読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

BOSE「QuietComfort 20i」を3ヶ月使ってみた感想。「ノイズ・キャンセリング」は、職場/電車/飛行機で、大活躍しすぎてヤバい。

旅行用アイテム ノイズキャンセリング BOSE

外部の騒音をカットしつつ、音楽を聴くことができる「ノイズキャンセリング」のイヤホン。
イヤホン型で、一番有名かつ効果が高いと言われている、BOSEの「QuietComfort 20i」を購入。
※最後の「i」はiPhone用の「i」なので、iPhone以外の場合は「QuietComfort 20」


これが思ったよりヤバかったな、と。
そーゆー話にて。



もともと、自分はまったく興味なかったんだけど。
ビックカメラで友人に勧められて、置いてある「QuietComfort 20i」を視聴してみたんすよね。
その結果。
かなりの衝撃を受けまして。


これはッ!
マジで!!
ノイズを、キャンセルできているッ!!、と。


ただねぇ。
32,400円するんですよね、これ。
いやいやいや。
イヤホンに3万オーバーとか、マジうけるんですけど。


はい、解散~。
ということで、数ヶ月は放置してたんだけど。


結局、視聴した時の衝撃が忘れられず、買ってしまった。
今年は飛行機にたくさん乗る機会があったので、まぁ、そこを快適にできたらな、と思いまして。



「ノイズ・キャンセリング」とは何か?


自分は実際に視聴するまで、「ノイズ・キャンセリング」ってのを分かってなかったっす。

ノイズ・キャンセル?
外部の騒音を無くしたいなら、耳栓すれば良いんじゃないの?
音楽が聴きたい?
それなら、耳栓的に遮音性の高いイヤホンでも使えば良いんじゃないの?

みたいな。


我ながら無知だったな、と思うけど。


そーじゃなくて、「アクティブ・ノイズ・キャンセリング」って、音を打ち消すんですね。
ある音に対して、逆位相の音をぶつけることで、無音になる。



イヤホンの中に小型マイクが入っている


割と衝撃だったのが、イヤホンの中に極小のマイクが入っている点。
そのマイクで外部の騒音を拾って、逆位相の音を計算、出力する。

  1. イヤホンに超小型マイクを仕込んで騒音を拾う
  2. 騒音と逆位相の波を作ることで、騒音を消音化する
  3. つまり、音の波が打ち消し合って、騒音が聞こえなくなる(軽減される)


f:id:tonogata:20141102225720p:plain


「QuietComfort 20i」の場合は2つのマイクがイヤホンに仕込んである。
マイクが入っているといっても、超小型なのでイヤホンの大きさは普通と変わらない。


f:id:tonogata:20141103111228p:plain


具体的に、どこにマイクが入っているかは下記の公式動画でも見ることができる。
Bose QuietComfort 20 製品概要 | ノイズキャンセリング機能付き | イヤホン/ヘッドホン | Bose ボーズ
※上から2番目の動画を参照



コントロールボックス?


一方、逆位相の音を計算したり、そーゆーコトをするコントロールボックスみたいなのが必要。


BOSE「QuietComfort 20i」の場合は、イヤホンの根元にあるコントローラーみたいな「コントロールボックス」(赤枠)。
ここがアクティブ・ノイズ・キャンセリングの回路的な役割を担う。


f:id:tonogata:20141011143157p:plain



イヤホンに回路と電池を入れてコントロールボックス無し


ん?
それなら、イヤホンを少し大型化して、その中に回路・電池を入れてしまえばいいじゃん?
みたいな。


そーゆー選択肢だと、ソニー「XBA-NC85D」。


SONY カナル型ノイズキャンセリングイヤホン XBA-NC85D

SONY カナル型ノイズキャンセリングイヤホン XBA-NC85D



コード途中のコントロールボックスをなくした世界初ボックスレスデザイン

XBA-NC85D 特長 | ヘッドホン | ソニー


f:id:tonogata:20141103111841p:plain


残念ながらAmazonレビューの状況がよろしくなかったので、個人的にはスルーした。



スマホ対応して、コントロールボックス無し


また、「そーゆー回路的なモノは、スマホ側でやればいいじゃん?」みたいな。


Xperiaの最新機種なら、可能。


そこら辺の話は下記を参照ください。
Xperia「Z3 compact」(SO-01G/2014年冬)と「A2 SO-04F」(2014年夏)を比較チェック。 - やじり鳥
※「「デジタルノイズキャンセリング」に対応!」を参照


これは、Xperiaの最新機種のみの対応。


2014/11/03時点で言うと、以下の機種。

【ドコモスマートフォン/タブレット】
Z2 SO-03F, Z2 Tablet SO-05F, Z3 SO-01G, Z3 Compact SO-02G

【auスマートフォン/タブレット】
ZL2 SOL25, Z2 Tablet SOT21, Z3 SOL26

【ソフトバンクスマートフォン】
Z3 401SO

【Wi-Fiモデル】
Z2 Tablet SGP512JP・SGP511JP, Z3 Tablet Compact SGP611JP・SGP612JP


詳細は下記の「対応機種」の項を参照。
デジタルノイズキャンセリングヘッドセット MDR-NC31EM | ソニーモバイルコミュニケーションズ


ただし。


この場合でも専用イヤホンが必要で、上記スマホ+「MDR-NC31EM」(約5,000円)が必要。


SONY カナル型イヤホン ノイズキャンセリング搭載ウォークマン専用 ブラック MDR-NWNC33/B

SONY カナル型イヤホン ノイズキャンセリング搭載ウォークマン専用 ブラック MDR-NWNC33/B


これも試聴ができなかったので、実力のほどは不明。


まぁBOSE「QuietComfort 20i」に比べれば安いモンだし、対応スマホを持っているならアリかと思う。
自分がもし対応スマホを持っていたら、こっちを最初に試したかも。



どんな音が「消える」のか?「騒音」とは何か?


音が打ち消されるのは分かった。


いや、ホントは位相がどーのこーのとか、分かってないけど、そーゆーことじゃなく。


どこまで「騒音」的な音がカットされるのか?


基本的には、超低音~低音あたりが騒音としてカットされる。
逆に、人の話し声のような中音は、あんまりカットされない。
※極端な高音はカットされるらしいけど

安全上、中音域(人の声など)の部分はあえてノイズキャンセリングを行わないようになっている。

QuietComfort - Wikipedia


このため、特に騒音がカットされてる感じがするのは、以下のような低い音。

  • 電車や車の走行音
  • エアコンや冷蔵庫などの動作音
  • 飛行機内の振動音など


つまり、人の話し声はちゃんと聞こえる。


一方、ノイズキャンセルによって背景音というか、雑音がなくなる。
特に電車内や飛行機で使うと、驚くほど「違う」。


ノイズキャンセル機能をON/OFFで試してみると、全然違うんですよね。
雑音が、スゥッと消える。


ただまぁ、そこら辺は個人差があると思う。
基本的には店頭で触ってみる(聴いてみる)のが良いんじゃないかと。
そう思います。



「ノイズキャンセル」のメリット・デメリット


雑音がなくなるメリットは?


没入感がかなり高まる。
=集中する


音楽を聴いている時とか。
スマホでゲームやってる時とか。


自分は、電車でスマホゲームしてて、2度ほど降車駅を乗り過ごしたことがある。
普通、イヤホンしてても、人が動く気配とか、アナウンスとか、総合的に察知して、自分が降りる駅に気付く。
それが、気付けなかった=没入しちゃってた、という。
まぁ、今は気をつけているので、そんなでもないけど。


仕事中も、ノイズキャンセルで没入感高めで集中しちゃう。
結果、人の声は聞こえるはずなのに、呼ばれても気付かない、みたいな。
こうしてみると、ダメダメだな、俺氏。。。


あと、自分の場合は飛行機で寝れるようになったなぁ、と。


もともと飛行機って、気圧なのか振動なのか騒音なのか、とにかく寝ても疲れたり、寝付けなかったり。
それが、ちょっと寝やすくなったかな、と。


この辺は、個人的には「睡眠の質がよくなった」とか思ってるんですけど、我ながらプラシーボ的な妄想なんじゃないかと疑っております。
とはいえ、一定の効果はあるな、と。


もともと、「ノイズキャンセル」は飛行機のパイロット用にBOSEが提供したことから始まったらしいしね。

Bose noise reducing headphones were originally designed for use on aircraft.

ElectroForce Mechanical Test Instruments – TA Instruments
※厳密にはパイロットが音楽を楽しんだり、交信をしやすくするためで、睡眠を企図したものではナイ



「ノイズキャンセル」は健康被害とか人体への影響はあるのか?


一応チェックした。
しかし、自分のリテラシーレベルでは、結論は分からず。

  1. 「いまのところ人体に影響があるという報告はない」という感じ?


いくつかリンクを貼り付けるけど、どれも自分的にはちょっと細かすぎるというか、気にするレベルではないと考えている。
もう少し本格的な調査などがないと、何とも言えないよね、という。


逆に、ノイズキャンセルを使わず、極端なノイズを直で耳に入れる方が、健康被害はある、という話はたくさん出てくる。
しかしこれは、日常的に騒音に囲まれる、工場や工事現場などでの状況を言っているのではないかと思う。


それはともかく。


まず、逆位相の音をぶつけた際の、エネルギーはどこへ行く?という観点。
音は消える。
しかしエネルギーは?「エネルギー保存の法則」上は、どうなるのか?


これは、一応「形の上では熱となるか、イヤホンや耳への振動で吸収される」ということが掲示板で話さていた。


ノイズキャンセルヘッドホンの人体への影響


ただ、まぁ確定ではないし、微弱なモノすぎて、みんなあんまり気にしてない感じなのかな。
音がぶつかった辺りの温度が上がってたら、それはそれで面白いけど。


放射線の影響は?

headphones are safe because unlike cell phones they do not emit any radiation .
ヘッドフォンは携帯電話と違って放射線を出さないので、安全だ。


これはどちらかというと、携帯電話との比較上での話になる。
しかもヘッドフォンの話で、ノイズキャンセル特有の話ではない。


また、話の流れ上チェックしてみたが、「放射線が~」というのは、正直自分の実生活上の興味の範囲ではない。


一番それっぽいコトが書いてあったのは、以下。

speculates that the sound waves that cancel each other out may still transmit enough very low frequency vibrations to stimulate the balance receptors that are connected to the hearing hair cells in the inner ear.


これは打ち消し合った音の振動、非常に小さな振動が、三半規管?に誤った信号を伝えて、酔う/気分が悪くなる、ということが、一応ありえるかもしれない、という医師のコメント。
これは、統計や、実測を伴った調査などに基づいたものではない。
新聞のQ&Aコーナーに寄せられた質問への、1医者の解答。
テレビのコメンテーターが「(専門じゃないけど)○○の可能性はありますね」と言っているのと一緒なんじゃないかなぁ。
実質、何も言ってないのと同義というか。


ということで。


個人的には。
特に気にするべきレベルの調査は、まだないと思うので、ノイズキャンセルによる人体への影響みたいなのは、気にしてない。
今のところ。


話は変わるが。


逆に、不安障害・パニック障害については、ノイズキャンセルイヤホンが効くかも、みたいな話があるらしい。
不安障害の味方ーノイズキャンセリングヘッドホンのすすめ - NAVER まとめ



BOSE「QuietComfort 20i」を安く買う方法はあるか?


BOSE「QuietComfort 20i」を安く買えないだろうか?


自分はBOSE製品を買ったことがなかったので知らなかったが、BOSEって値引き販売しないのね。
家電店やAmazon・楽天など、基本的に定価販売。


あと、理由は不明だが「ヤマダ電機」は基本的にBOSE製品を置いてないらしい。


このため、ビックカメラ、ヨドバシなど、ポイント還元をチェックしつつ、選んで買うことになる。
(ただしアップル製品と同様に、どの家電店でも還元率は低く固定されていて、自分が試したときは交渉の余地がなさそうだった。4%還元とか。今は知らない)


自分の場合は、ちょっとマイナーパターンだと思うが、ANA「A-style」で買った。
http://www.bousaid.com/entry/2014/08/08/082128


5%割引(1620円)+1,824マイル還元。


まぁ、ANAマイラーにしか関係ない話ではある。


ちなみに、国内正規版ではない、海外輸入版は買わない方がよいと思う。
BOSE製品の場合、手厚いサポートが受けられるらしいが、輸入盤はNG。
オススメしない。



BOSE「QuietComfort 20i」の良い点、悪い点


まず、BOSE「QuietComfort 20i」については大満足している。


ノイズキャンセルの性能はすごい。
それはともかくとして、他はどうか?



スマホなしでもノイズキャンセル可能

まず、買ってみて分かった点として、ノイズキャンセル機能だけなら、イヤホンだけでOKということ。


つまり?


スマホに繋がず、単体でノイズキャンセルが利用できる。


これはこれで、便利。


騒音はカットしたいが、音楽を聴く気分でない場合もある。
そーゆー時に、スマホに繋がずに単体で使えるのは、意外と便利で、たまにやっている。



「StayHear+チップ」の密封感は素晴らしい


あの、耳に入れる部分。
↓の白い部分。


f:id:tonogata:20141103132650p:plain


これ、「StayHear+チップ」って言うらしい。


なんなのかよく分からないが、これは確かに着け心地がしっかりしている。
長時間使っても、疲れない。


気がする。
当方イヤーチップに詳しくないので、あんま他との比較はできない。


ちなみに、「StayHear+チップ」は購入当初からサイズが全種類ついてくる。
Sサイズとか、Lサイズとか、その人の耳の大きさに合わせて使える。
あと、紛失した場合は別サイズのが使える、という意味でもある(のか?)。


f:id:tonogata:20141104120316p:plain


ちなみに、「StayHear+チップ」は付属の専用ケースに収納できるようになっている。


f:id:tonogata:20141104120333p:plain


自分はこの専用ケースも使ってないが、持ち運びでケースを使いたい場合は便利かも知れない。


以下、逆に不満な点。



電池切れに気付かない


電池は16時間持つ。

約2時間の満充電で約16時間の連続使用が可能


しかし、実際はもうちょい少ない気がするな。


そして、充電するのを数日忘れていると、、、
もしくは、スイッチOFFにするのを忘れていると、、、


いつの間にか電池がなくなっている。


まぁ、これは自分が悪いんだけど。
ホントは電池が少なくなると、LEDの色が変わるので気付く。
ちゃんとそれをみてないとなぁ。。。


f:id:tonogata:20141104120450p:plain
 


コントロールボックスは微妙に邪魔


あと、あえて言うなら、やっぱ「コントロールボックス」が邪魔。
まぁ、別に良いというか、今は慣れたので気にならないけど。


そんな感じ。



「ノイズキャンセル」の特許の話


あんま関係ないが、特許関係の話。


ソニーのXperia&「MDR-NC31EM」がスマホ連携してノイズキャンセルしている、という話の関連。


ノイズキャンセルにをする際には、飛行機の中とか、オフィスとか、ある程度クリアすべき騒音の種類が分かっていると、話が早い。
「MDR-NC31EM」の場合、3種類から設定可能。

騒音が気になり易い3種類のシーンを想定し、それぞれのシーンに応じて騒音を低減するモードを設定できます。

ソニーモバイルコミュニケーションズ|Sony Mobile Communications


このモードはどうやって設定するのか?
ユーザーがモードを設定するか、自動認識させるか。


自動認識させる場合は?


「MDR-NC31EM」の場合でいうと、スマホ側で計算するんだと思うけど、↓の特許をみてて、面白いなぁ、と思ったので。

ヘッドホン装置、端末装置、情報送信方法、プログラム、ヘッドホンシステム (スコア:6474)
出願人: ソニー株式会社
出願 2011-245372 (2011/11/09) 公開 2013-102370 (2013/05/23)

かんたん特許検索 | 公報「ヘッドホン装置、端末装置、情報送信方法、プログラム、ヘッドホンシステム」


モードを考える上で、スマホとか機器類のセンサーを使おうぜ、という。

さらに現在の温度情報を検出する温度検出部、現在の気圧情報を検出する気圧検出部、現在の高度情報を検出する高度検出部のいずれかを備え、上記制御・演算部は、上記ノイズ解析結果に加え、上記温度情報、上記気圧情報、又は上記高度情報のいずれかを用いて上記指示情報を生成する請求項6に記載の端末装置。


気温、気圧、高度。
これらは(確か)Xperiaにはまだ載ってない気がするけど、面白いな、と。


単純な話でいえば、高度が分かれば「飛行機内モード」に設定できる。
たぶん、もうちょい複雑なことが出来るだろうけど。


しかも、ヘッドホン側的には省エネになる。

本開示によればヘッドホン装置側の処理リソース負担を軽減でき、これによってノイズキャンセル処理の自動的な最適化を行う場合に処理能力の高い演算機能が要求されることを解消でき、また消費電力の削減という効果がある。


なるほど。


ノイズキャンセリングの将来性という意味で、こうしたセンサー類から環境分析するのは、いいっすねぇ。
もっと言うと、ヘルス系、たとえば心拍数とかスマートデバイスに乗り始めているけど、これで高血圧の人向けのノイズキャンセルとか、マラソンで疲れたとき(心拍数があがってる時)は注意力が落ちるだろうから、安全上の理由でノイズキャンセルを自動低減するとか、そーゆーパーソナライズも夢じゃない。


まだまだ、ノイズキャンセルには先があるな、と。
楽しそうだ。


全然関係ないが、最近BOSEがノイズキャンセルの特許で、Appleを訴えてた。


Appleの「Beats」をあの有名音響機器メーカー「Bose」が訴えたことが判明、その原因は? - GIGAZINE


関連パテントはコチラ。
Bose Corporation v. Beats Electronics LLC et. al. patent lawsuit


ノイズキャンセルの未来もアツいが、特許抗争もアツくなっていくんだろうか?


うーむ。


※2015/01/10追記

  1. AppleがBeats(オーディオメーカー)買収
  2. BoseとBeatsの特許抗争開始(ノイズキャンセル特許)
  3. AppleストアからBose製品が消える
  4. ???
  5. Bose製品がAppleストアに戻りつつあるらしい

Bose, Beats settle lawsuit over noise cancellation technology - (Oct 10) | MacNN




まとめ


最初は、飛行機での利用がメインなのに、3万はちょっとなー、と思っていた。


しかし実際は、職場・電車の中といった、日常利用がメインユース。


このため、すごく使い倒しているというか、満足感は高かった。
毎日お世話になっている。


あと、ノイズキャンセリングによる「背景音の少ない世界」。
これはちょっと、面白い。


田舎の方に出かけても、風の音、草のすれる音、いろんな音がある。
環境音というか、背景音。
こーゆー音は、どこにいってもつきまとう。


「背景音の少ない世界」って、今までになかった新しい感じがするなぁ、と。
それでいて、人の声は割とクリアに聞こえる。


比喩的には水中で外部の音をきいている感じに近い?
しかし水中では雑音がきえるワケではないので、現象としては違う。


んー。


まぁ、アレだ。


ノイズキャンセルは面白い。
そして便利。


そう思いました。


その他。


「QuietComfort20i」をANA「A-style」で6%割引+マイル還元で安く買う方法。
http://www.bousaid.com/entry/2014/08/08/082128www.bousaid.com


「QuietComfort20i」をANA/JALの免税(機内販売)と10%割引で買う方法。
www.bousaid.com


旅行用アイテム全般。
www.bousaid.com