読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ドンキホーテ「余った外貨がドンキでつかえる」全店舗キャンペーン

旅行用アイテム

ドンキホーテで、余った外貨で買い物しつつ、お釣りは日本円でくれる、というキャンペーンが始まってた。


ドン・キホーテ/外貨によるレジ精算サービスを開始 | 流通ニュース

アメリカドル・人民元・ユーロ・タイバーツ・韓国ウォン・香港ドル・台湾ドル 上記7カ国の外貨(紙幣)でお買い物できるサービスを全店で実施! (5月11日~6月30日まで 7月1日からは一部店舗での実施となります。)


f:id:tonogata:20150516174349p:plain


対象の外貨は以下。

  • アメリカドル
  • 人民元
  • ユーロ
  • タイバーツ
  • 韓国ウォン
  • 香港ドル
  • 台湾ドル


注意点。

  • 紙幣のみ対応
  • 両替は不可。あくまで支払い。
  • レートはその場で店員に確認
  • 電子マネーへのチャージは不可


ドンキホーテは、今年の2月に「外貨によるレジ精算サービス」を開始していた。

2015 年2月 18 日(水)
『外貨によるレジ精算サービス』開始!
~国内初!!外貨7通貨での精算サービスがスタートします!~

http://www.donki.com/shared/pdf/news/co_news/1873/150217_h8zOU.pdf


これ、訪日外国人客の取り込みの一環として始まった、と。

「自国の通貨で精算したい」・「自国の通貨と混ぜて、日本円を使い切りたい」という訪日外国人観光客のお客さまの声から生まれた新しいサービスです。


それが、この5月に日本人向けにも拡大された。

『外貨によるレジ精算サービス』全店提供!
~国内外すべてのお客さまが外貨でお買い物いただけます!~

http://www.donki.com/updata/news/kokunai_gaishi_seisan_qYxWW.pdf


日本人がタンス貯金化している外貨を、使えるようにしてくれたとのこと。

これまで訪日外国人観光客向けのサービスとして提供していましたが、2015 年現在、2011 年の約 1.5倍(米国ドル)まで円安が進んでいることなどから、「海外旅行や出張などで残り、タンスに眠った外貨を使いたい」という国内のお客さまの声にお応えし


なるほど。


確かに、自分も「もう2度と行かないだろうな」という国のお金がある。
捨てる?ワケにもいかず、ファイルに整理して保管している。


www.bousaid.com


保管しているが、

保管して、どうするのか?

という展望がない。
用途がない。


まぁ、記念の品というか、コレクションみたいなもんだよね。
とか思うけど。
それなら、紙幣の種類毎に1枚でいいよね。
という。


まぁ、あんま深く考えるのはよしておこう。
いつか、何かに役に立つかもしれない。
※ダメなパターン


関係ないが。
ドンキのIR資料に「免税品の売り上げ構成比が高い店舗ランキング」があった。
大阪の道頓堀店や、沖縄の国際通り店。
ここら辺は、3割くらいが免税品の売り上げらしい。


沖縄?
そうなのか。
駐屯してる人とかも、そーなるのかな?


単純に、外国人旅行者による売り上げの比率が高いのかな?
どうなのかな。


http://www.donki-hd.co.jp/ir/library/img/newsletter/pdf/ereport2015_01.pdf
※P5


そんな感じ。


www.bousaid.com