秋田の老舗「佐藤養助」で稲庭うどんの「温」と「冷」、「味くらべ天麩羅付」

秋田には、「佐藤養助」という稲庭うどんの老舗があるという。

麺は、職人による手作り。
150年の歴史をもつ伝統的な製法で、手練りと熟成を何度も繰り返すこと3日
機械練りではできない気泡が麺に多く含まれ、独特のコシの強さを生むという。
佐藤養助商店のこだわり | 稲庭うどん 佐藤養助商店

秋田市内には何店舗もあり市民に親しまれているようだが、自分が訪問したのは秋田駅前。
西武百貨店の地下にある、「佐藤養助 秋田店」
佐藤養助 秋田店(食べログ)

f:id:tonogata:20171004235650p:plain:w600

店の前で、商品のディスプレイを見ながら一考。

目にとまったのは、「二味せいろ」
麺が2枚、「しょうゆ味」と「ごまみそ味」の二色のつゆで味わう。

f:id:tonogata:20171005001329p:plain:w600

これでいくか?

しかし入店し、改めてメニューを眺めるうちに、考えが変わった。

f:id:tonogata:20171005001853p:plain:w600

「温」と「冷」、味比べ。
そして、天麩羅。

「味くらべ天麩羅付」(1860円)。

暖かいのと、冷たいの、どっちが美味いか?
「つゆ」の味で比べるより、そっちの方が興味あるな。

いってみよう。

落ち着いた和の雰囲気の店内、丁寧な接客。
「いい感じだなぁ」と思って待っていると、やってまいりました。

f:id:tonogata:20171005002107p:plain:w600

なかなかのボリューム感。

まずは、冷たいのから・・・

f:id:tonogata:20171005002533p:plain:w600

つゆは、しょうゆ味。
鰹節、昆布等でとるダシに、薄口醤油、みりんで味を整えたモノ。

蕎麦のような細麺をつゆにつけて、ちゅるっといただく。

まず、なめらかな舌触りに驚く。
「ちゅるちゅる」である。

噛めば、コシの強さ。
歯応えや、よし。

そして飲み込んでみると、滑らかな喉ごし。
噛みきったプチプチの麺が、スルスルと喉を通る。

これは美味い。
その麺の、存在感たるや。



お次は、温麺。

f:id:tonogata:20171005003519p:plain:w600

食べてみると、麺が柔らかくなって「にゅうめん」のような印象。

お吸い物をすすっているような、上品な感覚。
出汁といっしょに飲みながら、味わう。

揚げたてサクサクの天麩羅を、はさみながら。

f:id:tonogata:20171005004130p:plain:w600

いいすね。

ただ、やはり冷麺の、コシの強さと喉ごしの良さ。
あっちの方が、個人的には好みかな?


完食。


「稲庭うどん」。

コシの強い細麺、美味いな、と。


そう思いました。

www.bousaid.com

|TOPページ|記事一覧|プライバシーポリシー|