超広角カメラ「GoPro HERO5 Black」を、旅行時のサブ・カメラとして使う

f:id:tonogata:20170621235219j:plain:w800

先日、旅行先で知り合った人に見せてもらった「広角レンズ」のことが忘れられず、自分も「広角レンズが欲しい」と探していた。

とはいえ、デカいデジタル一眼+レンズを旅行先に持っていく気はないので、サイズの小さいコンデジとかアクションカメラの部類から、「なるべく広角なモノ」を探すことにした。


超広角なデジカメとアクションカメラ

広角側の焦点距離の値(mm)が小さいほど、より広い範囲を写真に収めることができるらしい。

自分が持っているカメラは「RX100M4」と「iPhone7」。
それらより大幅に広角なカメラがあれば、「サブカメラとして持ち歩くのもいいかな」と思ってリストアップした。

製品 焦点距離
(35mm換算)
レンズ センサー
iPhone6 29mm F2.2 -
iPhone7 28mm F1.8 -
iPhone用 ExoLens PRO 広角ZEISSレンズ 18mm - -
ソニー RX100 28mm F1.8 1.0型
ソニー RX100M3 24mm F1.8 1.0型
ソニー RX100M5 24mm F1.8 1.0型
キヤノン PowerShot G7 X 24mm F1.8 1.0型
オリンパス TG-870 Tough 21mm F3.5 1/2.3型
ソニー HDR-AS300 17mm F2.8 1/2.5型
カシオ EX-FR100 16mm F2.8 1/2.3型
GoPro HERO5 Black 15mm F2.8 1/2.3型


まず「iPhone6」と「iPhone7」については、28-29mm
F値については、iPhone7からF1.8になってレンズが明るくなった。

新しくサブカメラを買っても荷物が増えるだけなので、iPhoneの広角レンズを探してみた。
カールツァイスの「iPhone用 ExoLens PRO 広角ZEISSレンズ」。
これを装着すると18mmになる。

しかし、そこそこお値段が高いので保留にした。


ソニーの高級コンデジ「RX100」シリーズは、広角も売りにしている。
RX100M3からRX100M5で、24mm

このカメラは性能が良い割にコンパクトで、ポケットにも入るので旅行用に重宝している。
しかし、このカメラに装着できる広角レンズは売っていない。

「RX100M4」で24mmなので、それより大幅に数値の小さいヤツ・・・と探していたら、結局アクション・カメラに行き着いた。

アクションカメラの「ソニー HDR-AS300」、「カシオ EX-FR100」、「GoPro HERO5 Black」などであれば、20mmを下回る。

迷った末、「GoPro HERO5 Black」を買った。
「ソニー HDR-AS300」も迷ったが、本体にディスプレイがついてないので断念。

また、もともと動画撮影用途でのアクションカメラも欲しかったが、GoProはサードパーティー製のオプション品、特にジンバルが充実しているのも決め手。
「GoPro HERO5 Black」は、焦点距離も15mmといい感じ。

GoProについては画角が170°もあり、かなり広角な絵が得られるらしい。

GoProといえば、超広角レンズ。
その画角(対角)は約170°に広がり、焦点距離を35mmフイルムカメラに換算すると約15~16mm程度に相当します。
人間の視界に近いため、GoProのことを「見たままに記録できるカメラだ」と言う方も。
「スーパービュー」で超広角レンズを使いこなす【理論編】 | GoPro TIPS

以下、「GoPro HERO5 Black」を実際に使ってみた結果など。


「GoPro HERO5 Black」(15mm)と「RX100M4」(24mm)の画像比較

四国旅行に「GoPro HERO5 Black」と「RX100M4」を持っていき、同じ立ち位置から両方のカメラで撮影してみた。

特に「おぉ、超広角はやっぱスゲぇ」と思ったのは、↓の写真。

f:id:tonogata:20170621235219j:plain:w800
西日本で最後の一台、昭和レトロなトーストサンド自販機、高知「コインスナック プラザ」。 - やじり鳥

GoProであれば、店の外観をずっぽり収めることができた。
(まぁこの写真に限っては、立ち位置もちょっと違うけど)

後ろに道路があって、「これ以上後ろには下がれないけど、道路の反対側に行くと遠すぎるしなぁ」というシチュエーション。
近くから撮影しても、広い範囲を撮影することができるのは、やはり大きなメリットだな、と。


f:id:tonogata:20170621235917j:plain:w800
※高松にある商店街の天井ドーム

ここもまた、円形ホールの周縁に立って撮影しており、「クッ!!これ以上は後ろに下がれないッ!!」というシチュエーション。

GoProの方では、ガラス張りの「天井ドーム」を天頂付近までカメラに収めることができた。


こうした、「自分が後ろに下がって撮影できない」というシチュエーションの究極が、部屋撮り。

個人的に、旅行先で泊まったホテルは、安いビジネスホテルであっても写真に収めておきたい。
「なるべく部屋全体を切り取りたい」ので、広角な方が便利なのだ。

f:id:tonogata:20170622001030j:plain:w800
朝食会場は併設コンビニのイートイン・コーナー、「西鉄イン高知 はりまや橋」 - やじり鳥

同様に、秘境駅の駅舎を撮影した写真が、以下。

f:id:tonogata:20170622000357j:plain:w800
秘境駅として有名な「坪尻駅」へ。徳島の山に囲まれた谷底、山道からしか到達できない無人駅。 - やじり鳥


駅舎の外観写真は以下。

f:id:tonogata:20170622001746j:plain:w800


こっちは特に意味もないが、まぁより広い風景は切り取れている。

f:id:tonogata:20170622001800j:plain:w800


サブカメラとしての「GoPro HERO5 Black」

画質に関して言うと、やはり比べるまでもなく「RX100M4」の方がいい。
特に暗い夜間の撮影とかだと、GoProカメラはかなり厳しい印象。

ただまぁ、画質より広角優先のシーンでは、「GoPro HERO5 Black」は便利だった。

そもそも「GoPro HERO5 Black」はアクションカメラで、基本的には動画機能がメイン。
サブカメラと言っていいか良く分からないが・・・。

「広角なトイカメラ」みたいな感じで考えれば、「静止画撮影も便利だな」と思った次第。

サイズがかなり小さいので、2台目として持って歩くのも苦労しない。

操作方法は、ディスプレイを見ながら・・・

f:id:tonogata:20170622073520p:plain:w400

シャッターボタンを押すだけ。

f:id:tonogata:20170622002652p:plain:w400


タッチパネルのディスプレイでは、カメラの設定や撮影画像の確認ができる。

f:id:tonogata:20170622002902p:plain:w400


ボタンは「ぐいっ」と押し込む「動画撮影スタートボタン」な感じなので、デジカメのシャッターボタンの様に軽くはないが、まぁさほど不便ではない。

小さいのでポケットに放り込んで運用できるが、レンズむき出しなので、キャップだけは別途買っておいた方が良いかも。
カポッとハマって、ちょうど良いサイズ感のキャップ。

ただし、撮影するまでに「キャップを外す」というワンアクションが必要になる。
そのため、レンズ・液晶は「保護シールのみでまかなう」という手もある。

自分はなぜか、上記「保護シール」+「キャップ」という2段で運用している。
(保護シールをレンズにつけても、埃とか汚れがレンズについちゃうと、拭くのが面倒なので・・・)


動画撮影に関しては、今後試してみる予定・・・。
(所有のスマホ用ジンバルが使えないので、GoPro用ジンバルを購入検討中)


そんな感じ。

www.bousaid.com

www.bousaid.com

|TOPページ|記事一覧|プライバシーポリシー|