「ふるさと納税」で還元率50%の「JTBトラベルギフト」に申し込む方法

f:id:tonogata:20170924132158p:plain:w600

「ふるさと納税」で旅行券「JTBトラベルギフト」

「ふるさと納税」は2017/4から総務省の指導で「還元率を30%以下に抑える」よう各自治体に指導が入っている。
対応は自治体によってまちまちだが、4月以降に還元率を変更(悪化)する自治体がでてきた。

「ふるさと納税」には旅行券のような類いがあるが、個人的に使っているのは「Yahooトラベルクーポン」
現時点で最も高い還元率は、「曽爾村」の65%(京都・大阪を含む関西地方の宿泊で利用可能)。
「ふるさと納税」の宿泊券(Yahooトラベルで使える宿泊クーポン)で、還元率を比較する(2017/8版) - やじり鳥

今回は色々あって、還元率50%の「JTBトラベルギフト」を使ってみることにした。
(JTBでの、国内宿泊・ツアーに利用可能。海外は不可)
JTBトラベルギフト公式サイト

「JTBトラベルギフト」の詳細については、以下を参照。

www.sukesuke-mile-kojiki.net


「JTBトラベルギフト」が「Yahooトラベルクーポン」と異なる点は、いくつかある。

- JTBトラベルギフト Yahooトラベルクーポン
還元率 ほぼ50%固定 自治体によって異なり、30%~65%
宿泊対象 全国 自治体によって異なる範囲
(「その自治体のみ」~「関西全域」など)
予約方法 Web(JTB) Web(たびゲーター(Yahooトラベル相当)
最低寄付額 10万円~ 数万円からOK

やはり違いとして大きいのは、「JTBトラベルギフト」は「10万円」が最低寄付金額ということ。
そこら辺は、以下を参照ください。
ふるさとチョイス| 控除金額シミュレーション


「JTBトラベルギフト」は宿泊対象が「全国」なのは、大きなメリット。
予約できるホテルはJTB取扱い範囲なので、足りないということはないかと。

ただ、いくつかサンプリングしてみた感じでは、Yahooトラベルに比べると「ちょっと高いかな」という印象。
「Yahooトラベルでは1万円の宿が、JTBだと1.1万円」くらいの差はあるっぽい。

また、個人的には「JTBトラベルギフト」を使ったことがないので、ちょっと仕様などは不安な面がある。
そこら辺は、また今後。


「JTBトラベルギフト」の選択肢

今回、このタイミングで寄付をしようかな?と思ったのは、「JTBトラベルギフト」でまた50%還元の自治体がでてきたから(奄美市)。

先述のように「総務省の3割方針」があるんだけど、まぁ、ね?

・・・言ってるだけだよ。

人間とは・・・

言ってることと やってることは ちがうんだなぁ~。

そこが人間の良さであり、悪しきところなんだがね。

「ジョジョ第5部」 ポルポの言葉

とはいえ、今後はますます「3割指導」の影響が強くなっていくことも考えられるので、ここら辺が潮時かな、と。
ちょっと早いけど、ふるさと納税をしておこう、と思いまして。


「JTBトラベルギフト」に対応する自治体は、以下から確認できる。
JTBトラベルギフト の検索結果 | ふるさと納税サイト ふるぽ

どの自治体も

  • 寄付金額は10万円~50万円
  • 還元率は50%
  • 受付期限は11/30まで
  • ただしギフトカードがなくなり次第終了

という感じ。

自治体 寄付額 付与ポイント JTBトラベルギフト額面 還元率 受付期間
鹿児島県奄美市 10万円 10万ポイント 5万円分 50% 2017年11月30日
栃木県矢板市 10万円 500ポイント 5万円分 50% 2017年11月30日
鹿児島県南種子町 10万円 10万ポイント 5万円分 50% 2017年11月30日
鹿児島県大崎町 10万円 250ポイント 5万円分 50% 2017年11月30日

※「付与ポイント」はあまり深く考える必要なし


個人的に半年以上「JTBトラベルギフト」をチェック(週一目視)しているが、なくなったり再投入されたりを繰り返している。
上記のURLでも、何も検索結果が表示されない期間の方が長い。

3割指導のこともあるので、「そろそろかな」と思った次第。


ちなみに、「どの自治体にするか」は「JTBトラベルギフト」である以上はあまり関係ないかと。

自分はせっかくなので、「NEW」アイコンがついている奄美市にしておいた。
(一応、万が一、ほぼ可能性はないと思うけど、仕様変更で宿泊対象が「全国」でなく「寄付自治体」に制限されてもいいように、一応「泊まりたい自治体」にしようかと)


寄付の手順

寄付の手順は、以下の通り。

  1. 「ふるぽ」(JTB)で自治体を探す(探しやすいので)
  2. 「ふるさとチョイス」(トラストバンク)から寄付の申し込み
  3. 「Yahoo公金払い」でクレジットカード入金(寄付)
  4. メールで「ふるぽ」のID/パスワードが付与される
  5. 「ふるぽ」の「マイページ」にログインすると、ポイントが付与されている
  6. ポイントから「JTBトラベルギフト」を選択して申し込み

なお、「ふるぽ」のアカウント(ID/パスワード)は寄付後にメールで送られてくる。
事前に用意する必要はない。
すでにアカウントを持っていたとしても、自治体ごとのアカウントになる模様。

事前に用意しておいた方がいいのは、Yahooアカウントと、「Yahoo公金払い」のために「Yahooウォレット」にクレジットカードを登録しておくことくらい。
Yahoo!ウォレット

「Yahoo公金払い」についてはクレカのポイントがつく。
自分の場合はSPGアメックスを使用。


以下、流れと注意点だけ。


「ふるぽ」で謝礼品を選ぶ

まず「ふるぽ」(JTB)で、寄付したい商品を選ぶ。
受付期限があるので注意。

f:id:tonogata:20170924141652p:plain:w800

また、必ず「○円分」というJTBギフト券の額面をチェックする。

欲しいのがあれば、画面下の「お申し込みフォーム」から、申し込み。
ここから先は、「ふるさとチョイス」のページになる。

f:id:tonogata:20170924141840p:plain:w600


「ふるさとチョイス」で寄付の申し込み

「ふるさとチョイス」の申し込みページでは、氏名や住所、寄付金額などを記入する。

「謝礼品について」の項目で、必ず「希望する」にすること。

「希望しない」を選択すると、謝礼品はもらえず寄付だけすることになる。

f:id:tonogata:20170924141751p:plain:w800

入金後にスグ交換したい場合は、「カタログ送付」を不要にする。

謝礼品が載っているカタログだが、WEBで選択できるので必要ない。

f:id:tonogata:20170924142122p:plain:w400

「寄付金額」は、JTBトラベルギフトの必要金額と同じにする。

また、「支払い方法」をクレジットカードにすると、この後スグに入金&交換が可能。

f:id:tonogata:20170924142310p:plain:w800

「寄付者の公表」も注意。

どこで公表されるのか知らないが、標準では「公表OK」にチェックが入っている。

f:id:tonogata:20170924142500p:plain:w800

「ワンストップ特例」は、確定申告をしない人はとりあえず「申請書の要望」をしてもいいかもしれない。

株の取引等で確定申告をしている場合は不要。

f:id:tonogata:20170924142620p:plain:w800

すべて記入して送信すると、そのまま「Yahoo公金払い」での支払いが可能になる。

f:id:tonogata:20170924142804p:plain:w600


「Yahoo公金払い」で寄付の入金

「Yahoo公金払い」ではクレカ使用が可能なほか、「Tポイント」を使った支払いも可能。

ある意味、「税金の先払いをTポイントでする」という・・・。

f:id:tonogata:20170924142548p:plain:w800

クレカでの支払いを終えたら、メールをチェックする。


メールの確認(「ふるぽ」アカウント確認)

今までの手続きのそれぞれについて、メールがきている。

f:id:tonogata:20170924143033p:plain:w800

確認が必要なのは、「【JTBふるさと納税】ポイント発行のお知らせ」という件名のメール。

ここに「ふるぽ」のログインIDが記載されている。
また、「パスワード」は別メールできているので、そちらもチェック。

この度は、鹿児島県奄美市にご寄附いただき誠にありがとうございます。
謝礼品交換の申込に必要なポイント、ログインIDは以下の通りです。

寄附日   :2017-09-xx
ポイント  :100000
ログインID:xxxxxxxxx

なお、パスワードにつきましては別メールにてご案内いたしますので、そちらをご確認ください。

これで、「ふるぽ」のアカウントをゲット。


「ふるぽ」でのポイント交換

「ふるぽ」のマイページに、先ほど入手したIDとパスワードでログインする。
JTBのふるさと納税ポータルサイト「ふるぽ」

f:id:tonogata:20170924143412p:plain:w800

ログインすると、ポイントが付与されている。

ポイントの有効期限は2年。
(JTBトラベルギフトに交換後は、トラベルギフトの有効期限は10年)

この「ふるぽ」のポイントで、謝礼品を交換することになる。

f:id:tonogata:20170924143737p:plain:w800

早速、「ポイントを使う」から謝礼品に交換する。

JTBトラベルギフトは、一応「なくなり次第終了」なので注意。

f:id:tonogata:20170924144056p:plain:w800

ジャンルから、「宿泊/クーポン」を選択。

クーポン類は複数あるので、選択に注意。
「申し込み番号」をメモしておくなど、交換間違いに気をつけたい。

f:id:tonogata:20170924144139p:plain:w800

選択したら、「交換の申し込み」をして完了。

あとは郵送でJTBトラベルギフトが届くのを待つのみ。

f:id:tonogata:20170924144301p:plain:w800


そんな感じ。

www.bousaid.com

ふるさと納税 カテゴリーの記事一覧 - やじり鳥

|TOPページ|記事一覧|プライバシーポリシー|