JR四国「バースデーきっぷ」(3日間)で四国一周しつつ食べた、駅弁のメモ(2017年)

JR四国の「バースデーきっぷ」で、四国を周遊した。
バースデイきっぷ 四国旅行

3日間、電車に乗り放題。
料金体系が少し変わったが、相変わらず魅力的なチケットではある。
JR四国「バースデーきっぷ」が2017年4月から値上げ

今年もまた、3日間の旅行中の食事は「なるべく駅弁」で。
電車三昧、汽車三昧、駅弁三昧。

れっつらゴー!!

松山駅(愛媛)「醤油めし」(800円)


出発地点は、去年と同じ愛媛・松山
松山駅は、空港からリムジンバスで20分弱(310円)と近いので、使いやすいのだ。

f:id:tonogata:20170614070907j:plain:w600


松山駅で、まずは朝飯代わりの駅弁を購入。
昭和35年から続くロングセラー、「醤油めし」。

f:id:tonogata:20170614225615j:plain:w600


これは去年の四国一周時に、自分ランキング1位だった駅弁。
シンプルに、滋味あふれる逸品である。

www.bousaid.com


改札通過後、目の前にある「鈴木弁当」。
まだ時間も早いので、「醤油めし」の在庫もあり。

f:id:tonogata:20170614225927j:plain:w600


特急宇和海9号(宇和島行)に乗り込み、早速弁当を広げる。

f:id:tonogata:20170614230234j:plain:w600


ほんのり甘い炊き込み飯を、おかずと一緒にガボッと頬張る。
噛むほどに、山菜やタケノコの水分がジワッと湧き出し・・・

滋味、滋味。

ご褒美のメインディッシュは、一切れの鶏肉。
たった一切れと思い、大事に、大事に、いただくと・・・。

美味いんだなぁ、コレが。

さて。

宇和島で乗換え、窪川に向かう。
車窓には、のどかな田園風景。

f:id:tonogata:20170614230942j:plain:w600

そのうち地元民もいない区間にさしかかり・・・。

スカスカのローカル電車、風情あります。

f:id:tonogata:20170615071221j:plain

座席が立派な特急もいいですが・・・

やはり普通列車も四国一周「電車旅」の醍醐味ですね。。。

f:id:tonogata:20170615071718j:plain:w600
※江川崎駅での一時停車、トイレ休憩だそうです・・・


高知駅「焼きさば寿司」(756円)

f:id:tonogata:20170614231811j:plain:w600

高知駅である。

坂本龍馬像がお出迎え。

f:id:tonogata:20170614231856j:plain:w600

改札外の土産物屋をのぞくと、駅弁を発見。

「焼きさば寿司」(756円)。

f:id:tonogata:20170614231933j:plain:w600

「四国の駅弁大賞2012 銅賞」とある。

ホテルにチェックインしつつ、遅めの昼食。

f:id:tonogata:20170614232249j:plain:w600

焼きさば、ウマイね。
身がしっかりしてて、良い感じです。

しかし、まだまだ食い足りません。
完食して、さっそくお出かけ。

目指すは、西日本で最後の「トーストサンド自販機」・・・。

www.bousaid.com

f:id:tonogata:20170529004725j:plain:w600


高知駅「土佐はちきん 母子弁当」(500円)

2日目の朝は、秘境駅「坪尻」を目指すべく、早起き&チェックアウト。

まずは高知駅で「土佐はちきん 母子弁当」(500円)を購入し、特急南風8号に乗り込む。

f:id:tonogata:20170614234916j:plain:w600

阿波池田駅で、土讃線・琴平行に乗換え。

坪尻駅までは、17分。

f:id:tonogata:20170604113757j:plain:w600

到着しました。

谷に埋もれた、秘境駅「坪尻」。

f:id:tonogata:20170604114334j:plain:w600

駅舎の中で、「母子弁当」をいただく。

f:id:tonogata:20170604124144j:plain:w600

そこら辺の話は、以下。

www.bousaid.com


坪尻駅をあとにすると、徳島→高松に向けて出発・・・

f:id:tonogata:20170604125009j:plain:w600


倉敷「たこ飯と味わい弁当」(1080円)

2日目の行程は、夕方に到着した高松で終了。

f:id:tonogata:20170615073140j:plain:w600

高松駅には、立派な駅弁屋さんがある。

f:id:tonogata:20170614235651j:plain:w600

今回は、「たこ飯と味わい弁当」(1080円)をチョイス。

こちらもホテルに持ち帰っていただきます。

f:id:tonogata:20170614235758j:plain:w600

購入してから気付いたが、こちらは四国でなく倉敷市の駅弁であった。

瀬戸大橋の玄関口・倉敷市児島をテーマにした駅弁
瀬戸内産いりこだしで炊き上げた郷土料理たこ飯や地元の老舗「塩尻喜月堂」の塩羊羹などを盛り込みました。
昔ながらの味をぜひご賞味ください
みよしの お弁当

それはともかく・・・

f:id:tonogata:20170615000403j:plain:w600

蛸がコリコリと、いい歯応え。
ウマイな、こりゃ。

f:id:tonogata:20170615000517j:plain:w600


ササッと食べ終わると、高松の商店街を散策へ。

大きな商店街ですね。
アーケードの総延長は2.7km、日本一の長さとのこと。

商店街のほぼ全てを覆うアーケードは総延長が2.7kmあり、総延長では日本一である。
高松中央商店街 - Wikipedia

f:id:tonogata:20170614232511j:plain:w600

商店街のシンボルとなっている天井ドームも、圧巻でした。
(丸亀町壱番街前ドーム広場)


高松駅(香川)「あなご飯」(1000円)

最終日、あとは松山に戻るのみ。

高松駅で、松山行きのアンパンマン列車に乗り込みます。

f:id:tonogata:20170615065339j:plain:w600

天井にも、アンパンマン達のイラストが描かれている。

f:id:tonogata:20170615065530j:plain:w600

松山までの乗車時間は、2.2時間。

高松駅で購入した、「あなご飯」(1000円)を開封して昼飯を。

f:id:tonogata:20170615065632j:plain:w600

甘く煮付けたあなご、うまし。
テリテリに輝いてみえる。

f:id:tonogata:20170615065748j:plain:w600

今治市を越えると、電車の車窓の景色は瀬戸内海。

「(松山に)戻ってきたなぁ」という実感がわいてくる。

f:id:tonogata:20170615065908j:plain:w600

そして・・・

終着の、松山駅。

f:id:tonogata:20170615070826j:plain:w600

駅前にある「喜助の湯」へ。

温泉で3日間の疲れを癒やし、今回の電車旅は無事終えたのであった。

www.bousaid.com


まとめ

今年は、なるべく去年食べた駅弁以外でいこうかな、と。

www.bousaid.com

とはいえ、最初の1発とラストは、

  • 松山の「しょうゆ飯」
  • 高松の「あなご飯」

を、どうしても食べたく(笑

車窓を眺めながらの、駅弁。

ホテルに持ち帰っての、駅弁。

美味かったです。


今年は去年とはまた違うルートで四国一周したんだが、まぁ一周というより「なるべく短めのルート」での一周となった。
ルート的には割とオーソドックスな?

そこら辺はまた、別記にて。


そんな感じ。

JR四国バースデーきっぷ カテゴリーの記事一覧 - やじり鳥