読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

「iPhoneバックアップに失敗」(iCloud)エラーの原因を探して対処する

「iPhoneバックアップに失敗」エラー

最近、頻繁に「iPhoneバックアップに失敗」というエラーがでるようになった。
↓のように、いちいちエラー通知がくるのだ。

f:id:tonogata:20170507134737p:plain:w300

詳細を確認すると、「iCloudの容量が足りず、バックアップできなかった」というエラーの模様。
つまり、「iCloudバックアップ」に失敗しているんだな。

f:id:tonogata:20170507134757p:plain:w400

もともとiPhoneには、バックアップする方法が2つある。

  • iCloudへの自動的なバックアップ
  • iTunes(PC)を使った手動でのバックアップ

※両方とも平行して利用可能

公式サイトでの説明は以下。
iPhone、iPad、iPod touch をバックアップする方法 - Apple サポート

本件は、そのうちの「iCloudバックアップ」の話になる。


「iCloudバックアップ」とは

「iCloudバックアップ」では、インターネット上のセキュアな「iCloud」を保存先に使う。
この「iCloud」領域は、1人につき5GBまで無料で利用可能。

5GBで足りないという場合は、月額料金を払ってiCloud容量を増やすことも可能。
iCloud ストレージのアップグレードとダウングレード - Apple サポート

ただまぁ、普通お金を払ってまで、容量を増やさないよね。

そのため、基本的に「iCloudバックアップ」は無料の5GB以下に収め、写真など重いデータは「iTunesバックアップ」でパソコンに保存するということになる。

iCloudの容量が足りなくなった場合、iPhoneからもデータ削除が可能。
公式サイトでの説明ページは、以下。
iCloud ストレージを管理する - Apple サポート


ストレージ使用状況を確認する

iCloudやiPhone本体のストレージ利用状況は、以下で確認可能。
「設定」→「一般」→「ストレージとiCloudの使用状況」

↓の場合、128GB版のiPhoneのストレージを、30GB利用している。
本体容量としては、まだまだ余裕である。

しかし、バックアップ先のiCloudは、本体容量に関わらず「5GB」しかない。
そのため、iCloudバックアップするアプリを、ちゃんと選ぶ必要がある。

f:id:tonogata:20170507135930p:plain:w400


「iCloud」の方の「ストレージを管理」で、詳細を確認してみる。
5GBのうち、4.4GBが使用済み。

f:id:tonogata:20170507140959p:plain:w300

バックアップ自体は最新のデータのみ保持されるため、バックアップする度に蓄積されていくワケではないと思うんだが・・・。
iCloudに蓄積されていくデータもあるので、注意が必要。

早速、バックアップ対象の詳細を確認すると、1GB以上を使う大きなアプリが見つかった。
iCloudが5GBなのに、1GB使っちゃうと容量が足りなくなるので、そーゆーのは「iCloudバックアップ」からは除外したい。
(iTunesバックアップの方でまかなう)

f:id:tonogata:20170507141248p:plain:w300

なかでも、「ヘルスケア・データ」が2.25GBも使ってしまっているのは、大問題。

iCloud容量の、半分じゃん。

まじビックリしちゃう。


iPhone「ヘルスケア・データ」を削除

iCloudの容量を2.25GBも使っていた、「ヘルスケア」アプリ。
iPhone や iPod touch でヘルスケア App を使う - Apple サポート

iPhone本体アプリの状況を見てみると、138mbしかない。

f:id:tonogata:20170507141818p:plain:w300

つまり、「ヘルスケア・データ」については、過去分も含めてどんどんiCloudに蓄積されていってしまうのかもしれない。

現在のiPhone「ヘルスケア」は、他のアプリと連携しない限り、毎日の歩数データくらいしか持ってないハズ。
(iPhoneは階段の昇降を認識できるので、歩数の数字だけでなく、もう少し細かいデータは持っていると思うが)

しかし個人的には、以下のアプリを「ヘルスケア」に連携させてデータ取得している。

  • 「Apple Watch」で自動取得される脈拍データ
  • 「Sleep Cycle」の睡眠データ
  • 「Withings」の体重データ

ただまぁAppleWatchを除けば、各データは各アプリの方に保存されているし・・・。
iCloudの容量が足りなくなるくらいなら、これらのデータも「ヘルスケア」としてのバックアップは不要かな・・・。

ということで、「ヘルスケア」アプリをiCloudバックアップの対象から外すことにした。

f:id:tonogata:20170507142636p:plain:w300

「ヘルスケア」をバックアップ対象から外すと、そのままiCloud上でのバックアップも削除される。

そして、iCloudの容量を見てみると、無事4.4GB→2.2GBに減っていた。
これで、次回のバックアップには失敗しないだろう。

f:id:tonogata:20170507142720p:plain:w300

ちなみに、バックアップ先のiCloudから削除されるだけで、iPhone本体からは削除されない。

ヘルスケアの過去蓄積データについては分からないが、通常アプリのバックアップについては、iCloudでバックアップしなくても、iTunesの方でバックアップすればよいので、特に失敗とかはしないかな、と。


そんな感じ。

www.bousaid.com

iPhone カテゴリーの記事一覧 - やじり鳥