読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

飛行機の「優先搭乗」にメリットはあるのか?

SFC修行 JGC修行

ANAやJALの上級会員になると、ステータス特典として「機内への優先搭乗」が可能になる。
搭乗案内方法について|空港・機内で[国内線]|ANA
JAL国内線 - 搭乗口でのご案内順について


例えば、ANAの例。


f:id:tonogata:20161022172806j:plain:w600
ANAのプレミアムサービスが新しくなりました│ANAマイレージクラブ

  1. 小さなお子様さん連れなど
  2. ダイヤモンド会員
  3. プラチナ会員・SFC会員
  4. 一般の乗客


上記のように、会員ステータスが高いと飛行機に乗り込む順番が早くなるというワケ。
しかし、自分だけ機内に早く乗り込んだところで、その分目的地に早く到着するわけではない。
結局、全員が乗り込み完了するまで、待ってから離陸するんだから。


そうすると、「優先搭乗って、なんかメリットあるの?」という話になる。
自分も割と、そう思ってた。


しかし最近、疲れた体で国際線の乗継ぎ便に乗って、「優先搭乗」のメリットを改めて実感した。


そこら辺について。


以下。



機内の荷物収容スペースは、乗客全員分があるワケではない


機内に持ち込める荷物の個数とサイズは決まっている。
しかし、座席の上にある「手荷物の収容スペース」は、乗客全員分が用意されているわけではない。
(逆に最近、「全員分の荷物が収容できるように、持ち込み可能なスーツケースを小さくしよう」という動きがあった)
IATAが「機内持ち込み」可能なスーツケースのサイズ推奨規格「Cabin OK」を提案中だが、更に小さくなるのか? - やじり鳥


といっても、全員が大きめの荷物を持ち込む可能性は、あんまない。
だから、「スペースが足りない」という事態は、滅多にない。
と思う。


ただ、自分の真上の収納スペースに入れられるかどうかは、別の話。
早く座席に着いた人から、手近な収納スペースを使っていく。


最悪なのは、自分の座席周辺のスペースに空きがなく、狭い通路をウロウロしないといけない場合。
あっちこっちの棚を開けたりするうちに、自分のせいで渋滞が起きつつある・・・。


そーゆーストレスは、なるべく避けたい。


そのため、「早く機内に乗り込んで、自分の真上の収納スペースを使う」


お。
優先搭乗のメリット。


もちろん、手荷物ナシで機内に入るなら、この心配は特にない。
ただまぁ、旅行によっては荷物って、そこそこのサイズになるよね・・・。


荷物が多くて、預け荷物+手荷物の構成になっちゃった、とか。


そもそも荷物を預けると、到着後のピックアップに時間がかかるから、なるべく手荷物だけにしたい、とか。


そーゆーシーンでは、やっぱ「優先搭乗」のメリットは、あるよなぁ、と。



搭乗開始までの「待機時間」が避けられない場合もある


国際線の場合とかは特に、ラウンジから搭乗ゲートの距離が結構ある場合もある。
慣れない空港だと、やはり早めに搭乗ゲートの前に行っておきたい。


国内線であっても、ラウンジがない空港だったり、台風などで搭乗時刻がズルズルと遅延した場合とかは、どうしても搭乗ゲート前での待機時間が発生する。


しかし、搭乗ゲート前のベンチは、全員が座れる数があるワケではない。
ベンチに座れない場合は、どうするか?


立ちつくして、搭乗開始を待つ。


そーゆーシーンは、割とあるんですよね。。。
疲れている時には、辛い。


なので、搭乗開始となったら、少しでも早く機内に乗り込みたい。


そこで、「優先搭乗」ですよ。
さっさと乗り込んで、座席に座る。


こんな嬉しいことはない。
ララァなら、わかってくれるよね?



渋滞の列に並んで乗り込むストレスからの解放


ベーシックに、これ。


狭い機内の通路を、しょっちゅう止まりながら進んでいく。
自分の座席が遠い。。。


そして自分の座席に着いたら着いたで、他の人の進行を妨げないように荷物をササッと収納スペースに入れて・・・
アッーーー!!
周辺の収納スペースが、全部埋まってる!


おー尿!
(Oh,No!!)


みたいな。


やはり「優先搭乗」して、人が少ないうちにさっさと座席に座っておきたい。


まぁコレは、なるべく前方席を予約することで、ある程度は軽減されるかな?
(歩く距離が短いという意味で)


ただまぁ、前方席を選ぶか、後方席を選ぶかは、人によるよね、と。


個人的には、割と後方席を選択することが多い。
後方座席の方が飛行機事故時に助かる確率が高いという話もあり・・・


www.bousaid.com


まぁ、話の信憑性はともかく、気分的に、ね?


一方、前方座席なら「もし預け荷物がない場合」であれば、さっさと飛行機を降りて、空港からオサラバできるというメリットあり。
預けた荷物がある場合は、プライオリティ・タグがついてたとしても、どのみち荷物待ちをすることになるけど。


あとエコの最前方席であれば、機材繰りによってはプレエコ席(のエコ設定席)に座れる可能性もある。


んー。


まぁ、いろいろ人の好みとか乗り方によるから、前方・後方のどちらがいいかは一概に言えないけど。


とりあえず「優先搭乗」の権利を持っていて、悪いことはないかな、と。



まとめ


昔は「優先搭乗とか、別にいらなくね?」と思ってたけど。。。
最近、ありがたみが分かるようになってきた。


ただまぁ、例えば国内線、特に遅延が発生しにくい路線にしか乗らない場合とかは、あんま必要ないかも。
国内線だと特に、優先搭乗とかグダグダことが多いし。。。


国際線であれば、「優先搭乗」がありがたいシーンは、結構あるかな。
そもそも乗客数が多くて、長蛇の列になりやすいし、ラウンジから搭乗口が遠いことも多い(搭乗口で待ち時間が発生しやすい)ので。。。


そう思いました。


SFC修行 カテゴリーの記事一覧 - やじり鳥
JGC修行 カテゴリーの記事一覧 - やじり鳥