ジャストシステムATOKの「契約情報を確認できません」エラーを解決する

日本語入力に、「ATOK Passport」でATOKを使っている。
日本語入力サービス ATOK Passport | ジャストシステム

最近、Windowsで以下のようなエラーがでるようになった。

f:id:tonogata:20170805182105p:plain:w400

ジャストシステム契約管理エージェント
契約情報を確認できません。
ネットワーク接続を確認してください。

「ジャストシステム契約管理エージェント」というのは、ユーザーが有償会員かどうかを判定するためのプログラム。

このアプリは、昔から「プロキシを通りにくい」とか、散々悩まされてきた。

「またか」という感じである。

なんつーかATOKは、IME本体のAIだのクラウドだのより、この契約管理アプリを何とかして欲しいんですよね。。。
別アプリじゃなくて本体アプリから遅延認証するとか、手段は何でもいいけど。


このエラーに関する、公式サイトでの案内は以下。
有効化や契約管理でエラーが発生する場合の確認事項


Windowsのイベントビューアで、エラー番号を探す必要がある。

  1. コントロールパネル
  2. システムとセキュリティ
  3. 管理ツール
  4. イベント ログの表示
  5. Windows ログ
  6. Application
  7. 「ジャストシステム契約管理エージェント」のエラーを探す

f:id:tonogata:20170805182535p:plain:w800


エラーコードは、「0」だった。

通信エラーです。(契約チェックURLの取得失敗 0)

このエラーコードの場合は、契約管理エージェント「JSLMASVC.EXE」がセキュリティ・ソフトやファイアウォールで「通信遮断」されてしまっている模様。

インターネットセキュリティソフトにより、契約管理エージェント「JSLMASVC.EXE」の通信が遮断されていることが考えられます。
「II エラー番号が「12045」の場合」の確認事項を確認します。


契約管理エージェント「JSLMASVC.EXE」を起動してみたら、同様のエラーメッセージが表示されていた。

f:id:tonogata:20170805183225p:plain:w600

※これなら、わざわざイベントビューアみる必要なかった


自分が使っているセキュリティソフトは、「ノートン」
以降は、「ノートン」の場合の設定にて。


ノートン起動画面から「設定」を選択する。

f:id:tonogata:20170805183333p:plain:w600

「ファイアウォール」をクリック。

f:id:tonogata:20170805183438p:plain:w600

「プログラム制御」から、「JSLMASVC.EXE」を検索。

f:id:tonogata:20170805183519p:plain:w600

「遮断」になっていた。

「許可」に変更する。

f:id:tonogata:20170805183729p:plain:w600


これでOK。


やれやれだな・・・。


www.bousaid.com

|TOPページ|記事一覧|プライバシーポリシー|