読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

今夜、すべてのラウンジで。

このブログについて JGC修行

某日、夜、20:00。


定時で会社をあがり
成田空港に到着。


マレーシア航空のチケット。
クアラルンプール経由、バリ島行きの便。


ビジネスクラス往復て、8.5万円だった。
8.5万円は、安い。


このチケットで、「2年目のサファイア」を取りに行く。
JALに加算し5万FOPの「壁」を、超える。


予約クラスはD、積算率は125%。
問題ない。
計算は、できてる。


夜、20:10。


カウンターでチェックイン。
案内されたのは、カンタス航空のラウンジ。


ラウンジのフロントで、シャワーの空きを確認。
そのままシャワールームへ。


シャワーの水圧は、普通。
しかしドライヤーの風圧が、イマイチだった。


「濡れ髪は、確実にハゲを促進する」。
どっかの記事に書いてあった。
じっくりと時間をかけて、髪を乾かす。


ちゃんと乾かせば、、、
死んだ毛根から、毛が生えてくることも。
あるかもしれない。


夜、20:40。


ラウンジ内のフード・コーナーを漁る。
飛行機に乗って1時間もすれば機内食。
しかし、ついついラウンジ飯。
寿司・ピザ・焼き鳥。
一通り食べる。


そして、夜の駐機場を眺めながら、ビール。
つまみは、ポテトチップス。
ラウンジで「ポテチ食い放題」とは、なんたる贅沢。


少しだけ、機内食のことが頭をよぎった。
事前オーダーしたのは、「牛のヒレ肉 バルサミコソース」。


しかし機内食には、まだ2時間はあるハズ。
なにしろ、飲まずにはいられない。
ポテチを食わずには、いられない。


今日は記念すべき、JGC修行のラスト・フライト。


そして今この瞬間にも、世界中のラウンジで
同じように祝杯を挙げている、修行僧達がいるだろう。


ブラザー(兄弟)、シスター(姉妹)、
そして、ストレンジャー(見知らぬ人)。


我々の この1年間の修行は、
きたるフライトで 成就する。

なんぞ飲まざる。


夜、21:00


いよいよ搭乗。
長蛇のエコ列を横目に、優先搭乗で飛行機に乗り込む。


座席は、ライフ・フラット。
ボタン1つで、電動リクライニング。
なんと、マッサージ機能までついている。


CAが笑顔でやってきた。
離陸前はリクライニングを戻すよう、注意される。


戻そうとするも、焦ってボタンが分からない。
見かねたCAが腕を伸ばしてきて、ボタン操作。


オーケー。
理解した。


次からは、1人でリクライニングできるもん。


夜、22:30


ビジネスクラスの機内食が配膳される。


まずは、サテ-(チキンとビーフ)。


アペタイザー、ローストダック。


そしてメインの、牛ヒレ肉。


美味い。

そして、腹一杯。
はち切れそうだ。


夜、未明


便意で、目が覚める。
慌てて機内のトイレへ。


しかし、トイレの扉の開け方が分からない。
ドアに、暗証コードのボタン入力装置。


暗証コード?
思い出せない。寝ぼけているのか。
血が大腸にいって、頭がまわらない。


肩を叩かれて、振り返る。
マレーシア人の男性CAが、腹を抱えて笑っている。
英語で何か言っている。


サー、そこはパイロット席の部屋です。
つまり、その、フヒヒ・・・笑
お前が飛行機を、運転するってのかい?
ップハーー笑


瞬時に頭が覚醒し、理解した。
左手にある、別の扉に飛び込む。


セーフ。
事態は急を要したが、事なきを得た。


しかし・・・
あの瞬間はどうだっただろうか?
血の巡りが大腸から、脳に戻ってきた、あの一瞬。
守備が手薄になった、コンマ数秒のタイミング。


パンツは無事か?
ゴールを守り切った感覚は、ある。
ラインを割り込むギリギリで、パンチング。
一線は、超えなかったハズだ。


確認は、できない。
便利なビデオ判定も、存在しない。

不安を抱えたまま、再びの就寝。


朝、04:00


経由地のクアラルンプールに到着。
トランジットは、約5時間。


空港内の地図を確認。
マレーシア航空の、「ゴールデンラウンジ」(24h)へ。


そしてすかさず、トイレに、
走る。


飛行機の中でウンコする時ってさ


飛行機の中でウンコする時ってさ、
トイレが狭いし、揺れて落ち着かないから
ちょっとしか、拭けてない気がするのよ。

やっぱウンコした後はさ
ケツを拭き終わった後、念のため何度も拭いて
「ケツ拭いた紙」がサラサラかつ真っ白
という事を、確認したい訳さね。

でも飛行機の中のトイレ。
揺れるし、狭いし。
「次の人が扉の向こうで待ってるかも」
というプレッシャー。
あれじゃ、落ち着かないのよ。

だから、ちゃんとした便所に
もう一度、行きたいわけ。

ちゃんと、もう一度拭き直すまでは、
なんかキモチワルイのよね。
ケツが。

飛行機を降り、落ち着いた個室トイレを求め
ラウンジに向かう。

歩いてると、多少なれども
ズボンがケツに食い込んでくる。

思い込みって、怖いよね。
なんか、湿っぽい気がするのよ。

ケツに食い込んだズボンを後ろ手で直しつつ
ラウンジの受付嬢に、
ビジネスクラスのチケットを示す。

そして早足で、便所へ直行。

ズボンとパンツをおろして、まずは・・・
「パンツにウンコついてないか」、確認。

でも便所の薄暗さと、
トランクスに刷ってあるエスニック柄のせいで、
ウンコついてるかどうか、わかりゃしない。

仕方ないから、トイレットペーパーで
まずは「パンツのケツんトコ」を、拭いてみる。

拭いてみる。

よかった。
ついてない。

そして、肝心要の用事を
忘れちゃいけない。

ケツの割れ目に沿って
トイレットペーパーを
なぞらせてみる。

・・・。

真っ白だ。

もう一度
トイレットペーパーを取りなおして、、、

ケツの割れ目に沿って
トイレットペーパーを
なぞらせてみる。

・・・。

やはり、真っ白だ。

晴れやかな気分で、ラウンジに戻る。

早朝で客のいないラウンジは、最高だ。

冷蔵ケースから缶ビールを取り出し
ソファーに深々と身を沈める。
実に、ほっとする。

効きすぎた冷房で
肌寒さが心地いい。

見上げると、眩しい。
シャンデリアの照明。

目を閉じて

缶ビールのプルトップに
指をかける。




プシッ




この世界は

俺のものだ。




JGC修行 「第2部」完




f:id:tonogata:20141207152812p:plain:w600




上記は、2000年代に散見されたコピペ文を、改変している。
http://that3.2ch.net/test/read.cgi/gline/1096008323/429
飛行機の話に寄せているのと、やや時代背景に合わない部分を削って説明的に加筆もしたため、元ネタがもつ情感を失ってしまったのは、誠に遺憾であります。

このコピペ文は、最近みなくなった。
「名文だな」と感銘を受けて、はるか昔にメモっていたものだが。
何となく思い出したので。
ここに。


JGC修行(2015年/乗り継ぎ割引あり)のFOP単価・獲得マイル・合計金額の振り返り - やじり鳥