JAL、当日空港でのプレエコへの有償アップグレード料金を値上げ。最大2倍の料金へ。

JALは空港にて、プレエコへのアップグレードを有償販売している。
(プレエコに空席がある場合)

例えば東南アジアは、1万円でエコからプレエコにアップグレード可能。
ただし、もらえるマイル/FOPは「エコノミーのまま」であるため、メリットとしては「席が広くなる」などのハード面のみとなる。

そこら辺については、下記を参照。

www.bousaid.com


さて。

そのプレエコへの有償アップグレードだが、2017/4より値上げとなる模様。

プレミアムエコノミークラス空港当日アップグレードの販売料金の変更について

ご出発当日JAL運航便のプレミアムエコノミークラス座席に空席がある場合、追加料金でプレミアムエコノミークラス座席のご利用を募集することがございますが、この度2017年4月1日より以下のとおり販売料金を変更いたします。


値上げ幅はエリアによって異なるが、欧米など長距離路線だと
3万円→4万円
にアップ。

東南アジアに関しては、
1万円→2万円
と2倍になるので、痛い。

具体的な、新旧価格は以下。

渡航先 現行 改訂後 倍率
ニューヨーク 30,000円 40,000円 1.3
シカゴ 30,000円 40,000円 1.3
ボストン 30,000円 40,000円 1.3
ダラス 30,000円 40,000円 1.3
ロサンゼルス 30,000円 40,000円 1.3
サンフランシスコ 30,000円 40,000円 1.3
ホノルル 30,000円 40,000円 1.3
ロンドン 30,000円 40,000円 1.3
パリ 30,000円 40,000円 1.3
フランクフルト 30,000円 40,000円 1.3
ヘルシンキ 30,000円 40,000円 1.3
モスクワ 30,000円 35,000円 1.2
シドニー 30,000円 30,000円 1.0
バンコク 10,000円 20,000円 2.0
ジャカルタ 20,000円 20,000円 1.0
シンガポール 10,000円 20,000円 2.0
ハノイ 10,000円 20,000円 2.0
クアラルンプール 20,000円 20,000円 1.0
デリー 20,000円 30,000円 1.5
香港 10,000円 15,000円 1.5

※日本発便でない場合は、現地通貨価格の設定となる。公式HP参照。

シドニー、ジャカルタ、クアラルンプールについては、変化なし。
アジア・オセアニア内での長距離路線は、元々が割高だったのか、今回は据え置きのようです。


この制度、個人的には何度かお世話になったので、値上げは残念。

もらえるマイル/FOPは変わらないが、「今回はちょっと疲れたな」と思ったら、お金を払って楽ができるというシステムだった。
プレエコに空席がある場合、空港でのチェックイン時に↓のような募集があったりするんですよね。

f:id:tonogata:20160522153137j:plain:w400


今回の値上げで、別にANAのように上級会員へのプレエコ開放があるワケじゃないし、、、
ちょっとこう、微妙だよなぁ、と。
単純に値段があがっただけで。

www.bousaid.com


なんか値上げの理由があるんだろうか。。。

そう思いました。

JAL カテゴリーの記事一覧 - やじり鳥

|TOPページ|記事一覧|プライバシーポリシー|