読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

「AppleWatch」をヨドバシで試着したレビューと、「AppleStoreOnline」で予約した結果などのメモ

AppleWatch iPhone スマートウォッチ

「AppleWatch」の予約受付が、4/10(金) 16:01より開始したっすね。


安い方の「Apple Watch SPORT」は、速攻で4/24発送分がなくなり、6月発送になってました。
一部のモデルは、まだ5月発送がある模様。


「AppleWatch」は、2007年くらいからスマートウォッチ(当時で言うBT Watch)を、文字通りウォッチしてきた自分としては、買わざるを得ない。
すでにSonyのスマートウォッチ「SmartWatch3」(SWR50)を売却して、準備万端なのだ。。。


www.bousaid.com


それで、今回は

  • ヨドバシで試着しつつ
  • Apple Store Onlineで予約

という運びとなった。


そこら辺の話について、メモ。



ヨドバシやビックカメラで試着できる


何とか試着してから予約しようと思い、仕事が終わってから夜にヨドバシに直行したっす。
http://www.yodobashi.com/ec/feature/197603/index.html
ちなみに、↑に記載の店舗でしか試着できないので注意。


また、ビックカメラも同様に一部の店舗で試着が可能。
http://www.biccamera.co.jp/shopguide/report/macshop/applewatch.html


ヨドバシもビックカメラも、オンラインストアでの扱いはない。
いずれも、一部のリアル店舗のみで取り扱い。


伊勢丹新宿でも試着はいけますね。
https://www.apple.com/jp/retail/isetanshinjuku/



ヨドバシのポイントはつくが、「入荷時期は未定」


まず、ヨドバシでの予約や購入情報について。


試着が可能なのは、一人15分まで。
お客さん一人につき、店員が一人ついて、付け方や操作方法を教えてくれる。


試着が可能なのは、一人3本まで。
自分は、

  • 「AppleWatch」のリングブレス 42mm
  • 「AppleWatch SPORT」の42mm
  • 「AppleWatch SPORT」の38mm

をチョイスした。


あらかじめ、試着したいのを3つ選んでおくと良いかと。


次に、店員さんに確認した情報。


ヨドバシで、そのまま予約も可能。
ただし。
全モデル入荷時期未定。
どのモデルが、どのくらい、いつ入ってくるか、全く分からないとのこと。


少なくとも「Apple Store Online」では、発送時期が分かる。
なので、ヨドバシで買った場合は、そこら辺がネックになるかなぁ、と。


ただ、ヨドバシで買うと、ヨドバシのポイントがつくとのこと。
現金は3%、クレジットカードは1%。



アルミ「SPORT」と、ステンレススチール「Apple Watch」の質感の違い


アルミを使った安めの「SPORT」と、ステンレススチール(ss)を使った高めの「Apple Watch」。
この質感の違いを確かめに行ったんだが、、、


やはり、素人目にも質感の違いは大きかった。


それも、想定外の形で。。。


個人的な所感としては、、、
SSを使った「Apple Watch」は「高級感がある」というより普通、、、
それより「SPORT」のアルミに、ややプラスチック感が目立った。
特に、リューズ(デジタルクラウン)のあたり。


f:id:tonogata:20150411010656p:plain


その上で、「Apple Watch」のSSがいいかなぁ、と。
金ピカでデカいリューズは、バロン ブルーみたく目立ってかっこいい。
最高だ。


もちろん、個人の感想なんでアレですけど。


しかし、本体がステンレススチールの「Apple Watch」になると、一気に値段が高くなる。
「SPORT」との価格差は、2.4万。


マジ高い。
ただまぁ、上記の理由から自分は「Apple Watch」の方にしておいた。



「Apple Watch」本体ケースのステンレススチール「316L」とは


「Apple Watch」のケース(腕時計本体)に使われているステンレススチールは「316L」らしい。

驚くほど錆に強いアロイである精錬された316Lステンレススチールを選び、それを冷間鍛造で最大80パーセント硬くしました。
鏡面仕上げを施すために不純物も削減しました。
スペースブラックのステンレススチールにはダイヤモンドライクカーボン(DLC)をコーティングし、独特な表情を持たせています。

http://www.apple.com/jp/watch/apple-watch/


「316L」は、腕時計のベルトとしてよく使われる。
錆びにくく、外科用のメスに使われるなど金属アレルギーにもなりにくい。

Stainless steel is used for jewelry and watches with 316L being the type commonly used for such applications.
It can be re-finished by any jeweler and will not oxidize or turn black.


この「316L」は、ゼニス、パネライ、ブライトリングなんかも使ってるらしい。
時計のステンレス①(316L)|ウォッチ ホリック watch holic


個人的にはIWCのマーク系に使われるSS 5連ブレスとか、粒度感といい、ピカピカ感といい、好きなんだな。


f:id:tonogata:20150411102356p:plain


そのIWCも「316L」を使っているらしいが、うわさ話なのでソースは不明。


腕時計に使われるSSでは、他にロレックスが使っている「904L」がある。
ロレックスに関しては、公式HPで「904L」であることを謳っている。

1985年より、ロレックスは時計ブランドとして初めて、すべてのスチール製モデルのケースに耐蝕性に優れ、格別に美しい光沢仕上げが可能な合金904スチールを使用するようになった。

http://www.rolex.com/ja/about-rolex/materials.html



ステンレススチール「316L」を使った「リングブレスレット」


さて。


「AppleWatch」のケースが、機械式時計によく使われる「316L」なのは分かった。


では、ブレスはどうか?


「リンクブレスレット」は、ケースと同じ「316L」を使っている。


f:id:tonogata:20150411013058p:plain
119,800円(税別)


このブレスになると、また値段が一気にあがる。


一番安いスポーツバンドとの差額は、、、
4.8万円。


なんと、ステンレススチールのブレスだけで、4.8万円する。


そして、このステンレススチール(316L)に、DLCコーティングをかましたブラックモデル。
これは更に、1.3万円プラス。
スポーツバンドとの差額は、、、6.1万円。


f:id:tonogata:20150411013257p:plain
132,800円(税別)


やー、総額13万ですか。。。
※税抜


まぁ、機械式時計だと、ステンレススチールと皮バンドの差額が10万円以上したりする。


前述のIWCの5連SSブレスは、皮バンドモデルと比べて、、、
差額10万円。
ステンレススチールのブレスだけで、10万円するんだよね。。。


なので、まぁ「AppleWatch」のSSが高いのは、別に良いんだけど。。。


実際に見てみた質感。


同じ「316L」でも仕上げによって質感は違うらしく、「Apple Watch」の「リングブレスレット」の「316L」は、、、
個人的にピンとこなかった。


なので、試着時の本命は「リングブレスレット」だったが、値段も高いしやめて、一番安い「スポーツバンド」にしておいた。
「Apple Watch」+「スポーツバンド」という組み合わせ。


やっぱ、店頭で質感を見るって大事だなぁ、、、と。


もちろん、これも、個人の感想です。
自分は価格とのバランスで「リングブレスレット」をやめたが、カッコよさだけ考えたら、やはり「AppleWatch」+「リングブレスレット」が最高だと思ってます。
まぁ、お値段がね、、、やっぱり。


ちなみに、「リングブレスレット」は、コマの1つ1つ自分で取り外してサイズ調整が可能。
特別な機材は必要ない。
コマの後ろにある凹みボタンを指で押しながら、スライドさせるだけ。
※↓に記載のベルト着脱と同じ機構


f:id:tonogata:20150411104932p:plain


めちゃくちゃ良く出来ている。
その機構には惚れた。



一番安い「スポーツバンド」はどうか?


「AppleWatch」は、ブレスの取り外しが可能(できないモデルもあるらしい?)。
時計本体の裏に凹みボタンがあり、それを押しながらベルトを横にスライドさせる。
「リングブレスレット」のコマ調整と同じ方式。


f:id:tonogata:20150411104557p:plain


めちゃくちゃ良く出来ている。
ベルト交換が、特別な機材も必要なく、自分で可能。


そして、色んな会社からブレスが売られるんじゃないかな?と。
期待している。


実際にそうなるかは不明。


そこで、期待を込めてベルトは一番安い「スポーツバンド」にしておいたんだな。


ちなみに。


「スポーツバンド」は、正直、装着方法がちょっと特殊で、微妙だと思っている。
買ったけど。。。


f:id:tonogata:20150411105207p:plain


これ、一度腕に装着してから、手首の内側、つまり手首と装着済みのベルトの間に、余ったベルトを差し込む形。
実際にやってみたが、ちょっとフィットさせるのにコツがいると思った。


まぁ、慣れれば問題ないかもしれない。
しかし、インプレッションでは、、、微妙だかなぁ、と。



「Apple Watch」に「Apple Care+」は必要か?


「Apple Watch」にも「Apple Care+」が用意されている。
ソニーSW2では「3年ワイド保証」が用意されていなかったので、これは嬉しい。


f:id:tonogata:20150411113721p:plain


「Apple Care+」は有償の延長保証サービス。
しかし、家電店の「延長保証」と異なり、「水没や落下破損も対象」になる強力な保証。


ただし、修理や交換が無料になるわけではない。
定められた「修理・交換費用」の上限が決まるだけ。


また、サービスを受けられるのは、2年間で2回。


製品によって値段は異なる。


AppleCare+ for Apple Watch - Apple(日本)
AppleCare+ for Apple Watch Sport - Apple(日本)

製品 加入料 修理・交換費用
AppleCare+ for Apple Watch 8200円 9800円
AppleCare+ for Apple Watch Sport 5800円 8400円


つまり、「Apple Watch」の場合、2年間で2回までは、特別に故意と認定されない破損であれば、最大9800円で新品同等品と交換が可能。
加入料は8200円。


保証の対象範囲も広く、別売りで買うと高そうな「マグネット式充電ケーブル」も範囲内。

  • Apple Watch本体
  • バッテリー
  • 付属のマグネット式充電ケーブルと電源アダプタ


これをどう考えるかは、まぁ、人によるかと。


個人的には、心の平安のために加入した。
「もし落としたら・・・」とか、あんま気にしたくない。
ただまあ、保険業界の「良き隣人、良きカモ」といえよう。


ご参考まで。



予約した結果、発送時期は、5月・・・


さて、予約した結果。


f:id:tonogata:20150411114519p:plain

出荷予定日 4-6週
お届け予定日 5/12-5/22


なんと、5月になってしまった。。。
4/24組から、大きく出遅れる結果に。


そして、お値段。
「Apple Watch」×「スポーツバンド」+「Apple Care+」、送料無料。
合計は、86,400円。。。。


積んだ。。。


いやー、まじハンパない。
時計で8.6万とか。


自分は機械式時計は好きで良く雑誌を読むが、高い時計はしないので、1回も買ったことない。
基本的に、安いデジタル時計か、Gショック。


今まで買った時計での最高額となった。


ハンパねぇ。。。



まとめ(眠れる奴隷)


「Apple Watch」はどうなるかな?


まだまだ発展途上すぎて、スマートウォッチ全般が大きく普及するとは思えないけど。


充電がマグネット式になって運用が楽になりそうなのは、救いだ。
自分はソニーのスマートウォッチの充電運用がキツくて売ったので。


それもでもまぁ、まだまだ。。。


こーゆーモノは、メーカーの夢とエゴ、ユーザーの夢と人柱精神で育っていくんだろうな。


しかし、8万円の出費。
これ。


ハッキリいって、コレはどうなんだ?
という。


これを、自分で、どう整理すれば良いのか。。。

彼らがこれから歩む『人柱の道』には、何か意味があるのかもしれない……

彼らの苦難が……どこかの誰かに希望として伝わって行くような、何か大いなる意味となる始まりなのかもしれない…

無事を祈ってはやれないが、彼らが『眠れる奴隷』であることを祈ろう……
目醒めることで…何か意味のあることを切り開いて行く、『眠れる奴隷』であることを…

※ジョジョ5部「眠れる奴隷」


Oh。。。
荒木先生。。。


分かりました。。。
いま、『覚悟』を、言葉ではなく、『心で』理解できた。


流行り、、、やがて廃れ、、、
取り残され、、、後悔に苛まれる。。。


『人柱』の、『運命』は、変わらない。


しかし、眠りから『目醒め』、『運命』を『覚悟』して
『人柱の道』を歩む者の精神、『黄金の精神』が、
『人柱の道』の先にある、、、
『輝かしい完成品』に、つながるかもしれない。

俺たちが『事前予約』まで到達した事が、、、完全なる勝利なのだ。
これでいいんだ全ては、、、
運命とは眠れる奴隷だ、、、。
俺たちはそれを解き放つ事ができた、、、。
それが勝利なんだ、、、

※ジョジョ5部「眠れる奴隷」


Oh。。。
ブチャラティ。。。


ジョジョは・・・
いつも、不必要な出費を励まし、後押ししてくれるぜ。


ディ・モールトグラッツェ。


ということで、解決。
気持ちスッキリ。
万事オーケー。


後は5月の入荷を待つことのみ。


うぉおお!
盛り上がって参りましたぁ!!!


www.bousaid.com