読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

グレッグ・イーガン「ゼンデギ」を読み終わった

久々にグレッグ・イーガンを読んだすね。
その名も「ゼンデギ」。


ゼンデギ (ハヤカワ文庫SF)

ゼンデギ (ハヤカワ文庫SF)


グレッグ・イーガンの本は大抵、自分には難しくて。
よく理解できないんですよね。


ただ今回の「ゼンデギ」は、最後まで楽しんで読めた。


まず、物語の骨子が「父子の家族愛」と分かりやすく、とっつきやすい。
題材も「バーチャルリアリティ」、「脳スキャン」と、比較的?に身近なもので。
それを卑近なモノと言って良いか分からないけど。

現代SF界最高の作家イーガン新作 
記者のマーティンは、イランで歴史的な政権交代の場に居合わせ、技術が人々を解放する力を実感する。
15年後、余命を宣告された彼は、残される幼い息子を案じ、ヴァーチャルリアリティ・システム〈ゼンデギ〉の開発者ナシムに接触する。
彼女の開発した脳スキャン応用技術を用いて〈ゼンデギ〉内部に〈ヴァーチャル・マーティン〉を作り、死後も息子を導いていきたいと考えたのだが……。
現代SF界を代表する作家の意欲作。


ただ、Amazonのレビューとか見てると、、、
「そうじゃないだろう」みたいな反応が多い模様。
読みやすいとか、そーゆーことじゃないだろう、イーガンは。
みたいな。


それはともかく。


親子愛みたいな意味では「あなたの人生の物語」を思い出した。
なんとなく。


あなたの人生の物語

あなたの人生の物語


こっちは母と娘のSFな物語。
心にしみ入る短編だった。


話は戻って、ゼンデギ。


「脳スキャン」のような倫理を揺さぶる技術に直面する、人や企業、宗教者たち、社会。
それぞれが逡巡しつつ、交差しつつ。
人生や、研究や、革命が、進行していく。


場所がイランというのも、いいよね。
西洋からイランに移り住んだ主人公<父>。
ちょっと文化の違い?からの葛藤とか、友情とか、あったりして。


個人的には、物語のラストの、こう、アレ?みたいな部分はあったんだけど。
そーゆー意味では、めっちゃ推しなのかっていうと、まぁアレですよね。


あと、前半はSFっぽくないストーリー展開が、ひたすら続く。
SFだけを期待すると、途中で不安になるのかも。
あれ?これ、いつ始まるんだ?みたいな。


そのうち始まるので大丈夫。
読み進めたら、脳スキャンとか始まるから。


次作の「クロックワーク・ロケット」。
これ、またハードな方向にいっちゃうらしいから、理解の地平線のむこう側にサヨナラかもしれない。
個人的には。


まぁ、読むけどさ。
出たら。


そう思いました。


www.bousaid.com