読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

バンコクの屋台が徐々に減っているという話と、2週に1度の月曜は屋台の営業が禁止という話

タイ グルメ 海外旅行

ちょっと前に、バンコクのカオサンに寄った際。
あまりに屋台がいなくて寂しい風景に、ショックを受けたんですよね。
「カオサン通り」(バンコク)の工事が終わって、キレイになってた - やじり鳥


f:id:tonogata:20160207172153j:plain:w500


その時は1日しかいなかったので、「なんだろうな?」と思ってたんだけど。
別の機会にまた立ち寄ったら、ちゃんと屋台がたくさん出ていた。


f:id:tonogata:20160626192622j:plain:w500


バンコクの街から消えゆく屋台……。ついにダコ編集部近くパンティップ・プラザ前でも! | タイ・バンコクのDACO


おお、良かった良かった、と思いつつも。
あの寂しい光景はなんだったんだろうな・・・と思ってたら。。。


え、バンコクって、各週で月曜は屋台の営業禁止なの?
※2週に1度の月曜は屋台がでないらしい(後述)


detail.chiebukuro.yahoo.co.jp


まじか。


初めて知った。


隔年か、年に1回程度でタイに行くけど、バンコクは島とか他国への中継で、1泊か2泊するだけなので、、、
今までは偶然、月曜にあたらなかったのかもしれない。


2005年くらいから、そうだった模様。
バンコクから屋台が消えた! | バンコク竹亭日記 - 楽天ブログ


えー。
そうだったのか。


今後は、月曜は気をつけよう・・・。


ただし。


それとは別に(ある意味同じ話だけど)、バンコクの屋台は結構規制が強くなって、つぶされたりしてるらしい。


バンコクの街から消えゆく屋台……。ついにダコ編集部近くパンティップ・プラザ前でも! | タイ・バンコクのDACO
Who can save Bangkok's sidewalks? | BK Magazine Online


つまり?


包括的な資料としては、下記が分かりやすかった。
※pdf/英語のみ
http://www.legco.gov.hk/research-publications/english/1314fs12-hawker-policy-in-thailand-20140612-e.pdf

  • バンコク都(BMA)は、(屋台のせいで)「歩道が汚い/狭い」というのを問題視
  • バンコクの屋台は、BMAに登録して営業許可をえる必要あり
  • 屋台は、年間のライセンス料も払う必要がある
  • そのライセンス料は、(BMAによる)道路清掃の費用などに使われる
  • 2000年代初頭から、月曜は「道路の清掃日」とされ、屋台営業は原則禁止となった
  • 曜日や頻度は、その後に何度か変わっているが、現在は「隔週の月曜日」が清掃日
  • それ以外の日については、屋台は指定されたエリアなら道路上でも営業OK
  • ただし、歩道の混雑を避けるため、夕方5時から7時は営業NGなど
  • 細かいルールは、エリアによって異なる
  • 道路でなく、許可された敷地内とかもOK


ちなみに、カオサン通りに関する記載は以下。

The Khaosan Road night market is another popular on-street market inBangkok.
カオサンのナイトマーケットは、営業許可された道路上のマーケットの1つ。

Except for the cleaning days, the Khaosan Road is closed at night and turned into a market filled with stalls selling a host of inexpensive food targeting at young people.
清掃日(隔週の月曜)を除き、夜になると道路は封鎖されて歩行者天国となり、若者をターゲットにたくさんの屋台の椅子が道路を埋め尽くす。

The market also sells other variety of goods, such as clothes, local handicrafts and jewellery, which target at foreign tourists.
またカオサンでは観光客もたくさんくるので、様々なフードやグッズ、土産物、宝石が売られる。


それでまぁ、許可がおりてるカオサンはともかく。


営業許可がおりてないエリアでは、屋台に立ち退きが求められたりする、と。
その規制的なものが、最近はどんどん加速しているっぽい。


そして、つぶされた屋台エリアは、再開発されて外資系ホテルや近代的なショッピングモールなどになる。


最近では、スクンビット ソイ38の屋台街が消えた。
シーロムの屋台街、撤去まで秒読み!? | タイ・バンコクのDACO
Say Another Last Goodbye to Iconic Soi 38 Street Food


うーむ。


まぁ、なんというか。
都市計画だろうし、色々あるだろうけど。


屋台の人も大変だな。。。
そう思いまして。


とはいえ。


屋台側も、ただ負けてばかりではない。


「歩道」での営業が禁止された翌日・・・


「車道」側で無事に営業している屋台群が激写されていた。



Banned from sidewalk, vendors set up food carts on street | Coconuts Bangkok


なるほど!
その手があったか。


あるのか?


Tweet/記事的には「車道に屋台がいるから、車を運転する人は気をつけて~」という話なんだけど。


いやぁ、危ないよな。
確かに。


うーむ。


カオスだな。。。


そう思いました。


ちなみに。


屋台を管理しているBMAは、↓のアプリにも協力している。


www.bousaid.com


これはなかなか便利なアプリです。


タイ カテゴリーの記事一覧 - やじり鳥