「Apple Watch」(2015年版)を1年間使った感想。

「Apple Watch」を買ってから、そろそろ1年。
使ってみて、どうだったか?


うーん。


「Apple Watch」は、完成度が高かった。
「無理なく日常生活に取り込める」という意味で、完成度が高い。


生活にスっと入ってきて、ピタっとハマりこんだ。
今ではもう、毎日つけずにはいられない。
便利。


かといって、朝Apple Watchを忘れて家を出たら致命的かっていうと?
そこまでではないかなぁ。


スマートウォッチは、着実に進化してるし、便利。
やっぱ便利。
でも、あと一歩欲しいんだなぁ。


そーゆー感じ?


そこら辺について。


以下、詳細。



身に着けてるから分かる。振動による「通知」。


「AppleWatch」は、メールや電話がきたら、「音」と「振動」で教えてくれる。


「通知」が可能な内容は多岐に渡る。
というか、iPhoneで通知・確認可能なものは、全て「AppleWatch」でも可能
https://support.apple.com/ja-jp/HT204791


「音」は職場で困るので、使わない。
使うのは、「振動」。


スマホの場合、カバンやポケットに入れていると「振動」に気付かないことがある。
AppleWatchは肌に接触しているので、「振動」に必ず気付く。
※アプリごとに通知の有無を設定できるので、量はある程度コントロール可能


通知に必ず気付くので、「通知前提」のスマホやアプリの使い方ができるようになる。
そこが。ちょっと新しい。



メールやLINEは本文が表示されるので、それで完結する


振動と同時に、「AppleWatch」の画面には通知内容が表示される。
表示されるのは、iPhone本体に表示されるモノと同じ
iPhone操作中はiPhoneに通知がくるが、そうでない場合はAppleWatchに通知がくる。


f:id:tonogata:20160404222914j:plain:w300


メールやLINEについては、本文や送信元も表示可能。


f:id:tonogata:20160404223112j:plain:w300
※プライバシーが気になるなら、非表示設定も可能


ポイントは?
「スマホや時計の操作は一切なしで、内容の確認まで完結する」こと
つまり、スマホを取り出さなくても済む。


振動に気づいたら、チラッと時計に目をやるだけ。


もちろん、返信が必要な場合は、結局「AppleWatch」やスマホ側を操作する。
ただ自分の場合、たいていの「通知」は「知ること」が重要で、その場でのリアクションは不要。
雨雲アラートとか、タスクの期限がきた、とか。


そーゆー、アクションが不要な通知については、わざわざスマホを見なくても済むようになる。


一見、「そうかぁ?別にスマホの画面を見ればよくね?」と思う。
フツー、そう思う。
スマホ見るの、そこまで手間じゃないよね、って。


でも、AppleWatchを忘れた日は、やっぱり思ったりする。
「あ、やっぱ時計で通知みれないと不便だわー。。。」って。



必要な情報を選ぶ、コンプリケーション


常時表示の「標準の盤面」で、何が表示できるか。
これ、重要。


デフォの盤面を細かいブロックに分けて、表示したい機能を選択できる。
これが、「コンプリケーション」。


f:id:tonogata:20160404223418j:plain:w300


自分が標準の盤面に設定しているのは、以下。


f:id:tonogata:20160404223433j:plain:w300


「株価」については、iPhoneアプリ側で銘柄を1つ選ぶ。
「天気予報」も、iPhone側で都市を指定。


時間を見るついでに、株価や天気の情報をチラ見できる。
そこがいい。


コンプリケーションには対応アプリが必要で、iOS標準で株価なども対応しているが、それ以外のアプリの数はまだ多くない。
しかし、増えつつある。
ニュースを表示したり、歩数を表示したりすることができる。


今後も徐々に増えていくと思う。
そこら辺は、すごく楽しみ。



「AppleWatch」と「AndroidWare」の違いは、コンプリケーション


ここまでの話は、コンプリケーションを除けば「AndroidWare」でもできる。
https://www.android.com/intl/ja_jp/wear/


問題は、「コンプリケーション」。


自分のスマートウォッチの使い方は、「チラ見での完結優先」
そうなると、コンプリケーションがない「AndroidWare」に戻るのは、ちょっと難しいかなー、と。


「AndroidWare」もウォッチフェイス(デザイン)はカスタマイズできるけど、表示する項目はカスタマイズできない。
Androidスマートウォッチが本当に目指さなければならないこと - 週刊アスキー


そもそも「AndroidWare」は、どちらかというと「対話型」なイメージ。
タッチ・ドリブン、音声入力ドリブン。
まず始めに、ユーザによる操作ありき。
※操作の開始方法の前提が音声だったりした(今は知らない)


でも、、、
タッチであれ、音声であれ、「操作」を始めちゃうなら、スマホで良くない?感が出ちゃうんだよなぁ。。。



ハードウェアとしての、「完成度」


自分は今まで、「Apple Watch」以外に2本ほどスマートウォッチを使った。

  1. カシオのGショック「GB-6900」(AndroidWare)
  2. ソニー「SmartWatch3」(AndroidWare)
  3. 「Apple Watch」← 今ココ


ただ、「Apple Watch」以外は、いずれも長続きしなかった。


何が問題だったのか?


まずGショック「GB-6900」については、Bluetooth接続の不安定さに悩まされた。
時計とAndroid(N-04D)のBT接続が、すぐ途切れる。
そして、なかなか復帰しない。


次のスマートウォッチを探すにあたって考えたポイントは、BT接続の安定感。
そのため、OSやH/Wの「メーカーを統一」した方がいいかな、と。。。


なので、Sonyの「SmartWatch3」が出た時は、飛びついた。

- 時計側 スマホ側
OS Google Google
ハード Sony Sony


OSはGoogleで統一、ハードはSonyで統一。
BT接続の持続性は、悪くない。


いいね!


ただコレ、マイクロUSBの位置が、悪すぎた


f:id:tonogata:20141130173544p:plain:w300
※ゴム蓋をめくって指でおさえつつ、マイクロUSBを挿す必要がある


「ちょっとしたこと」なんだけど、、、
毎日の充電と装着が面倒になり、2ヶ月で手放すことに。
Sonyスマートウォッチ「SmartWatch3」(SWR50)を売ってきた。買取価格をチェック。 - やじり鳥


もうちょい、生活に取り込むハードルが低いというか。
心理的な導入コストの、低いヤツがいい。


ユーザビリティの細部について、配慮した製品。


その点、「AppleWatch」は良さそうに見えた。


充電は、マグネット形式で楽勝。
磁気ケーブルを時計の裏あたりに持ってくだけで、ピタッとくっつく。


f:id:tonogata:20160404224316j:plain:w300


リンクブレスに及んでは、特殊な工具を使わずにコマを1つずつ外して、自分で調整できる。
すげー。


f:id:tonogata:20150411104932p:plain:w300


ブレスの交換も、特別な工具は不要。
ボタンを押しながら、スライドするだけ。


f:id:tonogata:20150411104557p:plain:w300


恐ろしいほどの、作り込み。


そして、OSとハードは、Appleで全て統一。

- 時計側 スマホ側
OS Apple Apple
ハード Apple Apple


当然ながら、BT連動はバッチリ。
Bluetoothが切断されることは、基本ない。
超安定。


うん。まぁ。


そうなんすよねー。


AppleWatchは、心理的な導入ハードルが低いんですよね。


「機能」に満足するかどうかは、人によると思うけど、少なくともソレを判断するために「毎日、腕に巻く」というところまでは、、、
AppleWatchなら到達が容易。


そーゆー意味で、完成度高いよなぁ、と。



結局、機能面ではどうなのか?


「通知」、「確認」、そして「完成度」。
それだけなのか?


自分は今のところ、「それだけ」かなぁ、と。
別に「それだけ」でも充分便利なんだけど、あと一歩欲しい。


次の調査結果も、それをよく表している。


アップルウォッチは“残念” 27%が「友達に薦めない」 | Forbes JAPAN(フォーブス ジャパン)

  • アップルウォッチが現状で最も優れたスマートウォッチであることは疑いの無い事実
  • しかし、ごく少数の例外を除いて、アプリはほとんど役に立たない
  • だから、「友だちに勧めない/あまり勧めない」は、過半数を超える


一方で、「AppleWatch」を気に入って、使い続ける理由もある。

68パーセントのユーザーは「通知機能により、iPhoneをポケットから取り出す頻度が減って便利になった」と回答


やっぱね。
人が、「スマートウォッチ」という響きから夢見ちゃう機能には、未だ及ばないかな、と。
でも使ってると、「近未来的な夢の腕時計デバイス」の、至ってベーシックな要件については、充分に満たしているような気もする。
派手さはないけど、便利になったよな、コレで。
みたいな。



次に欲しい機能


スマートウォッチに欲しい機能は何か?


個人的には、非接触ICが欲しい。
おサイフケータイとか。
モバイルSuicaとか。
Skip(ANA)、タッチ&ゴー(JAL)とか。
そーゆーことができるように。


ただ、誤って時計のデイスプレイが読取機にぶつかると傷が怖いので、「wena wrist」のようにリスト部分を使ったほうがいいのもしれない。
http://wena.jp/


いずれにしろ、地道に「スマホを取り出す回数を減らす」ベクトルの機能性が欲しいな。
非接触ICについては、「AndroidWare」の方ができそうな気がするので、期待している。
(iPhoneはそもそも日本のおサイフケータイ非対応なので)


そう思いました。


スマートウォッチ カテゴリーの記事一覧 - やじり鳥

|TOPページ|記事一覧|プライバシーポリシー|