稚内「うろこ亭」で「ウニ・うろこ市丼」と、「むらさきうに大名丼」を食べた。

北海道 稚内「うろこ亭」

北海道の稚内に行った際に、「うろこ亭」でウニ丼などを食べてきた。

f:id:tonogata:20170720234827j:plain:w600


ホテルから割と近かったのと、初日に食べて気に入ったので2日連続の訪問である。

お店の前には、海。

f:id:tonogata:20170720235022j:plain:w600

「うろこ亭」は、老舗の水産加工会社の直売所「うろこ市」に併設。
新鮮な海鮮を楽しむことができる。

メニューはコチラ。

f:id:tonogata:20170720235727j:plain:w600


また、併設の工場見学(無料)も可能とのこと。

国内の約90%が稚内産という棒だらをメインに、 鮭とばやポンタラ、珍味、たらこなどを製造しており、その工場を見学(無料)することができます。
http://sakanaya.uroco1.com/item20.htm

「むらさきうに大名丼」(4900円)

初日に食べたのは、「むらさきうに大名丼」(4900円)

最初は「ばふんウニ」と「むらさきウニ」の2種盛り「うに2色大名丼」(5500円)を頼んだんだが、「今日はもう『ばふんウニ』が売り切れです」とのこと。

それで「むらさきウニ」のみの大名丼を注文した次第。

f:id:tonogata:20170721000443j:plain:w600

「大名丼」は通常の丼に対し、ウニの量が1.5倍。
その分、お値段も高い。

しかし、せっかくなので「大名丼」である。
「ばふんウニ」がないのは残念だったが、それはまた今度のお楽しみ。

f:id:tonogata:20170721000645j:plain:w600

見よ。

とろんとろんの、ウニまみれ。

f:id:tonogata:20170721000908j:plain:w600

舌で溶ける、そのウニの感触よ・・・。

無心で食い進めて、あっという間の完食でした・・・。


「ウニ・うろこ市丼」(2980円)

翌日食べたのは、「ウニ・うろこ市丼」(2980円)

f:id:tonogata:20170721001403j:plain:w600

テレビ番組「笑ってコラえて!」で紹介されたという「うろこ市丼」(1980円)に、ウニを追加したのが「ウニ・うろこ市丼」(2980円)。

ウニ、乗せちゃうよなぁ。
どうしても。

f:id:tonogata:20170721001617j:plain:w600

ウニ、カニ、ホタテ、イカ、イクラ、エビ、タコ・・・。
具だくさん。

f:id:tonogata:20170721001632j:plain:w600

ちょっとネタをよけてみると、その下に更に別のネタ。

折り重なって、入っているんだな。

ぐぁばっと醤油を振りかけて、箸で口にかき込もうとすると、気付く。

掘れば掘るほど、新たなネタが出てくる。

これは満足度高い。

ウニ丼で「ウニ一辺倒」も良かったが、具だくさんのコッチの方が貧乏性の自分にはリッチに感じる。

ウマイ!!


食後のコーヒー(9-14時は無料)

こちらのお店、食後のコーヒーが無料でした。

f:id:tonogata:20170721002906j:plain:w600

コーヒーはレジ横にあるので、セルフサービスで。

海を眺めながら、あったまる・・・。

なんといっても、稚内は寒い。

この日の東京の気温は、36-26度
盛夏である。

対する稚内は、16-13度
まじウケるんですケド。

ユニクロの長袖ヒートテック、持っていって良かった・・・。
それでもかなり腹が冷えたんだけど。

そんな時に暖かいコーヒー、ありがたいですね。。。


まとめ

今回、稚内から日帰りのフェリーで礼文島に行こうと思っていたが、天候が悪いので諦めた。

雨の礼文島もいいかもしれないが、やはり晴れの日に行きたいな・・・と。

それでまぁ稚内周辺をフラフラ観光してたんだが、「せめて食い物は」と思い奮発してしまった。

しかし、美味かったです。
大満足。

稚内は、いつかまた行くことになるだろうな、と。

そう思いました。

北海道 カテゴリーの記事一覧 - やじり鳥
稚内 カテゴリーの記事一覧 - やじり鳥

|TOPページ|記事一覧|プライバシーポリシー|