燃油代(サーチャージ)が8月購入分から値下げ。飛行機代がちょっとだけ安くなる。

ANAが燃油代(サーチャージ)を8月購入分から値下げ
(JALも同額になるかと思います)

公式サイトはコチラ。
燃油特別付加運賃 / 航空保険特別料金について ANA

燃油代は、シンガポール ケロシン価格(過去2ヶ月分の平均)に対して、価格テーブルが決まっている。
今回は、その価格テーブルでは最安値(無料の次)になるという話。
※JAL的な言い方では、「Zone A」への値下げ

ケロシン価格→
燃油代↓
ゾーン A
6,000円以上
7,000円未満
ゾーン B
7,000円以上
8,000円未満
ゾーン C
8,000円以上
9,000円未満
ゾーン D
9,000円以上
10,000円未満
ゾーン E
10,000円以上
11,000円未満
韓国・極東ロシア 200円
(前回から-100円)
300円 500円 1,000円 1,500円
中国・台湾・香港 500円
(前回から-1000円)
1,500円 2,500円 3,500円 4,500円
グアム・フィリピン
パラオ・ベトナム
1,000円
(前回から-1000円)
2,000円 3,000円 4,000円 5,000円
タイ・シンガポール
マレーシア
1,500円
(前回から-1500円)
3,000円 4,500円 6,500円 8,500円
インドネシア・インド
スリランカ・ハワイ
2,000円
(前回から-2000円)
4,000円 6,000円 8,500円 11,000円
北米(ハワイ除く)・欧州
中東・オセアニア
3,500円
(前回から-3500円)
7,000円 10,500円 14,000円 17,500円

※片道分の燃油代 (往復チケットなら倍が必要)

ただし、燃油代が安くなるのは「8月以降の購入分」。
(特典航空券についても同様)

今日(6/10)時点では、それより1段階高い「ゾーンB」になっている。

飛行機のチケット代は、
「運賃」+「燃油代」+「諸税」
という構成。

このため、8月購入分からは総額での飛行機代が、ちょっとだけ安くなる。


なお、燃油代の過去の推移は以下の通り。
2013年から、現在まで。

f:id:tonogata:20170610111743p:plain:w800

2016/4~2017/1まで無料時代が続いたが、2017/2に復活。
いったん値上げが続きつつ、今回でちょっと値下げに傾いた。

発券時期 欧州/北米 ハワイetc タイetc グアムetc 中国 韓国
2017/8 3500 2000 1500 1000 500 200
2017/4 7000 4000 3000 2000 1500 300
2017/2 3500 2000 1500 1000 500 200
2017/1 0 0 0 0 0 0
2016/4 0 0 0 0 0 0
2015/12 7,000 4,000 3,000 2,000 1,500 300
2015/8 10,500 6,000 4,500 3,000 2,500 500
2015/4 14,000 8,500 4,000 3,500 3,500 1,000
2014/12 21,000 13,500 6,500 5,500 5,500 2,000
2014/8 25,000 16,000 8,000 7,000 7,000 2,500
2014/4 23,500 15,000 7,000 6,000 6,000 2,200
2013/12 21,000 13,500 6,500 5,500 5,500 2,000
2013/10 21,000 13,500 6,500 5,500 5,500 2,000
2013/4 23,500 15,000 7,000 6,000 6,000 2,200

※全て「片道分」。往復チケットなら2倍必要


燃油代が下がると、運賃が上がる?という話もある。

そこら辺は、以下を参照。

www.bousaid.com


そんな感じ。

燃油代 カテゴリーの記事一覧 - やじり鳥