読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

「生命保険料控除」用に考える個人年金の東京海上「5年ごと利差配当付個人年金保険」

節税 保険

「個人年金」に加入すると、「生命保険料控除」がうけられる。
どの程度の節税になるか?
つまり、お得なのか?


人によるが、所得税と住民税を合わせて、、、
年間で約5000円~10000円だけ税金が安くなる。


という話が以下。



「個人年金」に入ると「生命保険料控除」による節税でいくら得するのか - やじり鳥


今回は、その続きにて。
メモ。


それで、結局どーゆー「個人年金」に加入すればよいか?


控除の上限を考えると、月額6700円程度。
つまり、年間の支払額が約8万円。


加えて、控除を受けるための条件は、、、

  • 年金受け取り開始までに、10年以上の支払期間があること
  • 年金受け取り開始は60歳からで、受け取り期間が10年以上か終身であること
  • 上の条件を含む、「税制適格特約付」であること

No.1141 生命保険料控除の対象となる保険契約等|所得税|国税庁


この条件に対応しており、1万円/月の支払いが可能な「個人年金」を探してみた。


ちょっと探して、以下の2つをチェック。

東京海上 5年ごと利差配当付個人年金保険
JA共済 予定利率変動型年金共済 ライフロード


参考にしたのはMONOQLOの保険ムック「保険完全ガイド」。



自分はコレを毎回買っていて、変遷も含めてチェックしている。
中身はあんま理解できてないけど、毎回楽しく読んでいる。
ただ、これに書かれてあることが、全てアレかというと、まぁ、何というかアレです。
必ずネットでも調べてからアレした方がよい。
結局、「自分に合うかどうか」は、自分にしか分からないと思うので。


それはさておき。


「完全ガイド」でオススメされていた東京海上「5年ごと利差配当付個人年金保険」。
それから、探してて見つけた、月額が安く始められるJA共済の「ライフロード」。


東京海上の方は資料請求したり、ちょっと検討していた。


f:id:tonogata:20150304073656p:plain


しかし、結局やめた。


なんていうか、税制適格でいうと「60歳まで支払いが必須」。
かなり長期間に渡って支払う必要がある。


そして、60歳前に解約とかすると、基本的には元本割れ。
つまり、解約はできない。
というか、しない。


得られるリターン(支払い総額に対して増える分)は、だいたい10%~20%。
シミュレーションはコチラ。
基本年金額試算(見積り)|個人年金保険|東京海上日動あんしん生命保険


20~30年とか貯め続けて、最終的に増える分は+10%~20%。


保険は、最終的な返戻値を複利換算して考えると良いらしい。


資産運用面から考える生命保険「予定利率」の問題点


個人年金で毎年1万円節税しよう ← 実は危険だよ!


なるほど。
そーゆーもんなんすね。


それで、、、
↑の場合、複利に換算すると、利差配当と節税分なしで、0.5%。
複利計算(利率) - 高精度計算サイト


んー。


なんというか、アレだなぁ。


解約できない数十年の支払いを開始するって、結構勇気いるなぁ。
リターンも思ったより大きくないし。


個人的には、決心つかないや。


そう思いました。


もうちょい良さげな商品が出るまで、様子見かな。


もしくは、保険完全ガイドにあったプルデンシャルの方とか?
リターン重視(リスクあり)とか。


なんか考えよう。



保険 カテゴリーの記事一覧 - やじり鳥