海外旅行で電車の乗換検索に使える「NAVITIME Transit」(無料)が更に便利に

無料で使える「NAVITIME Transit」

海外旅行での渡航先で、電車の乗換検索に使える「NAVITIME Transit」

ニューヨークで、パリで、バンコクで・・・
大抵の国で、電車の乗換検索や、路線図をみることができる。

電車の「乗換検索」だけなら、GoogleMapsなどでも、ある程度は可能。

しかし「NAVITIME Transit」は、見やすい路線図を表示できて、しかも路線図が乗換検索に連動するのが嬉しい。

また、「NAVITIME Transit」はオフライン利用もOK
ネットに繋がってなくても、使えるのである。


そんな「NAVITIME Transit」だが、以前は「国ごとに1アプリ」だったため、渡航国が増えるとスマホ内のアプリも増えて、ちょっと不便だった。

それが、今回のバージョンアップで「1アプリ化」し、1つのアプリで全ての国に対応できるようになったというワケ。
※Android版は、先行して4月に1アプリ化していた

また、乗換検索の対応国がググッと増えた。

アプリのダウンロードリンクはコチラ。

公式のニュースリリースはコチラ。
世界の路線図・乗換案内を一つのアプリで使える 『NAVITIME Transit』


まず、アプリをダウンロードして起動すると、国の選択画面になる。

データをダウンロードしたい国をタップして、利用スタート。
※国は後からいつでも変更可能

f:id:tonogata:20170912225152p:plain:w600

起動すると、

  • 画面上に「出発駅:目的駅」の検索バー
  • 画面下は「路線図」

乗換検索のための駅入力は、検索バーからも、路線図からも可能。

テキストボックスで駅名を入力する場合、1文字入力するごとに予測候補がリアルタイム表示される。
正確な駅名が分からなくてもOK。

また、路線図上で駅をタップするとことでも、「出発駅」「到着駅」を指定できる。

f:id:tonogata:20170912225833p:plain:w600

検索結果は複数表示される。

結果を選択すると、詳細情報。

ちゃんと時刻表連動の乗換検索である。
(たぶん、国によるけど)

f:id:tonogata:20170912230156p:plain:w600

もちろん、出発時刻到着時刻を指定しての検索も可能。

移動の予定を立てる時には便利だ。


なお、路線図が複数ある場合は、画面右下にある緑色のアイコンで、切替が可能。

f:id:tonogata:20170912230930p:plain:w600

関係ないが、タイ版をみてたら「チャオプラヤー・エキスプレス」(船)に対応してて、マジびっくり。

神アプリだな・・・。


対応エリアは29カ国(2017/09/12時点)

対応エリアが、20カ国から29カ国に拡充された。

新たに加わった国は、以下の9カ国。

  • インド(デリー、ムンバイ)、
  • オーストラリア(シドニー)
  • カナダ(バンクーバー)
  • カンボジア(プノンペン)
  • ベトナム(ハノイ、ホーチミン)
  • ベルギー(ブリュッセル)
  • ミャンマー(ヤンゴン)
  • メキシコ(メキシコシティ)
  • 日本(東京)


ミャンマーカンボジアの電車乗換に対応したというのも、スゴい。

しかし、何気に日本が追加されているのも面白い。
※ただし、日本のみ「オフライン検索」は不可。オンラインのみ。

日本の場合、「路線図」での駅名は英語表記になるものの、その他の画面では普通に日本語の駅名だった。

f:id:tonogata:20170912223123p:plain:w600


その他、今日時点で対応済みの都市リストは以下。


アジア

  • カンボジア:プノンペン
  • 中国:上海 / 広州 / 成都 / 大連 / 杭州 / 北京 / 瀋陽 / 青島 / 天津 / 武漢
  • 香港・マカオ
  • インド:ムンバイ / デリー
  • インドネシア:ジャカルタ
  • 韓国:ソウル / 釜山
  • 日本:東京
  • ミャンマー:ヤンゴン
  • マレーシア:クアラルンプール
  • フィリピン:マニラ
  • シンガポール
  • 台湾:台北 / 高雄
  • タイ:バンコク
  • ベトナム:ハノイ / ホーチミン

ヨーロッパ

  • ベルギー:ブリュッセル
  • フィンランド:ヘルシンキ
  • フランス:パリ / トゥールーズ / マルセイユ / リヨン / レンヌ
  • ドイツ:ベルリン / フランクフルト / ミュンヘン / ハンブルク / デュッセルドルフ
  • イタリア:ローマ / ミラノ / トリノ
  • ノルウェー:オスロ
  • スペイン:バルセロナ / マドリード
  • スウェーデン:ストックホルム
  • スイス:チューリッヒ
  • イギリス:ロンドン

アメリカ

  • カナダ:バンクーバー
  • メキシコ:メキシコシティ
  • アメリカ合衆国:ニューヨーク / シカゴ / ボストン / ワシントンDC / サンフランシスコ / ヒューストン / ロサンゼルス / サンディエゴ / シアトル / サンノゼ

オセアニア

  • オーストラリア:シドニー


都市単での拡充なので、国の全てのエリアに対応しているワケではない。

長距離移動の場合は注意。


そのほか

本アプリは、日本のアプリストアからDLすると、基本的に日本語バージョン。

しかし、18カ国語の多言語対応をしているとのこと。

アプリは、多言語に対応しているため、現地の方や旅行者の方にもお使いいただけます。
英語・日本語・中国語(繁体字)・中国語(簡体字)・タイ語・マレー語・韓国語・スペイン語・ドイツ語・フランス語・イタリア語・インドネシア語・タガログ語・スウェーデン語・フィンランド語・ノルウェー語・オランダ語・ベトナム語の18言語に対応。 

海外の人にも、便利に使ってもらえる感じすね。


まぁ、今後ますますインバウンドですなぁ。。。

本アプリは、2017年の「ジャパン・ツーリズム・アワード ビジネス部門 奨励賞」も受賞しているらしい。
『NAVITIME Transit』第3回ジャパン・ツーリズム・アワード ビジネス部門 奨励賞を受賞


ここまでの機能を、なんで無料でやっているかっていうと、謎なんだけど。
自分はこのアプリを2014年からずっと無料で使っている。

ナビタイムは、アプリの利用履歴を、個人情報は抜いて「統計情報」として利用し、交通コンサル事業とか分析データ売りにしているので、そっちで回収すんのかな?
交通コンサルティング|ナビタイムジャパン

ただまぁこのアプリの場合、日本は「東京」しか対応してないので、訪日外国人の分析は限定的だよな。。。
日本人のアウトバウンドは、なんていうか、それこそ市場的にアレな気がするし・・・。

なんだろうな。

分かんないけど。


とりあえず、アプリ的には超便利なので、オススメ。

そんな感じ。

旅行用アプリ カテゴリーの記事一覧 - やじり鳥

|TOPページ|記事一覧|プライバシーポリシー|