読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

大分「別府一周遊歩道」はスゴかった。湯煙をくぐり、Windowsの丘を越え、ナウシカの草原を進む。

大分 フットパス 国内旅行

大分の別府に、「別府一周遊歩道」というのがあるのを知った。
全長26kmの、かなり長いルート。
https://www.mtpine.com/?n=325


ちょっと歩いて、疲れてから温泉に入ったら、気分良さそう。
そう思って、↑の素晴らしいルート地図を参考にさせていただき、行ってみることにした。


実際に歩いてみると、壮大なルートだった。


雄大な景色の「丘」?を越えていき、、、


f:id:tonogata:20161225153753j:plain:w400


風の吹き渡る「草原」?を進む・・・。


f:id:tonogata:20161225154510j:plain:w400


動画も撮ってきた。


www.youtube.com


しかし。


全長26kmは、やはりハンパなかった。
結局、半分ほどで挫折。


あと、案内看板が「たまに」設置されているが、数が少ない。
今では↑地図のような詳細ルートがないと、かなり道に迷うというか、完遂するのは不可能と思われる。


以下、自分が行った際の様子について。


東別府駅の横にある、線路下をくぐってスタート。
Googleマップ


f:id:tonogata:20161225145902j:plain:w600


遊歩道には、所々に案内看板が立っている。
全長26kmのスタート地点である。


f:id:tonogata:20161225150039j:plain:w600


住宅地を抜け、普通の道を歩いていく。
吉備山の裾を行く感じかな?


f:id:tonogata:20161225150150j:plain:w600


歩きながら、別府湾の景色
晴れていて、気持ちのいい日だった。


f:id:tonogata:20161225150258j:plain:w600


しばらく進むと、遊園地「ラクテンチ」が見えてくる。
アレの裏を越えていくことになる。


f:id:tonogata:20161225150408j:plain:w600


このルートは全般的に上ったり下ったりするんだが、、、
この落差の階段を降るとは、、、
Googleマップ


f:id:tonogata:20161225150521j:plain:w600


景色はメチャクチャ良いんだが、いかんせん「苔のむした階段」(↑画像の左下)。
ちょっと危ない。


階段を降りきると、民家の間をぬけ、、、
そしてまた、山を登る。


f:id:tonogata:20161225150714j:plain:w600


かなり以前には「ハイキングコース」だったとかで、その名残が残っていた。


f:id:tonogata:20161225150839j:plain:w600


「ラクテンチ」の駐車場に到着。
この時点で、かなり体力を消耗してた(笑
Googleマップ


f:id:tonogata:20161225150916j:plain:w600


「ラクテンチ」を横に見ながら、歩き続ける。
朝早かったので、まだ客がまばらだった。


f:id:tonogata:20161225151237j:plain:w600


時折、湯煙のあがるところは、やはり別府。
硫黄の匂いに、充ち満ちている。
歩いてるだけで、温泉につかった後のような清々しさ笑


f:id:tonogata:20161225151308j:plain:w600


当地で有名な、「杉乃井ホテル」の前に出た。
施設充実で、人気の老舗ホテルらしい。
Googleマップ


f:id:tonogata:20161225151345j:plain:w600


そしてまた、山に入っていく。
Google マップ


f:id:tonogata:20161225151906j:plain:w600


「白糸の滝温泉」の前を通り、住宅街を抜けていく。
このあたりの景色の方も、最高だった(動画の方には入っている)


f:id:tonogata:20161225152225j:plain:w600


ちょっと寄っていこうかな?と思ったが、ちょっと進行が予定より遅れており、、、
30分や1時間の休憩は無理と断念して、先に進む。


九州横断道路を抜けて、「陸上自衛隊別府駐屯地」の方へ。
「関係者以外は立ち入り禁止」の看板がバンバンたっていて、ビビる。
Googleマップ


f:id:tonogata:20161225152345j:plain:w600


どうも自衛隊の「用地」らしいが・・・
よく読むと「遊歩道」の利用者は入ってもOKらしい↓


f:id:tonogata:20161225152712j:plain:w600


駐屯地の外縁を行く道。
非常に気持ちよく歩ける道になっていた。


f:id:tonogata:20161225152810j:plain:w600


しかしソレも途中で終わる。


f:id:tonogata:20161225152750j:plain:w600


案内看板の矢印をみると、道を外れて「藪に突入せよ」とある。
ほとんど獣道・・・。


f:id:tonogata:20161225152944j:plain:w600


「まじかー」と思いながら突入。


しかし。
藪を抜けると、素晴らしい景色が待っていた。


f:id:tonogata:20161225153045j:plain:w600


グワっと視界がひらけるのである。
「大平山」というらしい。


f:id:tonogata:20161225153621j:plain:w600


ここでは、頂上を目指すのではなく、、、
いったん降りながら丘を目指す。


f:id:tonogata:20161225153753j:plain:w600


あの丘を越えれば、、、
そう思いながら、歩いて行くと・・・


f:id:tonogata:20161225153926j:plain:w600


丘が続くのである。
ちなみにこの後も、越えても越えても、丘が続く。


何度越えても、眼前にひらけるのは「なだらかな稜線と丘の景色」。
少しずつ形は違えど、雄大な「丘の景色」が繰り返される。


この、デジャブ。


「Windowsの丘」。
消耗し朦朧とした頭で、自分はコレをそう名付けた。


再起動するごとに、繰り返されるイメージ。
全然似てないが、気分的な問題だ。


異論・反論は受け付けない。


最初は「景色、最高だな!!」と思っていたが、、、
照りつける太陽のもと、このWindowsの丘で少しずつ体力を削られていくのであった。


f:id:tonogata:20161225154056j:plain:w600


そして遂に。
やっと丘を越えたと思ったら、、、


今度は何だ。


f:id:tonogata:20161225154411j:plain:w600


この、膝上くらいの草原を渡れというのか。。。


「ナウシカの草原」。


自分はコレを、そう名付けた。
頭が朦朧としていたのである。


しかしパッと見で、お分かりいただけるだろうか?


ありがとうございます。


この「ナウシカの草原」もまた、延々と続く。
歩いていると、気分爽快。
平坦な道が続き、徐々に気力も回復していった。


f:id:tonogata:20161225154510j:plain:w600


草原の最後は、谷に降りていって終了。
降りが急なので注意。


f:id:tonogata:20161225154919j:plain:w600


そして、やっと車道に戻ってきたが、、、


東京ではみかけないレベルの「水たまり」が行く手を阻む。


f:id:tonogata:20161225155007j:plain:w600


そして、久しぶりに案内看板をみて、愕然とした。


f:id:tonogata:20161225155104j:plain:w600


「まだ、半分もきていない!!」


朝9:30にスタートし、歩きっぱなし。
この時点で、午後3時である。


体力的にもキツいし、、、
そのうち日が暮れそう。


「これは無理だな」。


諦めて、ルートを外れた。


ちょうどルートから少し外れると、有名な「岡本屋売店」の前にでる。
Googleマップ


f:id:tonogata:20161225155441j:plain:w600


ここからタクシーに乗るか考えたが、結局もう少し歩いてバスに乗って帰った。


いやー。


疲れた。


疲れたけど、すごく良いルートだった。


ただ、まぁ。
人に勧められるかというと、「地図を事前にちゃんと準備できる人」に限られる気がする。
ルート地図がないと道に迷いまくると思うので。


あと、やっぱ26kmは長い。
自衛隊用地から、岡本屋売店のあたりだけ切り取って、案内看板とか整備すれば、結構いいと思うんだけどな・・・。


そう思いました。


www.bousaid.com


大分 カテゴリーの記事一覧 - やじり鳥


フットパス カテゴリーの記事一覧 - やじり鳥