JALがアマデウス「Altea」にシステム移行、2017年11月16日にサービス刷新。

JALがアマデウスに移行

f:id:tonogata:20171112151140p:plain:w600

JALの予約システムが、11/16(木)にアマデウス「Altea」に移行する。

公式サイトのお知らせ「変更点一覧」はコチラ。
https://www.jal.co.jp/info/pss/dom/
※「取扱い変更点」のタブを参照

「Altea」って、ANAも使ってるやつ。
ワンワールドでも多くの会社が使っており、JALもそこに加わるコトになる。
(同じAlteaを使っている会社との連携がとりやすくなる/特典航空券も含む空席照会とか)

JALは、今までバラバラだった国内線と国際線のシステムを、「Altea」に統合する。
アマデウスへのアウトソーシングで、システム維持費の削減。

ただし旅行会社が使うJAL国際線の販売については、AXESS推奨のまま。

JALのシステム全体 アマデウス「Altea」
日本地区のJAL国際線販売 AXESS(トラベルポート系)
※旅行会社がAXESS端末経由で使用


JALのシステム移行は、「SAKURAプロジェクト」と呼ばれているらしい。

ニュース - JALが旅客系システム刷新日を11月16日に決定、「リスク勘案しピーク期避けた」:ITpro

今回のシステム刷新プロジェクトはJALグループ内で「SAKURAプロジェクト」と呼ばれているもの。
現行のシステムでは予約・発券処理を担う「JALCOM(ジャルコム)」、国際線のチェックイン処理を担う「JALPAS-I(ジャルパス・アイ)」、国内線のチェックイン処理を担う「JALPAS-D(ジャルパス・ディ)」など複数のシステムで旅客業務を処理している。
同社はシステム刷新の具体的な対象範囲について明らかにしていないが、これらのシステムの大半がAlteaへの移行対象になるとみられる。

システム移行には、大勢のプログラマ/SEが関わっていると思いますが、無事に移行完了できるといいすね。
ご武運をお祈りいたします。


さて。

システム変更に伴って色々と変更点がでてきている。
一応チェックしてみようかな、と。

以下、気になった変化点など。

スマホサイトでの特典航空券予約

特典航空券の予約が、スマホのWEBサイトでもできるようになった。
今までは、PCでしかできなかった。

「いまごろ?」という気が、しないでもない。

WEB予約可能な提携他社の特典航空券

WEB予約可能な提携他社の特典航空券が、増える。

現在 2017/11/16以降
アメリカン航空 アメリカン航空
ブリティッシュ・エアウェイズ ブリティッシュ・エアウェイズ
キャセイパシフィック航空/キャセイドラゴン航空 キャセイパシフィック航空/キャセイドラゴン航空
カンタス航空 カンタス航空
エールフランス航空 エールフランス航空
- フィンエアー
- イベリア航空
- カタール航空
- S7航空
- スリランカ航空
- バンコクエアウェイズ

便利になりそうです。

特典航空券(国際線) 幼児特典の新設

席を必要としない幼児は、国際線の特典航空券を利用できず、幼児運賃が必要だった。
それが、通常の10%のマイルで特典航空券を使えるようになった。

座席を必要としない2歳未満のお子さま(幼児)は、大人の必要マイルの10%のマイル数でJAL国際線特典航空券をご利用いただけます。
※同伴する12歳以上のお客さまが同じ種別の特典航空券をご利用する場合に限ります。

ファーストクラス・クラス Jの購入/アップグレード

11/16からは、予約・購入時にクラスJ/ファーストクラスを全額まとめて支払う必要がある。

2017年11月16日(木)より、ファーストクラス料金・クラス J料金を含んだ運賃となりますので、航空券ご購入時に全額まとめてお支払いください。

以下のようなことが出来なくなる。

  1. サラリーマンが快適性やマイルを求めて「クラスJ」などで予約
  2. 会社に認められる「通常席」のチケット代をいったん支払い(領収書)
  3. 差額(クラスJ/ファーストクラス)を、別途自分で支払う

購入後の搭乗クラス変更も、安いチケットだと不可に。

2017年11月16日(木)より、以下運賃はご購入後に搭乗クラスの変更はできません。
特便割引、先得割引、スーパー先得、ウルトラ先得、おともdeマイル割引、乗継割引

当日カウンターで空席があった場合の「当日アップグレード」は、引き続き可能。
アップグレード「空席待ち」も可能。

eJALポイントの払い戻し

eJALポイントで支払った分の払い戻しが、可能になる。
今までは、払い戻し不可だった。

2017年11月16日(木)以降にe JALポイントでご購入された航空券は、e JALポイント充当分も払い戻しが可能になります。

国内線・国際線・ツアーなど、全て払い戻し可。

ANAは結構前にSKYコインの払い戻し対応していたが、JALもようやく対応。


国内線キャンセル待ち

国内線のキャンセル待ちが「24時間前」まで可能になった。
現在は、2日前まで。

ただ、キャンセル待ちできる料金から↓のような安いチケットが、10/29の仕様変更で消えている。

  • 株主割引
  • 特便1・3・7 タイプA
  • 先得タイプA

キャンセル待ちできるのは、以下の料金。

大人普通運賃、小児普通運賃、往復割引、身体障がい者割引、JALビジネスきっぷ、eビジネス6、介護帰省割引、特別乗継割引、離島割引、特別往復割引

よく分からんがキャンセル待ちでチケットとれても、高くなるんだろうな、きっと。

なお国際線(有償)については、もともとホームページからキャンセル待ちができない。
電話で申し込む必要あり。


WEBチェックイン

座席変更がWEBチェックイン後でも可能になった。
https://www.jal.co.jp/info/pss/inter/webcheckin/index.html

  • WEBチェックイン後の座席変更が可能に
  • フィーチャーフォン(ガラケー)が非対応に
  • Wallet(iPhone/iPadでパス登録・表示)対応
  • 国際線→国内線のみ、国内区間のWEBチェックイン対応

ガラケーはどんどん非対応機能が増えていきますね。。。

特典航空券での前倒し搭乗

特典航空券(国内線)で、予約した便より早い便に乗りたくなった場合、空席があれば便を変更して搭乗できていた。
それが、できなくなる。

ご予約便のご搭乗日当日に限り、ご予約便より早い出発時刻の便で、同一区間・同一クラスに空席がある場合、ご搭乗いただけます

ご予約便より早い出発時刻の便で、同一区間・同一クラスに空席がある場合においても、ご予約便以外への変更はできません。

まとめ

個人的には、2年に渡るJGC修行のすえマイルが貯まっている。
来年は、JALマイルの消費に取りかかる予定。

特典航空券がスマホでとれるようになったり、提携他社のWEB扱いが増えたので、ちょっと使いやすくなった。


JALの次のお楽しみとしては、12月に「FLY ONアップグレードパッケージ」が決まるかな?

去年は、eJALクーポンが廃止されたり、ちょっと残念な感じだったが。

www.bousaid.com

今年はどうだろうな。


そんな感じ。

www.bousaid.com

www.bousaid.com

|TOPページ|記事一覧|プライバシーポリシー|