読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ANAでビジネスクラスにアップグレード可能な「エコ割」と「バリューフェア」をチェック

ANA SFC修行 ビジネスクラス

ANAのSFC修行でアップグレード・ポイントが貯まるので、その使い道。。。
国際線のエコノミーをとって、ビジネスクラスにアップグレードできないかな、と。

※2016/02/20追記
こちらの情報は古いので下記を参照。
※「エコ割」は廃止され、新しい料金体系になっている
www.bousaid.com


ただ、以前にちょっと調べた際に、

  • エコノミーでも予約クラスが複数ある
  • ビジネスにアップグレード可能な予約クラスは、料金が高い
  • なので、微妙

ということを考えていたっすね。


今回はその詳細について、もうちょいチェックしてみようかな、と。


まぁ、なんというか。
相変わらずチケットは複雑というか、奥が深くて全く判断ができない。
くまったくまった。
プーさん、困ったでぷー。



ビジネスクラスへのアップグレードの前提


まず、いくつか前提。


ビジネスへのアップグレードの方法は2つ。

  • マイルでアップグレード
  • アップグレードポイントでアップグレード


マイルでアップグレードする「アップグレード特典」はコチラ。
ANA SKY WEB


「アップグレードポイント」の公式サイト説明はコチラ。
ANA SKY WEB


制限事項は?


マイルでとったチケットは、アップグレード非対象。

・国際線特典航空券とアップグレード特典の併用はできません。


ビジネスクラスにアップグレードした場合でも、得られるマイルとPPは、購入したエコノミーで計算。

アップグレード特典をご利用の場合、「フライトマイル」および「ANAプレミアムポイント」の加算はご購入された航空券の
クラスに基づき計算されます。


コードシェア便はアップグレード非対象。

※ANA便名で他社が運航するコードシェア便や他社便名でANAが運航するコードシェア便はご利用できません。

※ちなみにスタアラ便でのアップグレード特典は↓
ANA SKY WEB


メキシコやカリブ、中南米(北米経由)は、アップグレード非対象。

※メキシコ・カリブ・中南米(北米経由)路線におけるエコ割3(タイプA)およびエコ割7(タイプA)は対象外です。

http://www.ana.co.jp/amc/news/amc_revision1112/#amcchange_upgrade


そんな感じ。



「エコ割」からのアップグレード


エコノミークラスのチケットには複数の割引料金がある。

  • エコ割プレミアム
  • エコ割スタンダード
  • エコ割スタンダードライト
  • エコ割3/5/7


このうち、アップブレード可能な割引料金で、一番安いのは「エコ割3/5/7」。
ただし「エコ割3/5/7」の中でも、「アップグレード可能」なのは運賃タイプ「タイプA」(予約クラスU)のみ。


各種割引料金と、アップグレード可否は、ANAのページで見ることができる。
「アップグレード特典」の行に「○」がついてるに注目。


運賃[国際線]|ご予約/旅の計画|航空券予約・空席照会|ANA


もうちょい詳しい記載は、以下を参照。

対象予約クラスと運賃例
Y/E/B/M/U クラス

ANA SKY WEB
※「予約クラスU」(運賃タイプA)が、OKなやつ
※それ以外の予約クラス「YEBM」は「エコ割」より高い割引料金(エコ割スタンダードとか)なのでスルー
※厳密にいうと国内発でなく、海外発の便ならもうワンランク下の予約クラス「H」までOKだが、ここではいったんスルー



「エコ割」の「タイプA」とか、「運賃タイプ」とか「予約クラス」の基本的な話は、以下を参照ください。



ANA「エコ割」の「予約クラス」と「運賃タイプ」の関係や、「マイル積算率」をチェック。 - やじり鳥


それで、その、、、
ポイントは?


「エコ割」は空席連動で、運賃テーブルが段階的に3~6種類ほど決められおり、、、


誤解を恐れずに言えば、
「空席がなくなってきた、出発直前に買う際の料金」=「運賃タイプA」(予約クラスU)
ということになる。
※空席待ち可否など諸条件も違うけど


この「アップグレード対象」の「運賃タイプA」(予約クラスU)。
それって、どれくらい高いのかな?、と。


というのが、今回の話。


では早速。



「エコ割」の運賃タイプ別チケット料金


「エコ割」の中でも「タイプA」が、どれくらい高いのかな、と。


まず、タイプ「A」から「F」までの料金。
行き先によって設定されているタイプ数は異なるので、設定されてない場合は「-」。


それから、「タイプA」と、最も安いタイプの、差額。


行き先別の料金については、↓の公式サイトで「エコ割」の列で、「詳細」ボタンをおすと見ることができる。
運賃[国際線]|ご予約/旅の計画|航空券予約・空席照会|ANA


では、差額をチェック。

行き先 A B C D E F 差額
ハワイ 115,000 95,000 75,000 65,000 55,000 - 60,000
グアム 54,000 49,000 46,000 43,000 40,000 - 14,000
ロサンゼルス 176,000 137,000 97,000 - - - 79,000
ニューヨーク 200,000 155,000 115,000 - - - 85,000
ロンドン・パリ 311,000 251,000 211,000 - - - 100,000
デリー 190,000 160,000 130,000 100,000 80,000 60,000 130,000
上海 145,000 100,000 79,000 67,000 58,000 53,000 92,000
香港 130,000 98,000 78,000 55,000 46,000 40,000 90,000
ソウル 80,000 66,000 54,000 44,000 38,000 32,000 48,000
台北 106,000 72,000 58,000 44,000 36,000 30,000 76,000
バンコク 136,000 120,000 89,000 64,000 49,000 39,000 97,000
シンガポール 136,000 119,000 79,000 59,000 44,000 36,000 100,000
ホーチミンシティ 139,000 126,000 94,000 66,000 52,000 40,000 99,000
ジャカルタ 150,000 140,000 110,000 70,000 54,000 44,000 106,000
マニラ 139,000 119,000 99,000 84,000 55,000 42,000 97,000
プノンペン 152,000 113,000 92,000 72,000 60,000 52,000 100,000
ヤンゴン 152,000 113,000 92,000 72,000 60,000 52,000 100,000
オークランド 138,000 128,000 118,000 112,000 106,000 100,000 38,000

※価格テーブルはシーズンによって異なる場合もあり、その場合は最安のテーブルを採用
※「運賃タイプ」は行き先によって設定数が異なる(Fまでの場合やCまでの場合)


んー。


まず、「オークランド」は「アップグレード」非対象。


あと、「グアム」はコードシェア便しかないので、「アップグレード」非対象かな?
全部UA。


これらを除くと、大体8万~10万の差額があるのね。。。


北米あたりが、最安+8万でビジネスクラスに化けると思えば、まぁ安い気がしないでもない。
チケット料金としては、(運賃タイプA)20万+サーチャージ等 → アップグレード。


ANAのビジネスクラスの割引は、北米は35万くらい。
ANA SKY WEB


まぁ、一応ビジ割よりは安いのか。。。


んー。
ありかもしれない。


あと、ソウルは若干安いかな。
差額5万くらいか。


超近距離のソウルに、差額を払ってビジネスクラスで行きたいかどうかは別として。



アップグレード対象運賃での検索


では、実際にアップグレード対象運賃の検索はどうやってするのかな?
エコ割のタイプAを狙い撃ちで検索するって、難くね?と。
しかし確認したら、ちゃんと検索画面で「オプション」として選択できるようになっていた。


f:id:tonogata:20150201095444p:plain


なるほど。
使ったことなかったぜ。


f:id:tonogata:20150201095809p:plain


ちゃんと「エコ割」がでてきた。
「割引運賃」タブとの切り替えも可能。


というか、このタブ切り替えでいつでも「割引運賃」と「アップグレード対象運賃」を行き来可能なのか。。。


f:id:tonogata:20150201100050p:plain


アップグレード対象運賃を選んでも、実際にアップグレード出来なければ意味が無い。
なので、「アップグレードの空席」もちゃんと表示できる。


いやぁ、良く出来てるなぁ。
ANAのサイト。
びっくりしちゃう。



海外発券「バリューフェア」でのアップグレード対象運賃


海外発のチケットだと、アップグレード対象のエコ割系「予約クラス」は1つ増える。
つまり、「予約クラスH」(運賃タイプB相当)もOK。


アップグレード対象の予約クラス

日本地区旅程開始 Y/E/B/M/U クラス
日本地区以外の旅程開始 Y/E/B/M/U/H クラス


ANAの正規割引料金は、日本だと「エコ割」なんだけど、海外発だと「バリューフェア」となってるらしい。
「スーパーバリューフェア」とか、「フレックスバリューフェア」とか、設定は国によって若干異なる。


なので、「バリューフェア」の「予約クラスH」はどうかな?(安いかな?)、と。


検索の仕方は日本発と同じで、ANAのTOPページから検索する際に、出発を海外にするだけ。
(ナチュラルなANAの経由便で到達可能なルートのみ選択可能なので欧州はない)


f:id:tonogata:20150201104632p:plain


一度、海外版での表示に切り替わる画面がでるが、表示は日本語なので問題ない。


台湾からロサンゼルスの場合、、、
「フレックス エコバリュー・フェア(H)」が「アップグレード対象運賃」で出てきた。
予約クラスH。


「フレックス エコバリュー・フェア」のアップグレード可否の記載はこちら。
http://www.ana.co.jp/int_farerule/tc3/tw/2014a/us_y_ja.html#FLE


料金は52,900台湾ドル。
19.6万円。


東京経由となる。
台北→東京→ロサンゼルス→東京→台北。


んー。


同じ日付で、
東京→ロサンゼルス→東京
は、いくらか?


214,600円。
(予約クラスU/運賃タイプA)。


んー。


台北の往復も含んでるし、ちょっと安い。


あとは、為替状況によりそうだ。


自分の興味の範囲で、シンガポール、バンコク、上海などもチェックしてみた。
(ロサンゼルス行きについて)
適当に設定した日程だと、上海、台湾が安いかな。
ソウル発券は有名みたいだが、チェックしてない。


んー。


それにしても、めんどくさそう。
これなら直接行った方がいいや。。。


SFC修行の観点では?


もともとPP単価だけ考えると、2倍になる国内線を絡めないとキツい。
しかし、そこを割り切って国際線の長距離で攻める場合。。。

  1. 東京→台湾(往路&日本発着なのでPP1.5倍、乗継SP可)
  2. 台北→東京→ロサンゼルス→東京→台北(楽さを求めて自力でUG or ビジネスクラス)
  3. 台湾→東京(往路&日本発着なのでPP1.5倍、乗継SP可)


んー。
入れ子(なんて言うんだっけ?)がANA的にOKかは知らない。


というか。


そもそも、海外発券分はANAにこだわらずスタアラ便で格安を探した方が取得PP変わんないしコスパ良いのか。
ANA枠2.5万PP確保用ならあり得るが。
ちょっとプラチナ2年目志向がチラついてしまった。


リンクなど。


ANA台湾(日本語)。

ANA, All Nippon Airways web site | ANA - Taiwan


ANAの国選択ページ。

ANA SKY WEB - ANA Worldwide Sites
※ANAのTOPページが海外版になってしまったら、ここで直せる


代理店(台湾発券)。
NHの項を参照。
勝美旅行社



まとめ


今年は個人的に貴重なプラチナの年なので、ANA便で色々乗れればいいかなぁ、と。
それから、長距離路線。
できれば、ビジネスで楽して行きたい。


しかし、定まらず。


マイルでビジネスか?
エコノミーUGで、多少なりともマイル/PPをとりにいくか?
スカイコインとか使って?
それならいっそ、海外発券も絡めちゃう?


というか、そもそもANAにこだわらなければ。。。


うーむ。


定まらず。


そもそも休みが、、、
休みの予定が、、、


こうして、徐々に発券時期が遅れていく。
毎回、後悔しているコトではあるんだが。。。


人は。


いくつになっても、学ばないんだな。


そう思いました。


http://www.bousaid.com/entry/2014/02/09/130715
http://www.bousaid.com/entry/2014/02/09/130715



ビジネスクラス カテゴリーの記事一覧 - やじり鳥