本場のスープカレーはスゴかった。札幌「ピカンティ」で感じる内なる小宇宙(コスモ)。

いやー、札幌。
スープカレー。
ヤバくないすか?

有名な「ピカンティ」に行ったんですが。

ピカンティ 札幌駅前店

メニュー名からして、すでに違う。

ガチのスープカレーは、メニュー名が違う。
さすが本場。

「ピカンティ」の、1996年からのスープの進化を示した、メニュー名の系統樹。

f:id:tonogata:20151225002744p:plain
http://www.picante.jp/about-picabte/

  • 「38億年の風」(スープカレー)
  • 「サマーインニューヨーク」(スープカレー)
  • 「宙おおぞら」(スープカレー)

「VOYAGE PIACANTE XY象SA の進化の歴史がここに!」


何を言っているか良く分からないが、、、
ハンパない。

ただ事ではない。
行くしかない。

f:id:tonogata:20151225004146p:plain:w400

閉店間際に、なんとか滑り込んだ。

狙いは、「アーユルヴェーダー薬膳1/f」。

つまり、それは系統樹的に言うと

  1. アーユルヴェーダーYAKUZEN
  2. アーユルヴェーダーYAKUZEN98
  3. アーユルヴェーダーYAKUZEN2001

を経て、辿り着いたという最新作。

「アーユルヴェーダー薬膳1/f」。

最新の「アーユルヴェーダー薬膳1/f」は、「アーユルベーダー薬膳」にさらに研究を重ねて辿り着いた、ピカンティのメニューの中でも最高峰の逸品。
漢方系スパイスを使った複雑な配合なのです。元気が出るスープカリィーなのです。

https://www.facebook.com/Picantepikanti/app/364094690357638/

漢方系スパイスを複雑に配合。。。
ゴクリ。

早速、いさんで注文しようとしたら。。。

「すみません。30分前に売り切れました。」

おー尿!!
(Oh No!!)

まぁ、しょうがない。
水曜、土曜しか売ってないスープなので、明日のチャレンジもできないし。
次の機会に。。。

代わりに、あっさり系スープのシャンバラの中辛を頼んだ。

f:id:tonogata:20151225005131p:plain:w400

具材はオーソドックスに「PICAチキン」。
990円。

チキンがスープに浸らないよう、土台付きのお皿になっている。
パリパリなチキンが美味しい。

f:id:tonogata:20151225005151p:plain:w400

さて、スープの方は・・・

!!!

やだ。

何コレ。
うまい。

f:id:tonogata:20151225005544p:plain:w400

スパイス?が多方面から、刺激してくる。

口内、喉元、、、
通りながら、スープが体の内側のツボを、満遍なく刺激してくる。
スープが今、体内のドコを通っているか分かる。
あ、いま胃に落ちた。
みたいな。

感じる。
複雑なスパイスに刺激されて、
体の奥深くに秘められた・・・
俺氏の小宇宙(コスモ)が、今、鼓動を刻み始める。。。
これは?

セブンセンシズの開闢まで、あと一息・・・

・・・。

完食。

夢中で食ってしまった。

あれは、何だったのか・・・
ペガサス幻想(ファンタジー)

うーむ。
スープカレー、奥深し。

これは是非、「アーユルヴェーダー薬膳1/f」も食べに、再訪しないとな、と。

そう思いました。

グルメ カテゴリーの記事一覧 - やじり鳥

|TOPページ|記事一覧|プライバシーポリシー|