「宮崎空港」から「宮崎駅」は電車で10分、350円。宮崎駅では駅弁「椎茸めし」を。

「宮崎空港」から「宮崎駅」は電車で10分


空港から市内が近いと言えば「福岡」のイメージだが、宮崎も近いんですね。
初めて知った。


宮崎空港に直結の「宮崎空港駅」から、「宮崎駅」へ。
電車で10分、350円の距離。


電車の本数は多くないが、まぁ使えるレベル。
宮崎空港駅の時刻表


↑の時刻表に記載の電車は、全て宮崎駅に停車する。
特急「にちりん」も、普通席であれば追加料金ナシ、350円でOK。


Suica/Pasmoに対応しているのが素晴らしい。
↓の機械に「ピッ」とやって通るだけである。


f:id:tonogata:20161210183025j:plain:w500


ただし、行き先が「宮崎駅」でない場合は、注意が必要。
降車駅がSuica対応でないと、困ったことになる。
(地方に行くと、そういうことがありうると最近学習した笑)


例えば、「青島駅」はSuica読み取り機がない。
そういう場合は、切符を買って乗り込む必要あり。


宮崎駅はSuica対応なので、降車時にもSuicaで降りられる。



空港から駅への行き方と、注意点


駅への行き方は、簡単。
空港内に、駅への看板があるので、それに従って一度空港の外に出る。


f:id:tonogata:20161210183658j:plain:w500


空港の外に出ると、椰子の木。
南国である。


f:id:tonogata:20161210183918j:plain:w500


それはともかく、階段を上って駅に向かう。


あとは、切符を買うか、Suicaで改札を通過。
駅員もいる。


f:id:tonogata:20161210183025j:plain:w500


ここで注意点。


駅のホームは狭く、ベンチは1つもない。
立ったまま電車を待つ必要がある。


f:id:tonogata:20161210184929j:plain:w500


そのため、電車の出発までに長い待ち時間があるようであれば、空港内などで時間をつぶした方がいいかもしれない。
自分は、このホームで結構時間を持て余した。


ちなみに、駅のホームからはダイレクトに空港が見える


f:id:tonogata:20161210184034j:plain:w500


これで飛行機が離着陸するのが見れるならいいのだが、いかんせん飛行機の本数が少ないので、滅多にやってこない笑


さて。


自分が乗る電車がやってきました。


f:id:tonogata:20161210184144j:plain:w500


宮崎空港駅は終点。
常連の人?が、椅子の方向をバタンと変えて座っていたので、自分もそうした。


f:id:tonogata:20161210185026j:plain:w500


ここから宮崎駅は、10分。
あっという間である。



宮崎空港内の施設、展望スペースなど


ついでに、宮崎空港内の様子も。
施設案内|宮崎ブーゲンビリア空港|宮崎空港ビル株式会社


まず、到着して「懐かしい」と思ったのが、このパタパタ掲示板(笑
クルクル回転して、時刻表示が変わるヤツ。


f:id:tonogata:20161210182016j:plain:w500


空港は3Fまであり、お土産屋さんやレストラン、本屋などがあった。
本屋があるのは、ちょっと驚いた。


f:id:tonogata:20161210185527j:plain:w500


↑写真の中央上部にみえる時計は、からくり時計になっている。
結構ハデな音で、動き出す。


f:id:tonogata:20161210190028j:plain:w500


3Fの上、屋上には展望スペースがある。
航空大学校の飛行機?と、案内のお姉さんがいた。


f:id:tonogata:20161210190421j:plain:w500


宮崎にはパイロット養成の「航空大学校」があるので、その関係らしい。
独立行政法人 航空大学校 | 日本唯一の公立エアライン・パイロット養成機関


f:id:tonogata:20161210190235j:plain:w500


東京に帰る直前、保安検査を通過した後で、小腹が空いていたので、ANAフェスタに寄った。
宮崎牛カレーや、うどんを食べることができる。


ただ、残念ながらカレーは売り切れ。
うどんにしておいた。


自分の後にきた客も「カレーありますか?」「売り切れなんですー」のくだりを次々と繰り返していた。


ただ、うどんも美味かった。


f:id:tonogata:20161210190754j:plain:w500


いわゆる「宮崎うどん」かな?
黒くて甘い汁、麺が柔らかい感じ。


肉は普通。
これで700円は、ちょっと高いかな。


本当は、空港内で「ガンジスカレー」を食べたかった。
しかし、今回は時間がなかったのでござる。



宮崎空港のラウンジ


宮崎空港には、航空系ラウンジ(ANAラウンジ/JALラウンジ)はナシ。
共用の「ラウンジ大淀」がある。
ANA 宮崎空港ラウンジ
JAL 宮崎空港ラウンジ


自分は面倒なので使わなかったけど。



宮崎の名物駅弁「椎茸めし」


宮崎の名物駅弁といえば、「椎茸めし」。
らしい。


駅の改札を出るとすぐ、駅弁屋さんを発見。


f:id:tonogata:20161210192545j:plain:w500


「椎茸めし」は、

  • シンプルな「元祖 椎茸めし」(1段)
  • おかずの多い「上等椎茸めし」(2段)

がある。


自分は、シンプルな「元祖 椎茸めし」(670円)で。


f:id:tonogata:20161210193044j:plain:w500


中身はこんな感じ。


f:id:tonogata:20161210193100j:plain:w500


椎茸のシンプルな駅弁なので、あんま期待はしてなかったんだが・・・
食べてビックリ。


美味いのである。


f:id:tonogata:20161210193151j:plain:w500


肉厚の椎茸、プルンプルンである。


ゼリーのようにトゥルンと口に入り、、、
プチっと噛むと、ジュワッと広がる、甘い煮汁と微かな風味。


もはやデザート感すら感じる、この椎茸の弾力。
煮込まれすぎて?、椎茸の風味は微か。


なにか、こう、上品な「別の食い物」のようだ。
いや、椎茸感は、ちゃんとあるんだけど。


すごいな。
そして美味い。


そう思いました。


駅弁 カテゴリーの記事一覧 - やじり鳥

|TOPページ|記事一覧|プライバシーポリシー|