読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

タイ「サムイ島」チャウエンビーチのショッピングモール「Central Festival」駐車場で爆弾テロ?

タイ ビーチリゾート

タイのサムイ島。結構好きでよく行くんですが。
4/10、ショッピングモールの駐車場で、車に積まれた爆弾が爆発して怪我人が出ていました。。。


7名が怪我をされたとのことで、6人がタイ人、1人がイタリア人の子供だったそうです。
ちょっと気になったので、経緯をみていたんですが。


メモにて。
※まだ犯人は特定されていない


news.biglobe.ne.jp


場所は「チャウエンビーチ」という、サムイ島の一番人が集まるビーチ。
個人的に良く滞在するビーチでもあったので、ショック。。。


対象の「Central Festival」はコチラ。


場所。
https://www.google.co.jp/maps/place/Central+Festival+Samui/@9.5315077,100.0621145,18z/data=!4m5!1m2!5m1!1b1!3m1!1s0x0000000000000000:0x082421fa4b9f6bb3


お店(サムイ島公式HPでの紹介ページ)。
www.kosamui.com


f:id:tonogata:20150418151119p:plain


とりあえず、予定されていたソンクランのイベントは続行、「Central Festival」の駐車場は警備強化で、利用のために写真付きIDが必要になったようです。
Security stepped up in Samui – Photo ID needed to enter Central Festival Car Park - Samui Times


それで。。。


テロだったのか?
なんだったのか?


まだ分かってないようです。
監視カメラに写った紺色の服を着た男が、容疑を掛けられた上で無関係と分かって釈放されたり。
fbで犯行を仄めかしていた赤シャツ隊(タクシン派)の男が容疑を取調中の模様。

redshirt suspect “M Redshirt” is still being detained by the military for questioning after a message posted on his Facebook indicating imminent bomb attack in Samui.

Politicians in South involved in Samui bombing - Samui Times


サムイ島もどんどん発展してきてるけど、こーゆー事件が起きると、ちょっとショックを受ける。
結構前のバリ島DPS空港の時や、グアムの無差別殺傷事件の時もそうだったけど。


元々、サムイ島は観光面で「安全」をおし出していて、ビーチに警備員がいたりとか。
まぁ最近、ボランティア警察が、酔っ払って警察官と撃ち合うというのもあったけど。
メナムビーチで。
http://www.samuitimes.com/fatal-shooting-in-maenam/


それでもまぁ、個人的には比較的、平和な印象を持ってるんですが。
※観光で行く分には。中に入っていくと、どこのリゾートも闇は深そう
もともと西洋人パッカー向けアイランドとして発展してきたイメージで、雰囲気が緩いタイの中でも、特に緩くてピースフルな。
街の雰囲気がそーゆー感じで。
プーケットと違って、空港を所有するバンコクエアウェイズが昔は(ほぼ)独占路線にしていた経緯からか、今でもツアー旅行客も少ない方ではあるし。
適度に観光地化されてるっても過ごしやすいし、レンタルバイクで島を一周したりするのも楽しい。


関係ないが、パッカー×ビーチアイランド、という意味では「ザ・ビーチ」というレオナルド・ディカプリオの映画はスゴク面白い。
オススメ。
コレはサムイ側でなく、プーケット側のピピ島を舞台とした映画(本)だけど。


ザ・ビーチ (特別編) [DVD]

ザ・ビーチ (特別編) [DVD]




そーいや、昔と比べて、サムイ島も今は中国人観光客が増えたっすね。
まぁ、どこもそうだけど。
個人的には中国も中国人も好きだし、アジア人が少ないところだと心強くもあったありするが(華僑の宿にはお世話になった・・)、やっぱ今までいなかったトコロに大挙してくるので、観光地の雰囲気が「ちょっと変わる」という側面もある。
ツアーで大挙して押し寄せるので、サムイ・タオあたりはスゴい。
逆に、ツアーに組み込まれていないパンガンは、若干少なめではある。
そこら辺は、海外旅行時にネックになる「ビザ取得の難しさ」からきているらしく。
ツアーだとビザがとりやすいとのことで。


昔「コカコーラ・ライン」という言葉があった。
世界地図を広げて、飲料の「コーラ」が普及している範囲を線で書き込み、西洋文明の浸透度を可視化する、みたいな。
それ風にいうと「チャイナ・ビザ・ライン」。
もしくは「チャイナ・ツアー・ライン」?
ツアー対象の範囲を越えると、ピタリといなくなる、みたいな。
バリ島はすごいけど、一歩先のギリ諸島にはいない、とか。
クアラトレンガヌはスゴいけど、プルフンティアンまで行くといない、とか。
そーゆーのが絵的にあると、旅行先の選定も分かりやすいだろうな、と。
旅行テーマは、「チャイナ・ビザ・ラインを越えて」とか「(俺以外は)チャイナ・ビザ・ラインで捕まえて」みたいな。
ポエジーな設定が可能。


そーゆーことを、ちょっと思った。
特に意味はない。


んー。


なんか全然関係ない話になったな。
まぁいいや。


そんな感じ。


www.bousaid.com