読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

「iPhone6s」専用ケース「Anker ToughShell」を買ったが、充電ケーブル刺さらず。ライトニングケーブル4本のテスト結果。

Anker iPhone iPhone6s

モバイルバッテリーで有名な「Anker」から、「iPhone6s」専用ケースが出ていたので、ポチり。
iPhone6sと6は微妙にサイズが違うので、やっぱ専用設計だと安心感あるかな、と。


iPhone 6s/6専用設計: 本製品は2015年発売のiPhone 6s用に設計された最初のケースの1つであり、 iPhone 6sにぴったりとフィットします(iPhone 6にもお使いいただけます)。
強力な衝撃保護: 4つの端部および側面を強固に保護。お使いのiPhoneを衝撃や落下から保護します。
衝撃吸収: 丈夫なTPU素材を用いた本製品は、端部や背面パネルを支えShockShieldテクノロジーにより衝撃を吸収・分散し、iPhone本体への衝撃を最小化しています。


このケースの趣旨は、衝撃吸収。
厚みはそこそこあるが、ガッチリと頑丈な作りになっている。


届いたケースを見ると、見慣れぬ黒い箱。
モバイルバッテリーの白系と違って、黒なんすね。


f:id:tonogata:20151006233732p:plain


微妙に高級感がある包装で驚いた。
印象よいよね、と。


f:id:tonogata:20151006233819p:plain


背面。


f:id:tonogata:20151006233901p:plain


内側。


f:id:tonogata:20151006233938p:plain


早速iPhone6sを入れてみると、、、
パーフェクトな装着感。


f:id:tonogata:20151006234001p:plain


出っ張ったカメラも、ちゃんと保護されてました。
林檎マークは不要。隠れてても良かった。


f:id:tonogata:20151006234017p:plain


電源ボタンも保護されるが、押すのに苦はない。
「ANKER」のロゴが見える。


f:id:tonogata:20151006234201p:plain


音量も、ちゃんと押せる。
ただし、音量ON/OFFのスイッチは、穴の深みにあるので、爪でひっかけて操作する感じ。
やや操作しずらいが、慣れるんじゃないかと。


f:id:tonogata:20151006234243p:plain


問題は、充電ケーブル。
ちょっと深いが、、、ケーブルとの干渉はいかに?


f:id:tonogata:20151006234357p:plain


今回試したのは、4種類のケーブル。

  • Apple「純正ケーブル」
  • Anker「第1世代 高耐久ナイロン ライトニングUSBケーブル」
  • Anker「第2世代 高耐久ナイロン ライトニングUSBケーブル」
  • Anker「プレミアムライトニングUSBケーブル」


Anker「高耐久」の世代の違いについては、下記を参照ください。


www.bousaid.com


サマリーだけ言うと、第2世代(改善版)の方が端子がやや大きい。


f:id:tonogata:20150623074555p:plain


では。


早速いってみます。


「第1世代 高耐久ナイロン ライトニングUSBケーブル」は、刺さった。


f:id:tonogata:20151006234453p:plain


「第2世代 高耐久ナイロン ライトニングUSBケーブル」は、NG。
ひっかかって刺さらない。


f:id:tonogata:20151006235320p:plain


「プレミアムライトニングUSBケーブル」も、写真撮ってないがNGだった。
ささらず。


最後に、Apple純正(iPhone6s付属品)は?


f:id:tonogata:20151006235429p:plain


なんと。
純正ケーブル、ささらず。

Apple「純正ケーブル」 ×
Anker「第1世代 高耐久ナイロン ライトニングUSBケーブル」
Anker「第2世代 高耐久ナイロン ライトニングUSBケーブル」 ×
Anker「プレミアムライトニングUSBケーブル」 ×


んー。


充電できねぇでござる。


しかし、Ankerのケース。
Ankerのケーブル、現行製品が全滅な気がするけど、大丈夫かな。
俺氏のが個体差で、不運だっただけかもしれないけど。


iPhone5sの時は、安くて薄めのケースだったので、ケースの充電口を削って穴を広げた。
しかし、今回のケースは厚いので削るのも面倒。


うーむ。


また他のケースを探してみるか。。。


www.bousaid.com


www.bousaid.com