読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

もし全員にJALマイルをくれるキャンペーンがあったら、会員の何パーセントが応募するのか?

JAL マイル

4月に、JALマイルのキャンペーンがあった。
まぁ、よくあるキャンペーンなんだけど。
JAL「MyJALCARD」誕生記念で条件なしの30万マイル山分けキャンペーン - やじり鳥


「キャンペーン登録するだけ」で、30万マイルを山分け。
応募資格は、「JALカード保有」。


f:id:tonogata:20160413081832j:plain:w400


自分に付与されたマイル数から逆算して、キャンペーン応募者数が分かるので、ちょっと気にしてたんだけど。
結果がでた(マイル付与された)ので、メモにて。


さて
付与されたのは、2マイル。


2マイルである。
20マイルとか、200マイルではない。


2マイルなのである。


マイル単価を1.5円と考えると、、、


約3円分。


ラッキー!!
もうけたね♪


違う。


そうじゃない。


人数だ。
応募者数を、チェケらねば。


30万マイル山分け

1人2マイル付与

15万人が応募


はー。


結構いるんだな。
15万人。


「JALカード」の会員数は約200万人(と思われる)。
※JAL会員の中でも、「JALカード保有」の会員
JGC会員数(JAL)とSFC会員数(ANA)を考える - やじり鳥


つまり、応募したのは7.5%あたり。
5%くらいを予想してたけど、まぁ当たらずとも遠からずか。
しかし、思ったより多かった。


JALの担当の立場で考えると、、、
1人2マイルというのは絶妙な着地だな。。。


ある程度は「応募者数を想定」した上で、山分けマイル数を設定(予算確保)してると思うんだけど。
応募者数が多くて30万人を超えたら、1人1マイル配れなくてキャンペーンの予算オーバーしちゃうだろうし、1人2マイルは「いいライン読み」という感じか。


まぁ、でも。
応募者数が想定を超えたら超えたで、「キャンペーン大成功」ということで、アリか。
30万マイルとか100万マイルとか、たいした出費じゃないというか、キャンペーン施策に関わる費用の方が大きいだろうし。


うーむ。


結果。


無条件の山分けは、「1人2~3マイル」想定で設定される。
ことがある。


キャンペーンがハードル付きだと、もうちょい多めに設定されると思う。
下記、ANAの場合など。
(20マイル以上が付与された)


ANA「100万マイル山分け」キャンペーンで、一人いくらもらえたかチェック。 - やじり鳥


おーけー。


当方としては、次に備えたいと思います。


いつか、必ず・・・

I have a dream.

I have a dream・・・
(いつの日か、キャンペーンの存在に気付くのが自分だけであれば・・・)

I have a dream today!!
(つまり、それって、当方が30万マイルを独り占め!)

Let milage ring in front of every computer monitor.
(その時がきたら、全てのPCモニターの前で、マイルの鐘を打ち鳴らそう!)

※1963年 キング牧師の演説より


JAL カテゴリーの記事一覧 - やじり鳥