読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

「いきなりステーキ」の肉マイルで「ゴールドカード」に到達。g単価とゴールド特典をチェック。

グルメ 東京

「いきなりステーキ」という立ち食いのステーキ屋では、「肉マイレージ」という制度がある。
肉マイレージカード | いきなり!ステーキ


f:id:tonogata:20160717175022j:plain:w400



今回、やっと「ゴールドカード」に到達したので、メモにて。


以下。



「肉マイレージ」の基本


「肉マイレージ」とは何か?


いきなりステーキ」にて、カード発行料100円で会員カードを作る。
そのカードに、お店で食べたステーキ肉のグラムが貯まっていく仕組み。


平カードでも、誕生月に500円の割引クーポンがもらえるので、カード発行料の元は取れる。
「誕生日特典」「誕生月特典」「バースデー割引」などの特典一覧(2016年版) - やじり鳥


肉マイレージが3000グラムに到達すると、「ゴールドカード」。
その特典は、、、

  • 1000円クーポンのプレゼント
  • 誕生月プレゼントが「リブロース300g」にランクアップ
  • いつでもソフトドリンク一杯無料

となる。


f:id:tonogata:20160717165440j:plain:w600


この時点で、結構うれしい。


しかし、この先には更に

  • プラチナカード
  • ダイヤモンドカード

という上級ステータスが存在する。。。


f:id:tonogata:20160717165814j:plain:w600


半端ねぇ。


今回、自分が到達したのは「ゴールドカード」。



g単価と合計費用


いったい、何回通えば「ゴールド」に到達できるのか?


あと、いくらくらいかかるのか?


自分の場合、ステーキ界のOKA-SINこと、
「ランチ ワイルドステーキ」
のみで攻めた。
(ランチメニューが安い)


つまり、

  1. ランチ立食のみで、タッチイート&ゴー
  2. g単価の安い、「ワイルド」狙いでランチタイムに直行
  3. 更にg単価を下げるべく、「ライス抜き」オプション行使


ランチ時のワイルドメニューは、ステーキかハンバーグ。
両方ともライス・サラダ・スープ付きとなる。


ワイルド・ステーキは、200g,300g,400gの3系統からチョイス。
ワイルド・ハンバーグは、300gのみ。


f:id:tonogata:20160717170545j:plain:w600


ゴールドに必要なのは、3000g。
1gあたりの価格をワイルドステーキ・ハンバーグについて見ると、、、

メニュー グラム 価格 g単価
ステーキ 200g 1150円 5.8円
ステーキ 300g 1350円 4.5円
ステーキ 450g 1800円 4.0円
ハンバーグ 300g 1000円 3.3円

※価格は税抜き


ハンバーグが一番g単価が良い。
9900円(10回=10,000円)+税で、3000gに到達する。


ただ、自分はハンバーグよりステーキが良かったので、ステーキばかり食べていた。


ステーキの場合、
200g→少ない
300g→ちょうどいい
450g→多すぎる
というサイズ感。
※指定しない場合は、標準で300gとなる


自分は「ワイルドステーキ 300g」専門でいった。


更に、ランチメニューにはライス・サラダ・スープがつくが、自分は低炭水化物ダイエットがしたいので、ライス抜き。
ライスを抜くと、100円安くなる。


つまり、300g=1350円→1250円。
最終価格は、消費税の100円が入って、1350円に戻ってくる。


結果、10回目の「ランチ ワイルドステーキ」で3000g到達。
合計金額は、1350円×10回=1.35万円
g単価は4.5円。


ちなみに、低炭水化物ダイエットの絡みで、ステーキ皿についてくる「コーン」を「ブロッコリー」に変更
これは無料で可能。


注文方法は、「ワイルドステーキ300g、レアで、ライス抜き、ブロッコリーに変更」。
これで店員に伝わる。



「ゴールドカード」の会員数


肉マイレージカードはスマホアプリと連動しており、自分のグラムやクーポンをアプリで確認できる。
またアプリでは、「自分の順位」も確認可能。
※もちろん、グラム順位


ちょうど先日、ゴールドに到達した自分の順位は、4万ちょい。


つまり、ゴールド会員は全国に4万人以上いると思われる。


人気店なので、やっぱ結構いますな。。。



実際のステーキの様子をご覧ください


焼き加減はレアが基本。


熱い鉄板の上に乗せられてくる。


f:id:tonogata:20160717172910j:plain:w600


ナイフ&フォークで裏返したりして、自分で好きな焼き加減までもっていく。


ジュージュー音がたつ。
油がはねることもあるが、紙エプロンはもらえるので無問題。


f:id:tonogata:20160717173123j:plain:w600


アップの写真も用意しました。
ご査証ください。


f:id:tonogata:20160717173214j:plain:w600


うまいです。


そして、平日の昼間に「いい感じ」の低炭水化物ダイエットができて、うれしい。
自分は、土日や飲み会、旅行などのイベントでは炭水化物を気にしないが、その他の日常シーンではなるべく低炭水化物、というスタンス。
ゴールド会員になると、ランチタイムを含め「ソフトドリンク1杯無料」のため、黒烏龍茶もセットで頼んでいる。


1350円ということで、ちょっとお値段が自分的にはキツいんだけど、月に1、2回のペースで食べていた。
まぁ、たまには贅沢してもいいよね、ということで。


今回、ゴールドに到達したので、今後はプラチナを目指そうかと思います。
道のりは、かなり遠そうだが。。。


そんな感じ。


※2016/12/03追記
以下の「研修センター店」では、もう少し単価を下げることができる模様。


netatopi.jp


※ハンバーグ参考


akogare.hatenablog.com


グルメ カテゴリーの記事一覧 - やじり鳥