読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ニューヨーク「セントラルパーク」を散歩するならオススメは「ランブル」。イチローも訪れるというヒーリングスポット。

ニューヨーク フットパス 海外旅行

ニューヨークのど真ん中にある、どでかい公園「セントラルパーク」。


繁華街のタイムズスクエアから、徒歩15分。
オードリー・ヘップバーンの朝食で有名な、5番街のティファニーから、徒歩5分。
まさに大都会。


f:id:tonogata:20160822222331j:plain:w600


早朝にセントラルパークを訪れると、多くのニューヨーカーがジョギング中だった。
自転車乗りも多く、その交通量たるや。
公園の外周道路は9,6km(6マイル)、ランナーに人気らしい。
http://www.centralparknyc.org/assets/pdfs/maps/CPC_RunningMap_2014.pdf


f:id:tonogata:20160822223410j:plain:w600


混雑する外周道路を渡り、公園の内部に入っていく。
ランナーの数はグッと減り、代わりに犬の散歩をする人の姿が目立ってくる。
木の陰で暑さをしのぎながら歩ける、気持ちのよい道が続いた。


f:id:tonogata:20160822230655j:plain:w600


昔は羊を飼っていたという有名な芝生エリア、「シープメドウ」。
朝早いので、まだ入ることができない。
オープンするのは、AM11時。
Sheep Meadow - The Official Website of Central Park NYC


f:id:tonogata:20160822230833j:plain:w600


野球のグランドもあった。
人口の砂場で、ビーチバレーをしている水着の若者たちもみかけた。
ブランコに乗って戯れる老夫婦の姿があった。


f:id:tonogata:20160822231528j:plain:w600


水辺もいくつかある。
園内には点々と、大小7つほどの湖や、池、貯水池がある。


f:id:tonogata:20160822231741j:plain:w600


城もある。
イタリアで「美しい景色」を意味する「Belvedere Castle」。
AM10時からは中の階段を上り、周囲の景色を見渡すことができる。
Belvedere Castle - The Official Website of Central Park NYC


f:id:tonogata:20160822231930j:plain:h400


しばらく歩くと、どんどん森のように緑が濃くなって行くのを感じた。
これは・・・
「ランブル」か?


f:id:tonogata:20160822232758j:plain:w600


「ランブル」は、「都会を忘れて、自然に迷い込む」ことを企図してデザインされたエリア。
36エーカーの「wild garden」。
東京ドーム3個分の広さ。
The Ramble - The Official Website of Central Park NYC


f:id:tonogata:20160822233103j:plain:w600


「自然に迷い込む」。
とはいえ、まぁ。
「そんなでもないだろう」と思いながら、歩を進めていくと、、、


f:id:tonogata:20160822233312j:plain:w600


おぉ。
道が・・・


f:id:tonogata:20160822234317j:plain:w600


なおも足を踏み入れていく。
小川にぶち当たって、立ち尽くす。


f:id:tonogata:20160822234346j:plain:w600


マジか。


ほとんど、どこかの「山の中の光景」じゃないか。
マイナスイオンが止まらない。


f:id:tonogata:20160822234532j:plain:w600


岩ッ!!


マンハッタンは1枚の岩盤の上に立っており、その地盤たる岩が公園内の箇所箇所で露出している。
さっき読んだWikiPediaに、そう書いてあった。


f:id:tonogata:20160822234730j:plain:w600


リスがそこらかしこで、木の上を走り回っていた。
アメリカの公園はなぜリスだらけなのだ? そこには奥深い歴史があった|ギズモード・ジャパン


さて。
ずいぶん中に入り込んでしまった。


ランブルから出て、ホテルに戻るのも一苦労。
なんせ、東京ドーム3個分の、曲がりくねった道。


f:id:tonogata:20160823103449j:plain:w600


次第に暑くなる中、汗をかきながら、歩き続け。
ようやくセントラルパークから、這い出ることができた。


f:id:tonogata:20160823103758j:plain:w600


帰途に就きながら、、、
「ここはスゴイ公園だな」と思った。


大都会の中で、周到に「自然」を設計・演出して、それに成功しているように思える。
さすがハリウッドの国、アメリカ。


自分は最初、「あー、はいはい。自然の演出ね。」と思いながら、足を踏み入れた。
さほど期待もしてなかった。


しかし、、、


つまり…

ランブルに入る前に、言っておくッ!
おれは今 ランブルの「自然」を
ほんのちょっぴりだが 体験した

い…いや… 体験したというよりは
まったく理解を 超えていたのだが……

あ…ありのまま 今 起こった事を話すぜ!

「おれは 公園を歩いていると思ったら
いつのまにか 静かな山中の川の前で 佇んでいた」

な… 何を言っているのか わからねーと思うが 

おれも 何をされたのか わからなかった…

静かに、心が平安で満たされた…

客寄せのヒーリングスポットだとか

そんなチャチなもんじゃあ 断じてねえ

本物の「自然」の片鱗を 味わったぜ…

※「ジョジョの奇妙な冒険 第3部」 ポルナレフの言葉より


さすが、あのイチローも心を癒やす、ヒーリングスポット。
ランブル。
イチロー 大快挙達成の陰に…妻が見つけた“癒しの場所” - ライブドアニュース


それにしても。
セントラルパークは、広い。


f:id:tonogata:20160823104251j:plain:w600


今回、何度か足を運んだが、結局ごく一部のエリアしか歩けなかった。


そういえば、ジョンレノンの「ストロベリー・フィールズ」も見れなかったな。
ストロベリー フィールズ ジョンレノン記念碑 口コミ・写真・地図・情報 - トリップアドバイザー


まぁ、それはまた今度の訪問の楽しみにとっておこう。


そう思いました。


ニューヨーク カテゴリーの記事一覧 - やじり鳥