読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

JALビジネスクラス「B787-800」(JAL SHELL FLAT NEO)に搭乗したメモ(名古屋-バンコク/JL737-JL738)

JAL ビジネスクラス

JALのビジネスクラスに乗ったので、メモにて。


名古屋-バンコク(JL737-JL738)、B787-8(787)のビジネスクラス。
価格やFOP単価はコチラ↓
JAL「名古屋(中部)-バンコク線 ビジネスクラス ダブルFLY ON ポイントキャンペーン」。一撃2万FOP~、FOP単価7.7円。 - やじり鳥


シートは「JAL SHELL FLAT NEO」。
JAL国際線 - JAL SHELL FLAT NEO(ビジネスクラス)


f:id:tonogata:20160518005925j:plain:w500

座席 シートピッチ
Business 60インチ 22.3インチ
Economy 31インチ 17.5インチ

http://www.seatguru.com/airlines/Japan_Airlines/Japan_Airlines_787-800.php?flightno=737&date=


アジア路線なのでしょうがないけど、あんま広くないかな。
以前に乗ったANAのビジネス↓と比べても、ちょっと狭い。
シートピッチが60を越えてこないと、「広いなぁ!」という印象にならないのかな、と思いました。

機材を間違えてたが、よくみたらシートピッチ60はあった模様。
ただ、そんな広い印象じゃなかったなぁ。。。
やっぱシートの形的に、横が仕切られてないとアレなのかな。。。


機内ではあんま映画をみないんだけど、画面はまぁまぁのサイズ感。


f:id:tonogata:20160517235410j:plain:w400


シートはフラットに近い感じで、充分寝ることが可能。


f:id:tonogata:20160518010751j:plain:w400


シャンパンをもらった。


f:id:tonogata:20160518011019j:plain:w400


ご飯は洋食を注文。


f:id:tonogata:20160518011437j:plain:w400


どうでもいいけど、個人的にJALの機内食?で一番好きなのは、「ドライ納豆」。
アレをポリポリやってる時が、一番楽しい。


f:id:tonogata:20160518011153j:plain:w400


ちなみに、ANAなら黒飴。
「ANA国内線サービスアンケート」に書いたANAの長所は「黒飴が美味しいところ」 - やじり鳥


さて。


オードブル到着。


f:id:tonogata:20160518011743j:plain:w400

  • 伊勢海老カクテル エキゾティックフルーツの香り
  • 鹿肉のテリーヌ
  • はなびら茸のマリネ


そしてメインディッシュはステーキ。


f:id:tonogata:20160518011928j:plain:w400

  • 和牛ランプステーキのバルサミコソース、菜の花をそえて


ステーキは肉厚で柔らかく、うまかった。


f:id:tonogata:20160518012027j:plain:w400


そしてデザートは、コーヒーゼリー with ムース。
しっとり、ぷるん。


f:id:tonogata:20160518012057j:plain:w400

  • ミカフェートのアイスコーヒーゼリーとココナッツ風味のミルクソース


このデザートが、一番良かったなぁ。
「ミカフェート」は、「JAL CAFE LINE」を提供している会社すね。
パートナー紹介 | 世界最高品質のコーヒーを追求する株式会社ミカフェート


このあと、コーヒーをいただきました。
コーヒーもね、うまかったですよ。
ビジネスだとコーヒーも違うんだな、と。


www.bousaid.com


※参考情報
コメント(詳しくはコメント欄を参照ください)をいただいたRさんの機内食レビュー(アイスコーヒーゼリーが同じ)
ビジネスクラス機内食/日本航空(JAL):成田(NRT)⇒パリ(CDG) R923Eの海外食べ歩き+α (50ヵ国のレストラン訪問記)


バンコクへは6時間ちょいだったので、機内では本を読んでました。


f:id:tonogata:20160518012623j:plain:w400


バンコクでは、ラートナーを食いに行ったり。


www.bousaid.com


行ったことがない観光スポットにバスで行こうと思って、失敗したり。。。
バスはムズいわ。。。


帰りの便では、朝食がいただけました。


f:id:tonogata:20160518012706j:plain:w400


空港では、ビジネスチケットだと使えるプレミアムレーンを使った。
イミグレの専用レーンで、空いていた。


www.bousaid.com


バンコクのサクララウンジにも、初めて行ってきた。
ちょっと人が多すぎる印象だが、シャワー・チャレンジに失敗したので、いつかまた再訪予定。


www.bousaid.com


感想。


ビジネスだと、イミグレも早いし、コーヒーも美味いし、いろいろ細かいところで恩恵あるんだな、と。
座席も、一応フラットに近い感じで寝れるし。
あと、デザートが良かった。


JALのビジネスは当面乗る機会がなさそうだけど、今度は長距離路線とか乗りたいな、と。
そう思いました。


参考情報。


バンコクへのビジネスクラスについては、2016/7/16から「羽田-バンコク」便で新型ビジネスクラス「SKY SUITE Ⅲ(スカイスイートスリー)」が導入されるとのこと。
JAL、新型スカイスイート機を7月16日から東京/羽田〜バンコク線に投入へ - トラベルメディア「Traicy(トライシー)」


ビジネスクラス カテゴリーの記事一覧 - やじり鳥