ナシ


f:id:tonogata:20141015013329p:plain


これで、iPhoneからネットに繋がった。


タッチパネルのTOP画面で

  1. 「情報」
  2. 「通信状態」

を確認。


f:id:tonogata:20141015013723p:plain


「AIS」の電波が取れてますね。


ちなみに「国際ローミング」あたりも弄ってみたが、あんま関係なくて、むしろ繋がらなくなったり。
やっぱタイ国内でタイのSIMを使うから、「国内」扱いなのね。


あと、↑に書いた設定(接続先設定で、AISという名前でAPN=internet&国内設定=AIS)は、事前に済ませておいた方がスムーズかもしれないと思いました。
カウンターの前で設定してると、結構時間がかかって焦るんですよね。
自分の場合、モバイルルーター初購入2日目だったんで、特に設定とかあんま分かってなくて、不安要素が高かったんだけど。


さて。
うまくいったら、受付のおねーさんに298バーツ(約1,000円)を支払う。
SIMは返す必要はないので、返却も不要。
書類書き込みやサインなども、一切不要の簡単手続きです。


使用感。


ときどき、繋がらなくなることがあるような気がした。
なぜかは分かりません。
そーゆー時は再起動した。


それ以外は、特に問題なかったかな。
電池持ちもめちゃ良いし、いいね、これ。


これで海外旅行のたびにレンタルWiFiしなくても良いかもしれないな。。。
地味にいたかったんだよなぁ、お財布的に。


その他、AISの設定に関して参考になりそうなページなど。


ASCII.jp:現地でSIMを買って海外旅行時のネット代金を抑えるワザ (2/2)|柳谷智宣の「真似したくなるPC活用術」


「シニア旅人」の旅情報: タイ・AIS 2,100MHz対応/Traveller SIMカード 3G接続速度は快適~7日間データ 定額1GB スワンナプーム国際空港で購入


「シニア旅人」の旅情報: タイ・AIS 「3G TRAVELLER Simカード」(2,100MHz帯対応)発売!~速度も速い! 7日間/1GBデータ定額対応



事前準備:「MR03LN」のファームウェア更新


上記のような海外SIMが一部使えるかも、なのはver2.1.0から。
事前にファームアップデートをすること。


ファームウェアの更新方法については、以下を参照。
ファームウェアをバージョンアップする|Aterm®MR03LN ユーザーズマニュアル


ファームウェアのダウンロードは以下。
ソフトウェア|AtermMR03LN|Mobile Support Information(モバイル・サポート・インフォメーション)


本体からやる場合と、PCのブラウザからやる場合があるっすね。


自分はPCのブラウザからやりました。

  1. 上記ページからファームウェアをダウンロードしておく
  2. 「MR03LN」を起動して、PCのWiFiで「MR03LN」に接続
  3. PCのブラウザから「http://192.168.179.1」or「http://aterm.me/」にアクセス
    1. クイック設定Webの使いかた|Aterm®MR03LN ユーザーズマニュアル
  4. 「メンテナンス」
  5. 「ファームウェア更新」
  6. 「ローカルファイル指定」
  7. 「ファイルを選択」で先ほどDLしたファームウェアを指定
  8. 「MR03LN」が再起動
  9. ファームウェアのバージョンを確認して完了


f:id:tonogata:20141015005859p:plain

f:id:tonogata:20141015005908p:plain

f:id:tonogata:20141015005916p:plain


※キャプチャとったけど、
ファームウェアをバージョンアップする|Aterm®MR03LN ユーザーズマニュアル
に全部書いてあったので、必要なかった。。。
まぁ一応貼っておく。



裏蓋の外し方


最初は爪が折れそうになりながら、必死で裏蓋開けてたんだけど、ちゃんと公式に書いてあった。


f:id:tonogata:20141015014506p:plain

イラストのように「NEC」マークの辺りを軽く押さえながら取り外すと、取り外ししやすくなります。

本商品の使いかた|Aterm®MR03LNユーザーズマニュアル


これでだいぶ楽に開けられるようになった。



SIM カテゴリーの記事一覧 - やじり鳥