プライオリティ・パスで使えるサムイ島「ブルーリボンクラブ・ラウンジ」。クーラーでガン冷えが嬉しい。

タイのサムイ島空港で、プライオリティ・パス対応のラウンジを使った。
Blue-Ribbon-Club-Lounge

「ブルーリボンクラブ・ラウンジ」(BLUE RIBBON CLUB LOUNGE)は、バンコクエアウェイズのビジネスクラス向けラウンジ。

もともとバンコクエアウェイズでは、全ての乗客に開放している無料の「ブティック・ラウンジ」がある。

www.bousaid.com

サムイ島にも「ブティック・ラウンジ」があるが、プライオリティパスを持っている場合は「ブルーリボンクラブ・ラウンジ」が使えるのだ。
(ちなみにバンコクではでは「ブルーリボンクラブ・ラウンジ」は使えない)


さて。

サムイ島空港の施設は基本的に屋外にある。

税関を過ぎると、屋外を歩いて搭乗ゲートまで移動する必要あり。

f:id:tonogata:20170904005749p:plain:w600

めっちゃ暑いんである。

搭乗ゲートまで辿り着くと、南国らしい屋外の待ち受けスペース

f:id:tonogata:20170904010029p:plain:w600

開放感があって南国らしい雰囲気だが、実際に搭乗時間を待っていると暑い。


一応、隣には同じく屋外型の「ブティック・ラウンジ」もあり、飲み物が無料で用意されている。

f:id:tonogata:20170904010135p:plain:w600


その更に隣、ゲート2・3の間には、バンコクエアウェイズのビジネスクラス・ラウンジ「ブルーリボンクラブ・ラウンジ」がある。

こっちは、ちゃんと密閉された建物になっている。

f:id:tonogata:20170904010249p:plain:w600

受付で「プライオリティ・パス」と搭乗券を提示して、早速室内へ。

中に入るとビックリ。
クーラーでガン冷え、天国のように涼しい。

f:id:tonogata:20170904010600p:plain:w600

そして、空いている。

存在があまり知られてないのか、いつ行っても空いているんだな。
この日も、他には客が2、3組いる程度だった。

f:id:tonogata:20170904010655p:plain:w600

低めの椅子で、座り心地もバッチリ。


まず、席に着くとスタッフがメニューを持ってきてくれる。

フードメニューもあって、自分は過去にパスタやサンドイッチを頼んだことがある。

この日は腹がへってなかったので、フードは頼まず。
アイスコーヒーだけ頼んだ。

しかし考え直し、せっかくなので軽食をつまもうかと・・・

f:id:tonogata:20170904011258p:plain:w600

ケーキ類だけ、自分で持ってきた。

f:id:tonogata:20170904011407p:plain:w600

甘ったるいのを、チビチビといただく。

コーヒーも、もちろん甘ったるい。

しかし南国なので、それでいいのである。


搭乗時刻がきて、いざバンコクへ。

f:id:tonogata:20170904011440p:plain:w600

バンコク・エアウェイズのBKK-USM間は、たった1時間30分とかなのに、軽めの機内食がでる。

f:id:tonogata:20170904011615p:plain:w600

これがあるので、いつもラウンジであんま食えないんだよなぁ(笑

まぁ、機内食を断ってもいいんだが、配られると何となく食ってしまうのであった。


そんな感じ。


www.bousaid.com

ラウンジ カテゴリーの記事一覧 - やじり鳥

|TOPページ|記事一覧|プライバシーポリシー|