読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

羽田空港の前泊向け「ホテルJALシティ羽田」のミニレポ

羽田空港に近いホテル 羽田空港 ホテル

羽田空港で早朝便に乗るために、「ホテルJALシティ羽田」に前泊したんですね。
深夜バスも考えたんですが、直前までゆっくりしたいな、と思いまして。
結果的に超短時間滞在だったので、あんまり感想もないんだけど、、、


次回泊まるときのために、メモにて。


ホテルJALシティ羽田 東京
ホテル〜羽田空港間 予約不要の無料シャトルバス運行
空港発16時〜24時 ホテル発4時〜11時20分、羽田空港間、4:00~11:20・16:45~24:40まで無料シャトルバス運行。
京急空港線『穴守稲荷駅』徒歩3分。



場所は「穴守稲荷駅」から徒歩3分


場所は「穴守稲荷駅」ですね。
「穴守稲荷駅」は羽田空港からは京急線で2駅、3分の距離。



道を挟んだ向かい側には、「ホテルマイステイズ羽田」があります。
そっちで「穴守稲荷駅」周辺のラーメンの話とか書いてまして、こっちでは省略にて。


www.bousaid.com


空港からのアクセスは非常に良い。
穴守稲荷駅→天空橋駅→羽田空港。


天空橋にはホテルがないので、実質的には空港外では、最も空港に近いホテルの部類に入ります。



空港までの無料バスは早朝4時から


このホテルは、周辺の他のホテルより朝早くから送迎バスが使えるっすね。
一番早い時間は早朝4時発→4:07に羽田空港(国際線T)着。


時刻表はコチラ。
無料シャトルバス|ホテルJALシティ羽田 東京【公式】


自分はPeach便が5:55発で、1.5時間前には空港に入りたかったので、助かりました。


予約は不要で、チェックアウト後にホテルの横に待機するバスに乗り込むだけ。
一応、ホテルの部屋にもバスの時刻表の紙がおいてあった。


自分がバスを使った際は、13人乗りのミニバンで、乗ってるのは6人でした。
SWの初日でコレなので、早朝便はやっぱ空いてるんでしょうね。



1Fには外貨両替機も


フロントの横に、外貨両替機がありました。
便利すね。


ただし、外貨→円のみですが。


http://www.haneda.jalcity.co.jp/news/dtl_10

外貨両替機(外貨⇒円のみ)を新たに導入致しました。 対応通貨は以下の通りです。
米ドル/台湾ドル/香港ドル/シンガポールドル/ユーロ/イギリスポンド/ウォン/元


f:id:tonogata:20151001000445p:plain


チェックインで並んでる人を見てると、結構外人さんがいました。
ホテルで日本円に両替できると便利かもしれませんね。



朝食メニュー


早朝チェックアウトのため、今回は朝食ナシのプランにした。
ただ、なにやら美味そうなんですよね。


レストラン案内|ホテルJALシティ羽田 東京


朝食が早朝4時から、というのは、結構うれしい。


日替わりの小鉢では、羽田「大谷政吉商店」の佃煮も出るとのこと。

■小鉢(下記メニューから日替わりで4種類)
もずく、切干大根、きんぴら、ひじき、いんげん胡麻和え、煮豆、おから、春雨サラダ、うの花、五目豆、昆布、羽田「大谷政吉商店」の佃煮


佃煮 大谷政吉商店-創業120年 老舗の味




羽田プリン付プラン


羽田名物の「羽田プリン付プラン」という宿泊プランがあるんですよね。


今回は、楽天トラベル経由で「羽田プリン付プラン」を予約。

地元、穴守稲荷で生まれたご当地グルメとのコラボレーション!
アットホームな手作りプリンで一息ついてみませんか?
チェックインの際に宿泊人数分の羽田プリン「大地」をお渡し致します。


羽田プリンと言えば、このお店。


tabelog.com


「羽田プリン付プラン」は価格差的にはそんなでもないんだけど、こう、、、
フロントで地元のプリンをもらって部屋で食すというのに萌えますよね。
やっぱり。


あと、羽田の甘味というと、個人的には「羽田太鼓」とか気になりました。


tabelog.com


「おおたの逸品」にも選ばれたらしい。
http://www.otakushoren.com/pdf/13ippinpanf01.pdf




部屋の様子


当日は、早めにチェックインして、がっつり睡眠をとる予定だったが。。。
結局、仕事の都合でチェックインしたのは0時をまわってから。
滞在時間は4時間程度で、3時間だけ寝てチェックアウトした。


f:id:tonogata:20151001004919p:plain


ということで、特に感想はない。


f:id:tonogata:20151001005039p:plain


まぁ、また機会があれば、泊まってみたいな、と。


そう思いました。


www.bousaid.com