読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

メキシコシティ国際空港のラウンジ、両替、コインロッカー、街へのタクシーなど(ベニート・フアレス国際空港)

メキシコ ラウンジ 海外旅行

メキシコシティ国際空港のラウンジ

メキシコシティから成田に帰国する際に、ANA指定のラウンジに行ってきた。
なお、ANA便は現地の深夜1時発なので、このラウンジも遅くまでやってます。

指定されたラウンジは、「グランドラウンジエリート」(GRAND LOUNGE ELITE)
https://www.ana.co.jp/serviceinfo/international/inflight/guide/lounge/detail.html?c=mex

保安検査を抜けて、少し歩くとあった。
深夜で閉まっている施設も多い中、絶賛営業中の「のぼり」があるので、迷わない。

f:id:tonogata:20170310002239j:plain:w600

「ANA歓迎」とある。

中に入ってみると…。

f:id:tonogata:20170310002313j:plain:w600

残念ながら、狭い。

いや、狭くはないかもしれないが・・・

↑の倍くらいの広さはあるが、利用者が多いこともあり、座る席がない…。
(空いてそうな席も、よく見ると誰かの荷物が…)

深夜の空港でやることもないので、みんなラウンジにきちゃうんだろうな。。。

利用者のほとんどが日本人で、サラリーマンが多いようだった。

フード類は、そこそこ充実していた。

f:id:tonogata:20170310002452j:plain:w600

ちょっとメキシカンなものから、パンまで用意。

f:id:tonogata:20170310002516j:plain:w600

寿司?みたいなのも…。

f:id:tonogata:20170310002602j:plain:w600

なんとか空席をみつけて、コーラと一緒にいただきました。

f:id:tonogata:20170310002658j:plain:w600

食い終わった後、シャワーを使いたかったが、1つしかなく順番待ちになっていたので、諦めた。

混んでてなんだか落ち着かないこともあり、そのまま退室。
ちょっと早めに搭乗ゲート前に向かうことにした。


途中、ベンチなどをみると、やっぱりスカスカ。
なんつーか、ラウンジよりこっちの方が静かそう笑

f:id:tonogata:20170310003021j:plain:w600

0時をまわっても、開いてる店は、開いている。

f:id:tonogata:20170310003118j:plain:w600

カフェとかもありました。

f:id:tonogata:20170310003204j:plain:w600

ANA便の搭乗ゲート周辺のメゾンカイザーも、まだやっているようだった。

f:id:tonogata:20170310003220j:plain:w600


後から思ったんだど・・・
プライオリティ・パスで「空いてそうなラウンジ」を探しても、良かったかもしれない。
Mexico City Benito Juarez Intl


その他、使えるラウンジを探す場合は、以下など参照。

www.bousaid.com

なお、ANA便が使うのは、メキシコシティ国際空港の「ターミナル1」になります。


空港でメキシコ「ペソ」への両替

メキシコの通貨「ペソ」は、日本円から両替レートがかなり悪く、

  • 国内で用意した米ドルを、メキシコ到着後にペソへ両替
  • クレジットカードでのキャッシング

などが、よく使われるらしい。

自分は、手持ちの米ドルが結構あったので、それを利用。
(+α、ちょっとだけ国内でも米ドルを作っておいた)


メキシコシティに到着後、イミグレを抜ける。
その到着フロアには、ズラッとお店がある。

「両替屋」も結構な数があり…。
5店舗以上はあるのかな?

f:id:tonogata:20170310004331j:plain:w600

レートを掲げているので、米ドル(buy)をチェックしてみる。
店によって、1ドル=18.30~19.20ペソという感じだった

f:id:tonogata:20170310004528j:plain:w600

基本的に、奥に進んだ方が「レートが良い」と思った。


結局、1ドル=19.10の店で300ドルを両替し、5730ペソを得た。
ここでは、パスポートは不要だった。
※市内の「銀行」で両替した際には、パスポートが必要なうえ、結構時間がかかった
※米ドルは、1日300ドルまでしか両替できない規制があるらしい(運用上も守られているかは不明だが)


なお空港の両替屋では、200ペソ紙幣以下で用意してくれた。
市内の銀行で両替した際には、500ペソ紙幣が入っていたので、200ペソ紙幣以下にするようお願いした。

20ペソ紙幣、50ペソ紙幣が一番使い勝手が良い(チップに利用)。
特に「20ペソ紙幣」は重宝した。
硬貨もあるが、チップでは硬貨を使いにくいので…。


チップや、ペソ紙幣の種類については、ANAのサイトなどを参照。

https://www.ana.co.jp/book-plan/destination/international/prc/area-basic-info.html?c=mex
f:id:tonogata:20170310005205p:plain:w400


旅行中に両替は、2回した。
1回目は空港、あとはカンクンのホテルゾーンの銀行。

空港の方が、レートが良かった。

シティやカンクン繁華街での両替レートは、チェックしてない。
(ただシティでは、それほど両替屋は見かけなかった)

www.bousaid.com


空港から市街地へのタクシー

メキシコでは白タクが結構「やんちゃ」らしいので、認定タクシー・ブースに向かいます。
「Authorized Taxi Only」が目印。

f:id:tonogata:20170224061809j:plain:w600

到着フロアで、両替所などの店を越えて、ずっと奥へ。
空港の端っこに、認定タクシーのチケット・ブースがある。

※矢印のボックスは、全部タクシーの店
f:id:tonogata:20170311004240j:plain:w600

どの店も「タクシー?タクシー?」と呼び込みをやっています。

自分が使ったのは、↑写真の真ん中の矢印、「exelencia」。

料金は、ブロックごとに決まっている。
とりあえず行き先のホテル名とかを伝えると、「それは○○(ゾーン名)だから、○ペソだな」とか言われます。

言われるがままに支払います。

2回乗ったんだけど、観光名所の中央広場 (ソカロ)までで、230ペソ(1350円)
もうちょい遠いホテル直行の時で、280ペソ(1650円)

なお、ここら辺の空港の人たちはみんな英語でイケました。

料金を払って、レシートをもらう。
そして、「○番出口の外の係員にレシートを渡せ」と言われます。
(空港の出口に番号が書いてある)

この会社の場合(たぶん他の会社も)、そのまま近くの出口から外にでると、店の名前で看板がたってた。

f:id:tonogata:20170311004914j:plain:w600
※暗くて見えにくいが「exelencia」と書いている

そこでベストを着たスタッフにレシート渡す。
タクシーを呼んでくれる。

f:id:tonogata:20170311005005j:plain:w600

会社のロゴが入ったタクシーがやってきて、乗りました。

ドライバーにはレシートを渡して、行き先を再度伝えて、出発。
(レシートにはゾーン名しか書いてないので、ホテル名とかを再度伝える必要があるっぽい)


ちなみに、この時にタクシーを手配してくれる人には、「チップは不要」とどっかに書いてあった。
しかし自分は当初知らなかったので、20ペソ渡してましたね笑


空港のコインロッカー

カンクンからメキシコシティに戻ってきたあと、少し時間があったので、スーツケースをコインロッカーに預けて、街に出た(タクシー)。

コインロッカーは、到着フロアの両替屋とかタクシー・ブースがある並びにある。
(ターミナル1の話だが、ターミナル2にもあるらしい)

f:id:tonogata:20170311010401j:plain:w600

この看板が目印です。
24時間営業。

f:id:tonogata:20170311010543j:plain:w400

中に入るとスタッフがいて、空いてるロッカーを教えてくれました。

問題なく収納できれば、料金を払います。

24時間までOK、120ペソ。
700円くらい。

f:id:tonogata:20170311010731j:plain:w600

こんな感じの鍵をもらいます。

開けるときは、自分で鍵を開けて荷物を取り出しました。

なかなか便利でした。


その他

あとは、メキシコシティに到着した際に、SIMのお店を探した。
(SIMフリーのiPhone用)

携帯ショップらしき店で「SIMを売ってる?」と聞いたところ、「2Fにあるよ」と言われたんだが・・・。
結局、2Fでも見つけられず、探すのが面倒になったので諦めた。

実は、今回は「もしかしたら空港でSIMを見つけられないかも」と思い、レンタルのモバイルWiFiを持っていったのであった。
なので、旅行中はずっとそのモバイルWiFiを使ってました。


ANAが使うのは「ターミナル1」だが、カンクンへの国内線(アエロメヒコ)は「ターミナル2」だった。
ターミナル1と2の移動は、無料のシャトル(電車みたいな)あり。

そのシャトルからの、夜の空港の眺めがキレイでした。
(写真撮るの忘れた)


そんな感じ。

www.bousaid.com

メキシコ カテゴリーの記事一覧 - やじり鳥