窓に吸着するスマホケースで、電車や飛行機の車窓の風景をスマホ撮影する

f:id:tonogata:20170203002511j:plain:w600


電車や飛行機で、車窓の風景を動画に残したいな、と思って。

スマホを窓にピタッとつけて録画すれば良いんだけど、スマホを持つ手が疲れる。

そこで、窓に吸着するスマホケースはないかな?と思ったら、あった。

世の中、そういうジャンルの商品もあるらしい。
「反重力ケース」。


実際に1つ買って使ってみると、、、

電車の窓には、ピタッと吸着する。

一時間乗ってても、落ちてこない。


f:id:tonogata:20170203002414j:plain:w600


落ちてこないんだが、なんとなく不安。
そんな場合は、窓の下に接地させると安心。
(一番上の画像みたいに)


この置き方だと、モバイルバッテリーで充電しながら撮影できる。
長時間の撮影が可能になって、便利。


そんな長時間、何を撮るんだ?って話だが(笑)
まぁ、タイムラプスで残そうとすると、そこそこ長時間の方が良い感じになるかな、と。。。


オーケー。

飛行機の方はどうだろうか?

f:id:tonogata:20170203003004j:plain:w600

くっついた。

と、思ったが、落ちてきた。

やはり飛行機は、電車と違って窓ガラスに角度があったり、振動がキツいので、吸着が持続しない。

ただ、一応吸着はするので、軽く手をそえてやると問題ない。
(吸着ナシ、手だけでやるより楽ではある)

↓の動画は、そのスタイル(手を添える)で、撮っている。

www.youtube.com


また、旅先のホテルの窓からの景色なんかも、スマホを窓にくっつけておけば、長時間の撮影が可能。

↓はニューヨーク「セントラルパーク」に面したホテルの、サンライズのタイムラプス動画を撮った時のヤツ。

www.youtube.com


ちなみに。

自分が購入したのは「Mega Tiny Corp」という商品。

f:id:tonogata:20170203002314j:plain:w300

しかし現在は、日本では入手が難しいかもしれない。

アメリカの公式サイトでは売っている。
MEGAVERSE Anti-Gravity Phone Cases – Mega Tiny

日本のAmazonだと、ちょっとお値段が高い。


こちらの「Mega Tiny Corp」。
スマホケースの背面が、平らなモノならなんでも吸着する素材
(普通のTPUケースだが、背面だけちょっとナノテクがはいってる感じ)

手で触ると、多少ベタベタする感あり。
(ほんの少しだけ、肌に吸い付いちゃう感じ)

ティッシュペーパーをつけてみると、、、


f:id:tonogata:20170203005614j:plain:w600


繊維がちょっとついちゃう。
(遠目では分からない)


f:id:tonogata:20170203005746j:plain:w600


ズームイン。


f:id:tonogata:20170203005821j:plain:w600


まぁ個人的には気にならないレベルなので、いちいち掃除はしてない。
気になる人は、気になるかもしれない。

いずれにせよ、撮影時のみ装着して、普段は普通のスマホケースを使っている。

汚れがつくと吸着力が落ちるらしいが、水で洗い流せる。
自分は問題なく使えているので、1年近く一度も洗ったことない。
(撮影時にしか使わないので使用頻度が低い)


さて。


そんな「反重力ケース」だが、「性能がアップした新商品とか出てないかな?」と思って探してたんだが、、、
あんま新製品が出てないのね。。。

↓とかは、同じジャンルの製品かな。



アイディア的にはいいと思うから、もうちょい他の商品も出てくるといいんだが・・・。

いま自分が使っているのは、電車だと問題ないけど、飛行機が無理。
飛行機にも使えるヤツがでるといいな、と。


そう思いまして。

そんな感じ。

www.bousaid.com


旅行用アイテム カテゴリーの記事一覧 - やじり鳥

|TOPページ|記事一覧|プライバシーポリシー|