沖縄をめぐる「るるぶ」と「まっぷる」の攻防、或いはいわゆる「美ら海フォール」のこと

全県分出ているガイドブックの中でも、一番大きな需要がありそうな「沖縄」。

最近、「るるぶ沖縄」を買おうとしてAmazonで検索したら、検索結果に「まっぷる沖縄」も出てきた。

f:id:tonogata:20170218144721j:plain:w500

ガイドブック タイトル
るるぶ るるぶ沖縄 17
まっぷる まっぷる沖縄 18

あれ?

「るるぶ」は2017年版なのに、「まっぷる」はもう2018年版なのか。
こっちの方が新しいのかな?と思って発行日を見てみると・・・

ガイドブック タイトル 発売日
るるぶ るるぶ沖縄 17 2016/12
まっぷる まっぷる沖縄 18 2017/2

発売日としては、2ヶ月しか違わない。

ちなみに「るるぶ」も「まっぷる」も、基本的に同じシリーズは毎年同じ時期に出すことが多い。
(各地域版で発売日が異なるが、同じ地域版は毎年同じ時期にでる)

沖縄の場合・・・
「るるぶ」は12月に、次年度年号のバージョンを出す。
「まっぷる」は2月に、次年度年号のバージョンを出す。

2月から先は、常に「まっぷる」の方が「翌年度版」で、新しく見える状態。
(繰り返しだが、発刊日は2ヶ月しか違わないので、タイトルの妙である)

f:id:tonogata:20170218152316j:plain:w400

「まっぷる」の圧勝?
(タイトルの「新しい感」だけみれば)

しかし「るるぶ」も負けていない。

両社とも、沖縄については「ベスト」(or ベストスポット)という別冊もだしている。

  • 「るるぶ 沖縄ベスト」
  • 「まっぷる 沖縄ベストスポット」

「るるぶ」は「まっぷる」に、この「ベスト」で追いつく。
(毎年5月に、翌年度版を出す)

一方の「まっぷる」は、毎年出すわけでもない模様。
(出る場合は、12月)


f:id:tonogata:20170218153302j:plain:w600
※例年の発売からの予想なので、実際にどうなるかは不明

るるぶ→まっぷる→るるぶ。

つまり、「るるぶ」による挟み撃ちの形になるな。


さらに、沖縄については「ドライブ版」もある。
この「ドライブ」については、GWに向けてか?3月に両社一斉にスタート。

  • 「るるぶ沖縄ドライブ」
  • 「まっぷる沖縄ドライブ」


さらにさらに。
「るるぶ」については上記に加えて、「るるぶこどもと行く沖縄」というシリーズも存在する。
これは、子供の夏休みに向けて?、毎年6月に発売。


そう。


これで完成である。


沖縄をめぐる、ナイアガラ・フォールならぬ、「美ら海フォール」。

f:id:tonogata:20170218154701j:plain
※例年の発売からの予想なので、実際にどうなるかは不明

みよ、この圧巻の滝。
名付けて、「美ら海フォール」。


大事なことなので、もう1回言っていいですか?


ありがとうございます。


・・・。


美ら海フォールっ!!


そしてこうしてみると、「るるぶ」の兵力は圧巻だな。


最初、「2月に翌年度版を出すなんて、『まっぷる』はやんちゃだな!」と思ったが・・・
そもそも「ドライブ版」で3月に両社とも翌年度版を出してるし・・・
この「るるぶ」の物量を前にすると、「まっぷる」が発行タイミングで先行しようとするのも、分からないでもない気がするなぁ、と。


なお、各シリーズの発売日は、過去数年分のをチェケらった。
しかし、正確ではない可能性があるので、ご留意ください。

そんな感じ。

www.bousaid.com

ガイドブック カテゴリーの記事一覧 - やじり鳥

|TOPページ|記事一覧|プライバシーポリシー|