メキシコで食べた「タコス」の種類や値段など

f:id:tonogata:20170320010647j:plain:w500

メキシコにいった際に、タコスを食べた。

別に名店のタコスを食いに行ったとか、そーゆーことではない。

普通にそこらの店で、何度かタコスを食べたので、ちょっとそのメモにて。

タコスのチェーン店「TACO INN」でパストール

せっかくのメキシコなので、タコスを食いたい。

「タコスのローカル・チェーン店があれば、それも食ってみたいな」と思い探したら、「TACO INN」というチェーン店があるという。
Taco Inn Menu

メキシコ・シティにて、「ソカロ」(Zocalo)からの帰り道に「TACO INN」を見つけた。
早速入ってみる。
TACO INN (Google Maps)

f:id:tonogata:20170320011325j:plain:w600

この「TACO INN」は商業ビルの1F、フードコート内にあった。
写真と番号付きで、いろんなセットメニューがあり、自分のような初心者にも分かりやすい。

f:id:tonogata:20170320011412j:plain:w600

オーソドックスな豚肉入りのタコス「(1)PASTOR(パストール)」は、4つ=69ペソ、6つ=89ペソ、8つ=129ペソ・・・。
ワンドリンク付き。

f:id:tonogata:20170320011452j:plain:w600

店員に、タコスってどんなサイズ感?と聞いたら、人差し指と親指でOKサイン。
(実物はそのOKサインの○よりは大きかったが)、1つ1つは小さいらしい。

「それなら」と思い、タコス6つとコーラを注文。
89ペソ (530円くらい)、注文と同時に支払い。

タコスができあがるまで、カウンター周辺を眺める。
カウンターには、タコスにかけるサルサソースやタマネギなどがあり。

f:id:tonogata:20170320012123j:plain:w600

自分でかけてから、席に持ち帰る感じらしい。
よく分からないので、色々かけておいた。

f:id:tonogata:20170320012853j:plain:w600

お肉がコロコロしてて、美味しい。
予想していた感じの、普通のタコスであった。

緑色のソースは、「サルサ・ベルデ」というのだろうか。
グリーン・トマトと唐辛子、そんなに辛くない。
酸味が爽やかで、美味しかったな。

食い終わった後、片付けはせず、そのまま離席する感じ。
「フードコートは確かチップはいらないハズ」と思ったんだが、席を片付けてまわるスタッフがいるようだったので、10ペソくらい置いて帰った。
(必要だったかは分からない)


軽食堂「San Martin」でチョリソーのタコス

イスラ・ムへーレスにて、昼食で立ち寄ったレストラン。
「Loncheria San Martin」。
Loncheria「San Martin」(Google Maps)

「Loncheria」というのは、軽食堂的な意味らしい。

f:id:tonogata:20170320014302j:plain:w600
※3つほど軽食堂が並んでいる、真ん中が「San Martin」

英語併記のメニューがある。
タコスも、数種類はあるようだった。

f:id:tonogata:20170320015035j:plain:w600

「Tacos de chorizo」(40ペソ、約200円)を注文。
チョリソーのタコスで、3つ入り。

f:id:tonogata:20170320010647j:plain:w600

チョリソーはそぼろ的な感じで「さほど」だが、アボガド入りで美味い。
ピンクのやつは何か分からないが、ピリッとしてて良い感じ。

腹が減っていたので、追加でブリトーも注文。
「Burrito de pollo」(75ペソ 約450円)。

f:id:tonogata:20170320020017j:plain:w600

鶏肉のブリトーだが、シーチキンのようにホグホグできて、美味しかった。

そのほかコーラを2本飲み、合計で165ペソかな?
200ペソ(千円)渡して、お釣りをチップにしてくれ、といって帰った。

腹いっぱい。


カンクン「Taco Factory」でチーズ&ビーフのタコス

カンクンのホテルゾーンで、「Taco Factory」へ。
Taco Factory (カンクン) トリップアドバイザー

f:id:tonogata:20170320022241j:plain:w600

メニューをみると、チーズ入りのタコスがあるようだった。

f:id:tonogata:20170320022449j:plain:w600

「BEEF with CHEESE TACO」(40ペソ、200円)を、3つ注文。
さすがにカンクンは高いな、と思った。

f:id:tonogata:20170320022739j:plain:w600

よく考えたら、1個ずつ別のを頼めば良かった。
しかし、やはりチーズ入りは美味い。

その他にも、ステーキ・タコス?など、気になるモノがあった。
しかし、タコス以外を食いたかったので「MINI BURRITOS」のチキン、75ペソを追加。

f:id:tonogata:20170320023255j:plain:w600

思惑が外れたのが、ビール。
「Michelada Beer」というビールで、Solを頼んだら・・・

f:id:tonogata:20170320023311j:plain:w600

なんか、きた。

「Michelada」というのは、タバスコとか酢を混ぜたものらしく、それがグラスに入っている。
そこに、ビールを注ぐのである。

美味いかどうかでいうと、自分的には結構微妙な味わいだった。
せっかくだから、最後までコレで飲んでみたけど。

味は、タバスコと酢の味です笑

やはり、こう、知らない名前のメニューにチャレンジする際には、ちゃんと「その場でググる」をしないと危ないな笑。


こちらのお店も、メニューに「価格にチップは含まれていない」とあったので、チップを払って店を出た。
たしか245ペソで、300ペソ払ってそのままチップにしてくれと頼んだ記憶(20%ちょいのチップ)。

そんな感じ。

www.bousaid.com

メキシコ カテゴリーの記事一覧 - やじり鳥
グルメ カテゴリーの記事一覧 - やじり鳥