読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

旅行で超お役立ちのAnker「PowerIQ」対応の「4ポートUSB急速充電器」と「5ポートUSB急速充電器 ACアダプタ」の違い

Anker モバイルバッテリー 旅行用アイテム

旅行先のホテルで、コンセントが少ないと、スマホの充電に困る。
ちょー困る。
スマホも、モバイルバッテリーも、AppleWatchも、モバイルルーターも、充電したい。
同時に充電させてください。


なので、1つのコンセントで、USBを複数同時に充電させるヤツ。
これ。
「USB充電器」が欲しい。
当然、急速充電に対応してるヤツ。


それでまぁ、定番のAnker「5ポートUSB急速充電器 ACアダプタ」を使ってるんだけど。



5ポート、ACアダプタ外付け。
これより多い6ポート版もあるが、まぁ旅行用途だと5ポートで十分。


すげー便利なんだけど、1点だけ不満があって。


やっぱ「電源コード」って、収納スペース消費するよね、っていう。
「USBコード」とかは、最近どんどん細いのが出てきてるけど、「電源コード」は依然として固いし、収納しにくい。


そこで、ケーブルレスなUSB充電器。
これが欲しいな、と。


それで今回買ったのは、こちら。
4ポート、ケーブルレス。
壁のコンセントに直接さして使う。



ちなみにAnkerの製品ラインナップ上、ケーブルレスなのは4ポート版のみ。
(2ポート以下のは別として)


f:id:tonogata:20150701011815p:plain:w400


しかも2つ買った。
1つは職場での据え置き用。


f:id:tonogata:20150701011840p:plain:w400


どじゃーん。


f:id:tonogata:20150701011927p:plain:w400


日本語の説明書が入ってました。


f:id:tonogata:20150701011946p:plain:w400


Anker「4ポートUSB急速充電器」。
中身を取り出してみる。


f:id:tonogata:20150701012004p:plain:w400


「5ポートUSB急速充電器 ACアダプタ」と比べてみる。


f:id:tonogata:20150701012957p:plain:w400


4ポート版は、かなり小さくなったのがイイすね。


f:id:tonogata:20150701013101p:plain:w400


ここで1つ、購入する際の注意点。
型が古いと「PowerIQ」搭載でなかったり、一部のポートだけ「PowerIQ」だったりする。


ちなみに「PowerIQ」は簡単に言うと「機器に合わせた最適な電流で、なるべく早く急速充電」というAnkerの技術。
第692回:PowerIQとは - ケータイ Watch Watch


以前、自分がテストした時には、Anker「4ポートUSB急速充電器」はきっちり急速充電できてました。


www.bousaid.com


それはさておき。
古いモデルの「PowerIQ」問題に戻る。


以下は、最新モデルの、全ポートが「PowerIQ」の例。
全ポートが「PowerIQ」であることを示すグレイの線が、全てのUSBを囲っている。


f:id:tonogata:20150701011332p:plain:w400


以下は、一部のポートが「PowerIQ」の例(過去モデル)。
グレイの線で囲まれているのは、上の2ポートのみ。


f:id:tonogata:20150701011506p:plain:w400


買う際には、全ポート「PowerIQ」な最新モデルであることを、チェケらっちょすると良いかと思います。


個人的には、「5ポートUSB急速充電器 ACアダプタ」も気に入ってるんですけどね。
例えば、ホテルの部屋の、地面に近い下の方にコンセントがある場合。
電源ケーブルがある「5ポートUSB急速充電器 ACアダプタ」なら、デスクの上に本体を置いて充電できる。
「4ポートUSB急速充電器」の場合だと、長いUSBケーブルを持ってないと、デスクの上に置けない。


ただまぁ、大抵のホテルって、デスク上にコンセントあるよね、っていう。


なので、旅行中の荷物を少しでも小さくしたいシーンでは、「4ポートUSB急速充電器」。
こっちなのかな、と。


そう思いました。

※2015/12/05追記
本製品は割と不良品率が高かったりするようなので、ご注意ください。
↓コメント欄など参照。


www.bousaid.com


www.bousaid.com