読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

BOSE「QuietComfort20」(ノイズキャンセル・イヤホン)が故障したので、修理に出したら新品交換で15120円だった

ノイズキャンセリング 旅行用アイテム BOSE

BOSEのノイズキャンセリング・イヤホン「QuietComfort20」を使ってるんですが、壊れちゃいまして。



飛行機に乗ることが多かったので購入したんですが、フライト中はもちろん、通勤時の電車や職場でも大活躍。
かなり重宝しておりました。


www.bousaid.com


しかし、いつからか徐々に音が乱れるようになり、、、
聞くに堪えない状態。
自然故障?
どこかで踏むなり圧迫するなりしちゃっただろうか。
いずれにせよ、これはもう修理しかないなと。


ただ、無償で修理可能な保証期間は、1年間。
この1年をちょっと過ぎちゃってたので、有償修理なんすよね。
残念。。。


それでまぁ、実際に有料修理したメモにて。


公式サイトの修理情報は下記。
修理のながれ | 修理について | 一般家庭向け | Bose ボーズ


まず、最初にすべきことは、電話か持ち込みで症状を伝えること。


電話は面倒だったので、BOSEショップへの持ち込みにした。
店舗一覧 | ボーズ直営店 | Bose ボーズ


いざ修理依頼をする際にも、BOSEショップへの持ち込みなら、

  • 修理工場に無料で送付してくれる
  • 書類の記入等も、住所・名前以外は不要(あとは店員がやってくれる)

というメリットがあるらしい。
宅配で製品を送って修理してもらう場合、送料はユーザー負担なんすよね。。。


それで、BOSEストアの店員さんに相談してみると、、、
「QuietComfort20」については、「修理」というより、「有償での新品交換」になるとのこと。
※新品交換でなく「修理の見積りが知りたい」ときいてみたが、NGとのことだった


お値段は?
15,120円。


おおぅ。


さすが定価37,800円のイヤホン。
新品交換1.5万が、高いのか安いのか判断に困る。
安いと言えば安いんだが、さすがに1年で壊れるとは思ってはなかったからなぁ。。。


うーむ。


他製品への乗換えも頭によぎったが、とりあえず今回は有償修理をお願いすることにした。


さて。

  1. 形式上の「見積り」(新品交換なので)に数日
  2. メールor電話で「見積額」に承諾してから数日
  3. 代金引換の宅配(ヤマト)で交換品が届く

※代金は現金のみ、クレカやおサイフケータイはなし


届いたのが、こちら。
イヤホン本体と「StayHear+チップ」の簡易包装。


f:id:tonogata:20150906162955p:plain


「StayHear+チップ」は「Sサイズ」「Lサイズ」ともに新品で付いてくる。
ケースなど他の付属品はもらえない。


f:id:tonogata:20150906163126p:plain


新品なり。
バッテリーも新品になったのは、新品交換のメリットかな。
消耗品なので、どうしても充電性能がおちてくる。


f:id:tonogata:20150906163217p:plain


明細を見ると、本体交換は「14000円」の記載。
税込で15,120円。


f:id:tonogata:20150906163450p:plain


新品交換すると、「修理日」から1年間の保証がつく。
手元に届いた日でなく、明細に記載の「修理日」。

今回、修理日より新たな1年保証が適用されます。


さて。


次の1年は無事に過ごすことができるかな?
今回はちょっと運が悪かった。
できれば2年くらいはもって欲しいところだが。。。


そう思いました。


www.bousaid.com